ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経糸を掛けたら、そりゃもう織るしかないでしょう。
というわけで、早速織り織り。
楽しい~。
使いこなすのは難しいかなと、けっこうおっかなびっくりでしたが、なんのなんの。
楽しいです~。


インクルルームで織り織り


使って初めて分かることって、ありますね。
細幅のバンド織りには、実に使いやすいです。
…といっても、糸綜絖を使う、本来のバンド織りはしていないですけどー。
新しい織り機にわくわく♪が先行しているだけかもしれないですけどー。
織ってて楽しいってことは、ストレスを感じずに使えるってことじゃないですか。
それだけで、かなり上等なお道具だと思います。


カード織り、リジットにかけたり、テーブルルームにかけたりしたけど、そのどれよりも楽!
これは間違いなし、です。
じゃあ買いか、というと、それはすぐに決められませんけど。
正直、東京手織機製の、このインクルルームには、かなり惚れ込んでしまいました。ふふふー。
新しい、それも想像以上に楽しい出会いに、テンション急上昇中、です。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト
少し前に、インクルルームに興味あるんですよね、と記事にしました。
そうしたらなんと!
なんと、私のところにいま、インクルルームが…。
縁ってあるものなんですね。
ありがたいことです。
ドキドキしながら、タテ糸を掛けました。
楽しかった~。


インクルルームに経糸を掛けた


東京手織機のインクルルームです。
最大整経長は210㎝。
付属の手引書はたいへんわかりやすく、ふむふむと熟読しました。
バンド織りをするには、糸綜絖を自作するところからスタートするのだそうです。
なるほど、知らないことばかりでした。


経糸を張る感じは、リジットのジグザグ整経の手順に、よく似ています。
慣れるまでは、ちょっとかかるけど、手が慣れてくると、だんだん楽しくなります。
今回の経糸は、全部で92本。
バッグの持ち手にしたいので、3cmくらいの幅をねらいました。
使った糸は、20/9のタコ糸(綿糸)。
うん、いい感じです。


上手に織れるといいな。
いつもよりも丁寧に、あせらずに、を心がけて取り掛かりたいと思います。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
毎年秋に開催される『工房からの風』は、いつか、必ず行きたいところの一つです。
すてきな作家さんが集うところ。
その作り手さんたちの姿と心が描き出された、宝物のような本が、出版されました。


工房からの風―作る・働く・暮らす・生きる20の工房を訪ねて工房からの風―作る・働く・暮らす・生きる20の工房を訪ねて
(2012/10)
稲垣 早苗

商品詳細を見る



上↑の画像だと、味も素っ気もないですけど、本屋さんの店頭で出会った時、すてきな帯を巻いています。
こちらです。
ほら、手に取りたくなりませんか?


『工房からの風』


作家さんの姿や、作品の写真とともに、語られる文章が秀逸です。
静かな語り口は、作り手の心や姿を、写真よりも鮮明にうつし出します。
単なるプロフィールではない、その人が、何を思って、「作る」ことを続けているか。
その人にとって「作る」ということは、どういうことなのか。
香り立つような文章とは、こういうものを言うのでしょうか。
言葉の持つ力に圧倒されました。


作り手に、そして「作る」ということに寄り添っているからこその、視点の鋭さあたたかさ。
行間から、香気の高い何かが、匂い立つような。
一人ひとりの作り手の熱が伝わるような。
凛とした、まっすぐな、姿勢。
曲がりくねった道の先にあるものをつかもうと伸ばした、手。
試行錯誤するなかで、何か確かなものを見つめている、視線。
どきっとしました。
読み返さずにはいられない、手を伸ばさずにはいられない、そんな一冊です。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
先週から、大きな機には布を掛けて、カード織りに一心不乱です。
やっと、正しいパターンが出てきました!
「SPINNUTS」№81で特集されていた、鈴木美幸さんのレシピより、「羊の角の柄」です。


