ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルックスブーケの応用作品、2つ目を機から下ろしました。
こういう図案が、平織りをはさんで連続します。


ぱりっぱりのブルックスブーケ


なかなかに、かわいいですよね♪
素材は、桜染めの麻です。
60羽/10㎝の筬を使って織ったこの作品は、春夏用のマフラーにするつもりでした。
…が、しかし。
機から下ろしてみたら、ぱりっぱりなんですよ(苦笑)。
麻糸のハリを、甘く見ていました…。


そしてまた、自分で言うのもなんですが、この柄がきれいに出ているんです。
くしゃっと巻いてマフラーにしちゃうの?
…もったいない。
と自分でも思っていたら、先生も同じご意見で。
そうですよね、やっぱりそうですよねー。


マフラー転じて、長くて細い、タペストリー or スクリーン or のれん?
…に、仕立てることになりました。
この画像だとわかりにくいですけど、経糸が、絣の入った糸なんです。
だから、平織りの部分に、とびとびにきれいなタテ絣が入りまして。
なかなか、きれいなんですよ♪


予定とは違う結末になってしまいましたが、それはそれで楽しみ。
春夏用のマフラーは、もっと細いコットンか、または、コトリンで織ることにしましょう。
来週末のお稽古までに、仕上げたいですね。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト
夏休み、といっても、お仕事の夏休みではありません。
お教室の、夏休みです。
7月末から9月の頭まで、お教室は夏休みなのです。
のほほんと過ごすのももったいないので、何か自分に課題を与えたいところで、あります。
そこで今考えているのが、こちら。


ワッフル織り 
5枚ワッフルのマフラー


上が、4枚綜絖のワッフル織り。
下が、5枚綜絖のワッフル織り。
いずれも、素材はウールで、マフラーになりました。
でもこれ、納得のいく出来じゃなかったんです。


いちばんの問題は、私がワッフル織りの特性を理解していなかったこと。
上の段染めのマフラーは、4番手くらいのモヘアウール。
見た目にはかわいいけれど、実際は、ワッフルっぽいふわっと感に欠けて、残念な出来でした。
この糸は、初めて染めた糸で、すごい思い入れがあったので、残念でなりませんでした。


2枚目のピンクのマフラーは、ふわっとした感じはなかなかよかったんです、が…。
すごくやわらかい、アンゴラウールだったんです。
糸も、やや細めのラメ入り。
筬は、たしか60羽/㎝だったように記憶しています。
…で。
やわらかい糸を、ふつうに織ってたら、打ち込みすぎた感じになって、ワッフルがへしゃげてしまったんです。
あと、経糸が切れやすかった(涙)。
どうにかこうにか出来上がったけど、なんだかなあ、という感じに終わってしまいました。


なので、三度目の正直で、今度は8枚綜絖のワッフル織りなんてどうかなあ、と。
細いコットンの糸で。
筬目は80羽か、90羽の片羽で。
とか、思っています。
問題は、何を作るかですよ。


やっぱり巻きものが好きなので、マフラーもいいなあと思います。
でも、ワッフルの特性を生かすことを考えるなら、キッチンクロス? キッチンタオル?
も、もったいなくて使えないかも…。
でも使ってこそ、ですからねえ。
楽しく、思案中です。










ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
仕事が、ヤマ場を越えました!
ほっと安堵。
でもつかの間ですか(笑)。
明日、明日もうひとがんばりすれば、あさってから週末まで、ひと息つけます。
うれしい~。


次の課題作品への準備。
1cmでも、1段でも多く織りたい、作品。
行きたい企画展、2つ。
読みたい、本。
あれこれありすぎです。
優先順位を付けて、時間を大事に使わないと、こぼれてしまいそう。


時は金なり、と言いますが、時間はお金では買えませんよ!
どんなにお金があっても、自由になる時間がなかったら、意味ないな~と、つくづく思います。
いや、お金は必要ですけどね(笑)。
どっちもどっち、といいますか…。


自由な時間を獲得するためには、一定の収入が必要で。
一定の収入を確保するためには、そのために時間を費やすことが必要で。
好きなことを続けるためには、我慢も必要で。
我慢した分だけ、どんどん好きになって。
そして新鮮な喜びとか、楽しさとか、どんなに好きだったかとか、再発見するんですねー。


明日は織るぞ!







