ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裂き織りの課題、2013年の締めくくりの作品です。
満足!の出来上がり、我ながら自慢の一品になりました(自画自賛・笑)。


両面織りマット、ブロック柄


このデザインは、シンプルですけれども、色のバランスとか、かなりこだわったので。
この出来上がりには、大変満足しています。
うふふ。
裂き織りの課題の締めくくりが、このような作品になって、本当によかったです。
いつもいつも、こういう気持ちになれるわけではないので、しみじみ幸せをかみしめています。
毎回こうあるように、精進せねば、と思います。


さて、このマットは、両面織りという技法で織っていまして。
ウラとオモテ、二重にヨコ糸がわたるので、表と裏で、パターンの色が反転します。
でも、二重織りでも、昼夜織りでもないのです。
織り方の仕組み(組織)が違うのです。
ですから、同じタテ糸から、こんなデザインも出来てしまうのです。


両面織りマット、3色づかい


デザインを考えるのは、本当に楽しかったです。
どんな色を使おう、と考えるのは、いつものことですけれども。
色のバランス。
組み合わせ。
何色づかいにするか。
両面織りならではの制約を考えながら、どこまでいろんなことが出来るか考えるのは、わくわくしました。
いいものですね。


この2枚は、新年から玄関マットになります。
1枚は、私の家の玄関に。
もう1枚は、実家の玄関を飾る予定です。
お客様、遠慮なく踏んでくださいませね。
踏み心地は、抜群。保証つきですよ。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト
今織っているものは」と同じ技法で作ったものが、こちらです。


カラフルランチョンマット・表  カラフルランチョンマット・裏


これは、1枚のランチョンマットの表と裏です。
2枚仕立てにしてあるので、ペラッとならずに、とてもしっかりしています。
そう、同じタテ糸で織った布なのです。
なのに、まったく違う感じになっています。
こういうのが、実に楽しいのです。
織るのも、そして使うのも。


緻密な計画を立てて織るのか?
いえいえ、割と行き当たりばったりです(笑)。
それがまた、意外と面白いし、頭で考えていたよりも、ずっといいものになるような気がするのです。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
夏以来、作りためてきた作品の紹介ばかりでは、つまらない。
ただいま制作中!の布でございます。


今織っているもの


生成りと、薄いグレーをベースに、コットンの布を織っています。
リバーシブルのプレイスマットになる予定です。
ちょっとおさえめの、品のいい色づかいをねらいました。
最後まで仕上げてみないとわからないですが、まあ、いいセンを行っているのではないかと思います。
(自画自賛! 笑)


この技法で、以前にもランチョンマット、そしてティーコゼー・クッションカバー、マフラーを織りました。
とてもシンプルな技法なんですけど、いくらでも工夫のし甲斐があって、飽きることがありません。
色を、いろいろ組み合わせるのも自由自在。
とても楽しいです。


一昨年前までは、マフラーやショールなどの巻き物を織るのが、一番好きでしたが…。
最近は、テーブル周りの小物など、織ってからひと手間加えるものが、好きです。
プレイスマットやコースターって、小さい布なのに、テーブル周りの空気を変えてくれるのですよね。
さっきまで「作業台」だったテーブルが、変身!
生活に表情を与えてくれる、という感じ。
いいもんだなあ、と思います。


その、大きくない布なのに、表情を変えてくれる…という点では、マフラーも同じなんですが。
マフラーよりも冒険が出来るし、自分に似合う・似合わないという制約も、少ない。
だからいま、こうした者の織りプランを練って、織って、仕立てるのが楽しいのだと思います。
とはいえ、寒くなってきたので、ウールも織りたいなあ~とも思うのですけど、ね。


こちらはまだまだかかりそうです。
のんびり織るとしましょう。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
あっという間に秋が終わって(そもそも秋はあったのでしょうか、今年の名古屋に)、冬です。
うきうきと、冬支度。
手織りのあったか毛布(ブランケットではなくて、毛布)の出番です。