カード織り・羊の角の柄


ここまで来るのに、四苦八苦、でした。
正しいパターンが出るまで、けっこう悩みまして…。
「SPINNUTS」の解説を丁寧に読めば分かったのに、私ときたら、早合点して大間違いをしていました。
カード織りは、奥が深いです。
どうしてこの織り方を思いついたのでしょう。
初めて考えた人は、とんでもなく頭がいいです。


いつもどおり、リジットに経糸を掛けるつもりでしたが、うまくいかず、テーブルルームに張りました。
30㎝幅のミニルームでは、軽すぎて、安定しなかったのです。
40㎝幅のリジットを出そうとしたところ、マット織りの試作のために出してあったテーブルルームが目に付いて。
こちらに乗り替えたところ、安定感抜群!
快調です♪ …と言いたいところですが、織り進むと、また別の課題も出てきました。
一筋縄ではいかないものです。
それもまた、楽しきことかな。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
名古屋で、濱野太郎さんの作品展が開催されています。
ところは、北の住まい設計社・名古屋。
作品もすてき、会場もすてき!
ぜひ足をお運びくださいませ。


濱野太郎作品展 maki-fu
maki-fu 巻布 濱野太郎の織り布


濱野太郎さん、ご本人のブログで、会場の様子が紹介されています。
光のあふれるロフト風の2階に、作品が大きく広げられている様子は、圧巻…。
色がね、とてもきれいなんです。
ナチュラルなひつじの色そのままのもありましたけれど、極細の紡績糸を使った薄物のうつくしかったこと。
マドラスチェックのような、カラフルな薄い大判ショールは、本当にすてきでした。


凝った組織織りのものはあまり見受けられず、シンプルな平織り、2/2綾の作品がほとんど。
シンプルだから、ごまかしがきかない。
丁寧な仕事一つ一つに、はああ…と、ため息でした。


色づかいがね、ステキなんです。
どうしたら、あんなきれいな色合わせを思いつけるのでしょう。
組織はシンプルだけど、色合わせのなんとも複雑なこと!
遠くから見ると単色だけど、近くで見ると、何色も何色ものタテ糸が使われているんですね。
それが、ヨコ糸とケンカせず、しっくり合っているんです。
不思議な、けぶるような色合いを生みだしていて、鮮やかなカラフルさとはまた違う魅力を醸し出していました。


濱野さんの作品は、ずっと以前からブログなどで拝見していましたが、迫力が違います。
迫力と言うよりも、繊細さ、かな。
もっとエネルギッシュな、力強さが前面に来る作品かと思っていたんですけど…。
静かな、寡黙な迫力でした。
11月11日まで、北の住まい設計社・名古屋で作品展は続きます。
もう一回、見に行こうと思います。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
穏やかな週末です。
夜中や朝方はあんなに寒かったのに(夜中に寒くて目が覚めて、冬布団を引っ張り出しました)、
昼間は、それがウソのような、ぽかぽかの小春日和です。
お布団を干して、洗濯もいっぱいして、あちこち掃除して。
お天気のいい日曜日は、家のことをあれこれ片づけるのに忙しいです。
でもそんな時間が、好き。


ひと区切りついたので、お茶を飲みながら、手芸の本を広げています。
じゃーん。


クライ・ムキ バッグ作りの超基本―この一冊があれば安心!長く使える決定版 (主婦の友生活シリーズ)クライ・ムキ バッグ作りの超基本―この一冊があれば安心!長く使える決定版 (主婦の友生活シリーズ)
(2011/01/27)
クライ・ムキ

商品詳細を見る



ミシン&縫物入門者、中学・高校の家庭科、全然覚えてませんゴメンナサイな人にもわかりやすい一冊。
ペーパーテストだけで成績を獲得した私が言うんだから、間違いないです。
(…堂々と書くことではないですが…。汗)
昨日織りあげたスパニッシュレースを、他の布と組み合わせてバッグにするのです。
そんなわけで、バッグの作り方の手順を、本を見ながら、ふーんふーんと勉強中です。


まさか、自ら進んでミシンで何かを作る日が来るなんて、我がことながら不思議。
ミシンが使えなくても、人生困らない、と言ってはばからないほどだったのになあ。
私にも、縫い物名人だった祖母の血が、ちゃんと流れていたんですねえ。
よかった、よかった(笑)。