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
こういうブログをしていますので、織り関係・紡ぎ関係で、各種お問い合わせを頂戴します。
でも、ほとんどの場合、お役に立てないので、申し訳ないです。
リアルにお知り合いだったりすると、また違うんですが。
ネットって、手軽だけど、むつかしい。
そんな風に思います。


たとえば、先日、織り教室を紹介してほしいと、メッセージをいただきました。
お返事を書こうとして、困ってしまいました。
だって、お教室の紹介なんて、できないんですもの。
いま、通っているお教室があるでしょう、って思われるかもしれません。
でも、その方のイメージしていらっしゃる、その方の条件に合うかどうかなんて、わかりませんもの。


お教室探しって、案外難しいんです。


私が、初めて織り教室を探した時、一番の難関は、
「土日・祝日しか、通えない」
という自分の条件でした。
織り教室って、平日の昼間、カルチャーセンターの講座とかが多いんですよね。
やっと見つけたお教室は、いろんな意味で、その時の自分の条件にぴったりで、実に運がよかったです。


その後、よくよく探してみれば、いろんな方がいろんなところでお教室を主宰していらっしゃいました。
探した結果、どこにたどり着くか、それが縁なのだと思います。
結局、問い合わせを下さった方には、お役に立てなくてごめんなさい、と、お返事しました。
どこか、いいお教室に縁がつながるといいなあ、と願うばかりです。









ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ちまこーは、ただいま、開店休業中です…。
だって、リアルに仕事が忙しくて!
それと、梅雨入りと季節の変わり目のため、ちょいと体調を崩し気味だったのです。
実は意外とデリケートに出来ているので、気圧と気温の変化に敏感なのでした。
梅雨入りとか、台風とか、けっこうきついです。


あ、「ちまこー」は、「ちまちま工房」の略です。ふふ。
お友達から、何かのはずみで「ちまこー」と呼んでもらって以来、お気に入り。
リアルに知っているお友達が、この記事を読んでくれているというのも、なんだか気恥かしいのですが。
うれしい気持ちがあるのも、ほんと。
だから、がんばって更新したい…と思うけど、更新できるパワーがないので、しかたない。


お教室の作品は、着々と進行しています。
夏用のスカーフのつもりで織りはじめたのですが、まよっています。
パターンが、思いのほか、きれいに織り出せたので、くしゃっと巻くのがもったいなくて。
とりあえず、スカーフに出来るように仕上げるつもりですが、スクリーンのように使ってもいいかも。
画像?
まだお教室で織り途中なので、乞う、ご期待!…ということで(笑)。


のれんは、一枚目を織り上げたところで、ストップしてます。
織り機の前に座る、心と体力の余裕が…(涙)。
東海地方は、明日、台風が最接近?らしいです。
そして、仕事も山場を迎えております。
あれもこれもやりたいけど、状況をしっかり見極めて、優先順位を付けなくちゃ、ね。
千里の道も一歩から、ですよ。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
時々、思い出したように、Amazonでお買い物をします。
すると、忘れた頃に、おススメの商品のお知らせメールなんぞが届きます。
当然、過去に購入したモノの履歴から、こちらの好みを把握して、送ってきているわけでして。
うわ~、こんなの大好きなんだよね! …と、釘づけになることも、しばしばです。
今回やられそうなのは、これ↓。


75 Birds, Butterflies & Little Beasts to Knit and Crochet75 Birds, Butterflies & Little Beasts to Knit and Crochet
(2011/03/15)
Lesley Stanfield

商品詳細を見る



表紙右下の、こまどりちゃん?に、ノックアウトされました。
かわいい~。
かわいすぎる!
でも、まだ買ってません。
欲しいですけど、この本のレビュー読んだら、いも虫とかナメクジの編み方もあるらしく…。
そして、小さいものだから、ちょっと太めの糸でもいいよね、と、たわしを編むアクリル毛糸で編むと、
10㎝四方くらいのモンシロチョウが出来るらしく…。
虫嫌いの私は、そこで、超ビビって、買う決心がつきません。うーん。


この作家さんの違うシリーズは、実は持っています。
こちらは、花や野菜のモチーフばかりなので、ほんとにうつくしくてかわいいのですよ。


100 Flowers to Knit & Crochet: A Collection of Beautiful Blooms for Embellishing Garments, Accessories, and More100 Flowers to Knit & Crochet: A Collection of Beautiful Blooms for Embellishing Garments, Accessories, and More
(2009/03/17)
Lesley Stanfield

商品詳細を見る



半端に余った糸で、こういうのをたくさん編むと楽しいでしょうね。
…と思って、ちょっとの糸も、けっこう大事にとってあります。
特に、草木染めの糸。
やさしい色だから、野菜やお花にしてあげたいなあって。
でも、その糸で、いも虫くんやナメクジくんを編むのか自分、と考えると、うーん…(苦悩)。
小鳥やキノコには、興味津々なんですけど。
まだしばらく、悩む日々が続きそうです。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
私のアトリエの一角で、小さいのにハバをきかせているのが、この子です。