手織りのあったか毛布


今年の3月31日の記事で、機から下ろしました!と紹介した“毛布”です。
実は、ほんの2週間ほど前に、やっとヘムの始末と縮絨を終えたばかり。
(つまり、ずーっと放置されていたわけです…)
はい、ようやくの“できたて”です。


出来上がり寸法は、幅140㎝×丈230㎝。
超・大判のブランケットならぬ、“毛布”!(笑)。


なにしろ、大きい。
もちろん、重たい。
だって、ウールの紡毛糸をたっぷりぜいたくに使っている、ほんとの純毛毛布ですもの。
なんと重さは1200g超…。
縮絨はバスタブで、手でもみこんでいる場合ではないので、足でじゃぶじゃぶ踏み洗いしました。
楽しかった…♪


手織りをする方はたくさんいらしても、毛布を織る方って、なかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。
織る方の手間はともかく、縮絨はホントにたいへんですもの。
それに、どう考えても、ニトリなどで売られているアクリル毛布を買った方が安いし、手間いらず。
でも!
このウール100%の手織り毛布のあったかさたるや、もう、一度味わったら病みつき、なのです…!


これは、一昨年に織った“毛布”です。→  大判ブランケット完成


これも十二分にあったかなのですけど、もっとあたたかいのが欲しくて。
リビングでお昼寝をする時、これ一枚あれば安心!みたいな、どっしりしたのが欲しくて。
タテ糸密度をもうワンランクあげて、ぎゅぎゅっと目の詰まった毛布にしました。
ちょっと重たいけど、幸せな重さ。
安心感に包まれる感じ。
冬本番が楽しみ、です。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
というわけで、オープンリップスの作品です。


オープンリップスのプレイスマット


画像では、ごくごく普通のリップス織りに見えると思います。
でもこれは、ふつうのリップスよりもタテ糸密度をやや粗くした、オープンリップスなのです。
いわゆるリップス織りは、タテ糸効果の織りです。
ヨコ糸の色は、全体の効果には影響を与えません。


オープンリップスの場合は、ヨコ糸の色の効果も期待されます。
タテ糸密度を粗くするのは、そのためです。
画像右上に、筒状の黒っぽい織り布が写っています。
ヨコ糸に使った裂き布によって、ぱっと見た印象がかなり変わるのがお分かり頂けるでしょうか…?


ほんとは、こんな黒っぽい、え、汚れてるの?みたいな織り地になる予定じゃなかったんですけど(涙)。
あまりにも切ないので、広げることはできません、はい。
裂き布って、むつかしいですねえ。
無地の布ならば、おおむね期待を裏切らないのでしょうが…。
ややくすんだ色合いの格子柄(←チェックなどとは言えない、あくまでも古めかしい格子柄)でしたので。
明るめの色の部分も、濃いくすんだ色に飲みこまれて、きれいな色にはなりませんでした。
くーーーーーー!


オープンリップスという言葉は、先生に教えていただいたのですが、New Rep とも言うそうです。
そして、正統派のリップス織りのことは、Swedish Ripsというのですって。
この両者の違いについて、非常に丁寧に解説されているのが、こちらの本です。


Rep Weave and Beyond (Weavers Studio)Rep Weave and Beyond (Weavers Studio)
(2004/10)
Joanne Tallarovic

商品詳細を見る



この本の著者は、アメリカで最初のSwedish weaving schoolの共同創設者だそうです。
正統派リップスを極めたのち、裂き織りの緯糸効果とのミックスを目指して、New Repを始められたのかしら。
リップス織りの入門書としてもおもしろいし。
8枚綜絖を使ったリップス織りも載っているので、組織の応用の本としても、おもしろいです。
また、作品集としても、これならおれそう、って思えるものが多いのがうれしい。
だって、北欧の織の本だと、巨大なリップスマットが多いじゃないですか。
それがこの本だと、プレイスマットなど小さなものが多くて、気軽に取り組めそうなところもうれしい


使いたくなるもの、身の回りにあると嬉しい手織りのものって、何?
そういう問いに、こんなんどう?って、アイデアをくれる感じです。
いいですねー。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。