下手っぴなのも、苦手なのも、変わらないんですけどね。
この2,3年、少しずつ、自分でいろんなものを作って、楽しさや達成感を感じたことは、大きかったです。
とりあえず出来ればいい、ではなくて、小さなことを丁寧にやれば、それなりに仕上がる、とか。
下手っぴでも、失敗しても、取り返しのつく部分や、何度でもやり直せばいい、とか。
それで、上手とは言えなくても、きれいに仕上がったものを見た時の満足感と喜び、とか。
その積み重ねが、もうちょっとがんばる、もうちょっと上手になりたいっていう向上心をくれたのかな。
なんて、思ったりします。


あれですよ。
好きこそものの上手なれ!ってやつ。
好きなことなら、もっともっと上手になりたいですもんねー。
バッグもすてきに出来上がるといいんですけど。
持ち手部分は、カード織りorベルト織りで作るので、そっちも考えなきゃ。ふふふー。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
課題のスパニッシュレースを、機から下ろしました。
織りはじめたのは9月の第3週。
長かった…。
特別な組織ではなく、「手の作業の織り」。
地道に、地道に。丁寧に、丁寧に作業を積み重ねていくだけ。
でも「それだけ」のことが本当にむつかしく、四苦八苦して、試行錯誤の繰り返しでした。


1枚目
スパニッシュレース2

2枚目
スパニッシュレース1


1枚目はともかく、白い糸を使った2枚目の方は、かなり気に入っています。
おもしろく、かわいらしく出来上がったと思います。満足。
楽しく使える織り上がりになったことは、とてもうれしい。
よかった。


サイズは、幅が30㎝弱で、丈が、90~100㎝程度です。
ヘムの始末を終えると、もう少し短くなりますね。
短めのランナーとして使うのにちょうどいいかも。
素材が麻だから、夏向きですね。
ここからさらに加工予定なので、ホントの仕上がりには、まだまだかかります。
もうひと踏ん張り、ふた踏ん張りです。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
名古屋も、いい感じに寒くなりました♪
冷え症で寒がりの私ですが、秋冬が大好きです。
そして、冬になったら登場するのが、このこたちです。


ひつじのポットマット&ポットカバー


手編みのポットカバーと、手織りのポットマットです。
これは、何年か前に、ひょんなことからいただいてしまいました。
まだ織りを始めてそんなにたたない頃…だったと思います。
そんなレベルの私には、猫に小判なシロモノだったとわかったのは、ずいぶん経ってから。


ポットマットがね、とても素晴らしいのです。
経糸が、細くて!
また、その経糸の始末もきれいで丁寧。
筬は、40羽/10㎝、いえ、50羽/10㎝の片羽かな…。
でも、80羽の筬を使ってもいいくらいの、細い糸。
緯糸効果の織りなので、あえて、細い細ーい糸を、粗く張ったのでは、と推測します。


緯糸は、手紡ぎのウールと経糸と同じ糸を一本交互に織りこんでいるようです。
だから、タテストライプの柄みたいに見えるんです。
シンプルで、なんてことのない織りに見えるけど、打ち込み加減も絶妙。
そして、真ん中でさりげなく、柄が切りかえられている!
これがねえ、いただいた時には、どうしてこんなふうになるのかわからなくて…。
ああ、ほんとに猫に小判…(冷汗)。


ポットマットだけど、ごつくなくて、むしろ、これマフラーでも驚かないぞ、という薄さ。
実際、マフラーの経糸の残りで生まれた、残り物には福がある、というタナボタだったのかも。
この、薄いけど頼りなくない、確かな質感は、紡いだ糸だから、かなあ。


少しは織れるようになって、この小さなものの価値がどれほどか、どんどん実感されて。
もうこれは、大事にせねば、大事にせねば~と。
使いながら、大恐縮。
大事だから、しまっておこうとは思わないのが、私。
使ってこそ、ですもんねー。









ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
夏に織った8枚綜絖のワッフル織りのクロスとは、違うバージョンのワッフル織りをスタートさせました。