カラフルバッグ from ウズベキスタン


一昨年末のウズベキスタン旅行の、いちばん最後のお買い物でした。
首都・タジキスタンのツム百貨店の2階、民芸品コーナーっぽいところで、出会いました。
2度目のウズベキスタン旅行では、糸や刺繍との出会いは満載でしたが、織りはまったく…、でした。
そのせいもあったのでしょうね。
手織りっぽい雰囲気と、それまでの行程では出会えなかった、いかにも!感が気に入りまして(笑)。
これ、日本のアジア雑貨店にも売ってそうですよね?
…お香の匂いが、焚きしめられた…(苦笑)。


残念ながら、お香の匂いなんて、かけらもしておりません、はい。
その代わりに、ホコリくささが、ハンパなかったです…。
帰国してお洗濯(←色移りが怖いので、もちろんバケツで個別洗い)したら、まあすごいすごいすごい!
色も出ましたが、雑巾を洗った後の水、みたいな、すごい色になりました。
これ買ってよかったのか? 使うのか? …って、自問自答しました。


私がナナメに掛けると、ショルダーバッグとして、まさにジャストサイズなんです。
そこがツボで、買ってしまったんですよね。
しかし!
このビビッドな色づかいは、日本の、しかも意外と保守的な名古屋では、なかなかキビシイものがあるんです。
ファッションに関しては、京都の方がはるかに自由な感じがします…。


なので、お蔵入りしてたのですが…。
先日の模様替え以来、インテリアとして活躍の場を得ております。
これがね、馴染むんですよ。
私の家のインテリア(収納とか織り機とか)は、ナチュラルテイストなので。
アクの強い、いかにもな感じのファブリックや小物は、居心地がいいようです。
ふふん♪





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
のれんの1枚目が、よーやく153㎝に到達しました。
こんな中途半端な数字がどうしたの?って思われるかもしれませんが、ここが、区切り目。
ここから15㎝、平織りをして、1枚目が終了になるのです。
一応、めどとしては、1枚当たりの丈を170㎝と考えていましたので。
まあ、ぼちぼちの大きさです。


大きさはいいけど、織り進むペースののろさときたら、カメさんもびっくり…。
織っては休み、織っては休み、かと思うと、突然織り進める…という、不規則ペースなので。
大きいもの(しかも、糸が細い!)って、根気がいるんだなあ、としみじみ感じております。
しかも、柄がわりと単調なので、慣れるまではちょっと大変でしたけど、だんだん飽きてくるんです。
しかしこんなことをこぼしているようでは、服地は織れません!
がんばらねば。


パターンが単調なのは、踏み順をおぼえやすい、そして間違いを発見しやすいということでもありまして。
ん? おかしい!と気付いて、よく引き返しました(苦笑)。
間違えなきゃ、引き返すこともないんですけど、やっぱりどうしても、ね。
パターンを織りだす以上、間違えると、全体の柄がくずれてしまいますし。
目を光らせて、柄をじっくり見つめながら、織り続けるしか、ありません。


まあ、1枚目の終わりが見えてきたことで、ぐんと気持ちが楽になりました!
2枚目に早く入りたいものです。
…でも予言してもいい。
2枚目が織り上がるのは、どんなにがんばっても7月です(笑)。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
春から夏にかけては、アジアの布で作った服の出番が増えます。
中でもお気に入りのいくつかには、タイのろうけつ染めがほどこされています。


タイのろうけつ染め


地の布は、草木染だけど、ろうけつ染の部分は化学染めかもしれない、と。
とっても正直な、タイのMさんは教えてくれました。
…うん、全部草木染めって言われた方が、そりゃ気分はいいけど。
このきれいな図柄に惚れてしまったので、化学染めでもなんでもいいです。
それに、ろうけつ染めだけじゃなくて、図柄のラインにステッチが入ってて、これがまたいいんです。


でも、この細工をして下さる工房、閉められちゃうんですって。
昔ながらの手仕事って、手間に対して、対価が見合わないんでしょうね。
新興国なら、なおさら。
発展、発展、発展、そして成長を求められて。
スピード、効率、価格競争のためには、置き去りにされるものがなんと多いことでしょう。


先進国でも、伝統産業の保護策は、追いついていません。
時間を掛けて作るものには、それならではの良さと価値があると、思います。
でも、価値と価格って、必ずしも等価じゃないんですよね。
現実って、厳しい。


せめて、一消費者として、伝統工芸を守る一助になれたらいいなあ、と思います。
…って、自分が好きなだけですけどー(笑)。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
翔工房さんのNewsに、スウェディッシュレースのすてきな暖簾が掲載されていました。
生徒さんの作品だそうです。
色もすてき、デザインもすてき。
スウェディッシュレースと平織りが、きれいな市松柄になっているのです。
平織りがうつくしいから、より一層、スウェディッシュレースが引き立ちます。
何回も何回も、ページにお邪魔してしまいました。


麻糸を、茶色の濃淡2色に染め分けて使ったようです。
でも画像で見ると、渋い和風ピンクに見えます。
光のマジック、なのでしょうか。
実際にピンクで織ったら、こんなふうには映らなかったのだろうなあ。
何度見ても、すてきです。