正統派のワッフル織り


こちらの方が、正統派というか本家本元の「ワッフル織り」なんですよね。
8枚綜絖をフルに使っていますので、1模様がタテ糸ヨコ糸とも14本から出来上がります。
糸密度は、60羽/10㎝の筬を使ってますので、1マスの大きさが2㎝四方…よりも、気持ち大きいかな。
織っていますと、なかなかの迫力です。
大きいわ~(笑)。


ちなみに、夏に織っていたワッフルはこちらです。
これ、Reversible waffle weave っていうんですって。


リバーシブルワッフル


「ワッフル織り」とひとくくりにしていますが、綜絖通しも、タイアップもぜんぜん違います。
下の画像の方も8枚綜絖の組織ですが、1模様タテ糸ヨコ糸8本ずつで成立します。
だから、ミニマム。
8枚も綜絖を使っているのに1つの柄が小さいから、ワッフル効果は上のパターンほどはないです。
どちらがいいかは好みでしょうし、織った布の使用目的を考えて、選択すればいいと思います。


久しぶりに、家でがっつり織れて、非常に満足♪
今回のワッフルちゃんは、織り幅が広いのでシャトルを飛ばすのがたいへんです。
…といっても、スキーシャトルなのでだいぶ楽をしていますが…。
ガツガツ織ると、あっという間に終わってしまうから、ゆっくりいこうかなあ。
味わいたいじゃないですか。うふ。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
2012年10月17日放送(NHK BSプレミアム)の『美の壺』は、大島紬でした。
録画しておけばよかった~…。
実にすばらしい内容でした。
大島紬の、あの精緻な図柄がどのように生み出されるのか。
あのじんわりと茶色がにじみ出す、甘い黒がどのように染め上げられるのか。
30分間、画面にくぎ付けでした。


大島紬、好きなんです。
和装はしないんですけどね。
私には、まだまだ地味だなあ、着こなせないなあ、って思うんですけどね。
でも大好きなんです。
馴染みの、アンティークの布のお店に行くと、一番に手に取るのは、おおむね大島紬です。
「あなたには地味でしょ」
って、止められるんですけど(笑)。


新しい大島紬なんて、高くてとても手が出ません。
いえ、買おうだなんて、めっそうもございません!
物産展で目にすることはあっても、値札を見て、ぎゃふん。
でも、一枚の反物にかけられた、職人さんたちの手技を見ると、あれでもお安いかなあって思えてしまいます。
あの精緻な図柄、全部糸を先染めしてて、その経糸と緯糸が織り合わさって生まれるんですよね。
知識として知っているのと、実際に織りだされる画像を見るのでは、インパクトが違いました。
百聞は一見にしかず。
すごいわあ。


染めも、静かな中に迫力がありました。
染め重ねて、染め重ねて、生み出される大島の黒。
職人さんは、まだ若い方でした。
きちんと受け継ぐ次の世代の方が見えるんだなあと、ほっとしました。
織りや図案の職人さんたちは、お年を召した方ばかりだったので、次の世代は?ってドキドキしてたのです…。


江戸時代、奄美大島が薩摩藩の支配下にあった時代。
大島紬は、特産物として珍重されたので、奄美の人は、着ることを禁じられていたのだそうです。
織っても織っても、自分や家族が着ることのできないもの。
どんな気持ちで図柄を考え、糸を染め、布を織ったのでしょう。
古い大島紬には、島の人たちの言葉にならない思いがたくさん詰まっているのでしょう。
…久しぶりに、布屋さんに行ってみようかな。




ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
謎だらけといっても、私がもの知らずなだけだと思いますけど…。
インクルルームって、実際どんな織り機なのかなあ、と。
もし手元にあったとしたら、どのくらい役に立つものなのかなあと。
一度くらい、がっつり使ってみたいものだなあ、と。
そんなことを思ったりします。
だって、こんな本も出版されたじゃないですか。


The Weaver's Inkle Pattern DirectoryThe Weaver's Inkle Pattern Directory
(2012/08/21)
Anne Dixon