翔工房さんは、田篭みつえ先生が主宰していらっしゃる、福岡のお教室です。
詳しくは、HPをご覧くださいね。
ご自身のブログ、研究生さんのブログ、お教室で仕上がった作品などが、まめに更新されています。
お邪魔するのが楽しみでたまらないサイトの一つです。


楽しい理由の一つは、作品の一つ一つに、オリジナリティと「ただ一つの作品」という意気込みを感じるから。
本の通りに織るなら、誰にだって、できます。
でも、翔工房さんのみなさんの作品は、きっとそうではないんだろうなあ、と思わされます。
そういう、輝きがあるんですよね。
かっこいいです。


私の先生も、オリジナリティを追究するという点で、妥協のない方です。
また、技法と素材への理解、素材と技法の両方を生かす方法を、常にきびしく検証されます。
私などは、この糸を使いたい!…という思いが先走ったり。
この技法は、こういうものなんだ!…という思い込みで勘違いをすることが多く…。
ダメ出しをされる回数は、おそらく生徒さんの中でもピカイチ(…と言っていいのか?)でしょう。とほほ。


スウェディッシュレースの暖簾を見て、技法への理解の深さをしみじみ感じました。
すごい。
私は、こんなふうに素材や技法を理解して織れているかなあ…?
我が身、我が作品を振り返って、考えさせられました。
自分の失敗と、周りの方々の優れた作品に触れながら、成長していくのでしょうね。
…てか、成長しなくちゃいかんですよね…。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
「ちまちま工房」のスタンプを作っていただきました。
フルオリジナルです!


stamp


作ってくださったのは、こじましほさんです。
星ヶ丘三越のイベントコーナーで、手彫りをしているところに、出会いました。
オリジナルのスタンプをつくってみえるという…。
その場にいくつかのサンプルがあったのですが、わたしのほしい、ひつじちゃんがなくて。
こういうの、欲しいんですよね、サイズもこんな感じ…。
と、話していたら、オリジナルで作って下さるという話になりました。


わくわく、わくわく待ち、そして届いた時のうれしさといったら!
このデザインに決定するまでに、4種類ほど描いていただいたんです。
いずれもすてきだったのですが、この子に決めました。
そのデザイン画よりも、実物の方が、何倍もかわいいです。
ふふふふふ♪


いつか、私の作品をどこかに出す時に、タグにこのスタンプをぽん、と。
スタンプの色は、何色にしようかな。
ふつうに黒のスタンプ台でいいような気もするけれど、あえて、違う色にしたい気も…。
このスタンプに恥ずかしくない、すてきな作品を作りたいです。
こじましほさん、ありがとうございました!


こじましほさんは、愛知県各地の手作りイベントその他に参加してみえます。
既定のサイズがあり、用意されたイラストの中から選んで、その場で作っていただくことも可能です。
でも私みたいに、ワガママにも、オリジナルのスタンプを作っていただけたりもします♪
ご本人も、とてもすてきな、かわいらしい方です。
こんなの欲しかったんだよね~という方、ぜひ、こじましほさんのブログにアクセスしてみてくださいね♪







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ナチュラルリネンのテーブルクロス、使うこともなくしまいこんでいたのを、発見。
でも私の生活で、「テーブルクロス」って、使わないんです。
テーブルの木目を楽しむのが好きなので…。
でもこれ、使いたい…っていうか、うってつけかも、と思うポジションがありまして。
使ってみました。


うちの子


お~。
あつらえたようにぴったり、とは、まさに、このこと。
大きな織り機にかかっている経糸と、織り途中の布の、ヤケ防止&ホコリよけに使うことにしたのです。
ナチュラルカラーが、白木にぴったり。
これ、いいなあ。
今の季節感にも、ぴったり。落ち着きます。


今週は、まるでジェットコースターに乗っているような、あわただしさで…。
特に、昨日・一昨日は、殺人的なスケジュールでした。
や、世の中には、私よりももっともっともっともっと!働いている方ばかりだと思うんです!
でも、「私基準」だと、密度濃すぎ~って感じでした。
もう少し、隙間のある生活をしたいものです。
そうですねえ、仕事が終わって、帰宅して、家事一通りした後、毎日1時間、織る時間を作れるくらい…。


やっぱ、そこにたどり着きます。
豊かな生活って、みんなが望むけど、「豊かさ」の基準って、それぞれですよね。
私は、大きく深呼吸できる時間をちゃんと持てる生活が出来る、そういう豊かさが欲しいです。
そうですね、ナチュラルリネンのテーブルクロスを広げて、いいじゃん!ってにんまりできるくらいの余裕。
今が、私の身の丈に合った、ちょうどいい感じ。


さて週末は、たくさん織れるかな?
楽しみ~。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。