商品詳細を見る



この夏、カード織りの講習を受ける前から気になっていた、ベルト織り。
インクルルームって、ベルト織り・バンド織りに特化した織り機なんですよね?
アシュフォードからは、レギュラーサイズとミニサイズ、2タイプ販売されています。
…ということは、それなりの需要があるってことなんですよね…。
でもいまだかつて、私の身近で、「持ってる」という声は、聞いたことがありません。


となると、ますます好奇心を刺激されるもの。
そんなにお高くないけど、買っても使い方がわからないとか、あまり活用できないとかだと、もったいない。
どこかで体験出来ないかと思っていたら、先月、みんぱくで出会いました。
そう、「世界の織機と織物」展の体験コーナーです。
綜絖は、糸なんだあ…と、織り体験よりも、インクルルームの構造の方に興味しんしんでした。
(残念ながら、コーナーの担当者の方からは「平織りでベルトを織る織り機だよ」以上の説明はいただけず…。)


綜絖を上げ下げする仕組みは理解できましたが、それ以上が全く分からず。
タテ糸はどうやって張るの?
スペースいっぱいに織ってしまったら、布部分はどう送ればいいの?
想像してたよりも織りにくい機(←失礼!)だけど、それは私は下手っぴなだけ?
これを使ったら、どんな織りが出来るの?
そもそも平織りしか出来ないんだったら、リジットで代用は出来るんじゃ…?


とかとかとか。
興味はあるけど、情報がない!実物がない!という状態だと、煩悩とともに「?」「?」が湧いて湧いて…。
インクルルームは買わない(と思う)けど、本には興味があります。
詳しい説明あるんだろうな。
でも、英語なんですよね…。
織りのレシピとか、興味のある記事を読み解くのとはまた、違う気力が必要なんですよね…。
もう少し暇になったら、再検討するかも。
う~ん。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
昨年の冬は、ウールで大判ブランケットを織りました。
2枚はぎ合わせたビッグサイズ!
重宝しています。


大判ブランケット完成 ← 3人がけソファもすっぽり…。


この冬も、大きなブランケットを織ろうかな、思案中です。
また大きな作品ばかり織って~とか言われるのも、ちょっと、しゃくですけどー。
やっぱり、織りたいものを織らなくちゃ!
コットン素材の大きなブランケット♪
でもそれがなかなか、一筋縄では、いかないんですよね。
コットンで織るなら、こういうの!…っていう理想形が、ありまして。


以前、ラオスの布を扱っている方のところで、とてもすてきなのを見せていただいたことがあるのです。
もう、一目惚れ。
お値段がなかなか…だったので、その場で決断できなくて。
心を決めたけど、一足違いで、その子は違うところへお嫁に行ってしまいました。
同じ作り方のブランケットはほかにもあったけど、ダメなの、あの子じゃないと。
手作りのものって、そういう「出会い」と「一目惚れ」が大事ですよね。
わりと思い切りよくお買い物をする方ですが、そこは、譲れません。
でもこだわり過ぎると、次の出会いにも恵まれない…。


だったら自分で織ればいいじゃない、と思ったわけです。
コットンの大判ブランケット。
そうですねえ、理想は、幅110~120㎝、丈は、180㎝は欲しいかな。
2枚重ねにしたいから、ベースは平織り。
…と考えてくると、はて、糸はいったいどれだけ必要なのでしょう?
うーん…。
織りプランも大事ですが、手持ちの糸で織りきれるのかどうか、そこから考えないといけないようです…。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
糸糸♪


大きい機に掛ける作品の、ヨコ糸です。
ライトグレーのコットンウールは、ふくふくしてとても気持ちがいいです。
でも、これ一色では地味ですよね。
織ってて飽きてしまいそう…。
そこで、段染めの糸も用意しました。
織り地に、思いがけない表情を添えてくれそうですよね。


先週は、仕事に急かされて気持ちの落ち着かない一週間でした。
…まだ折り返し点ですけど…。
その分、週末のお教室、心おきなく織りに打ち込めるひとときが、味わい深く感じられました。
織り間違えては、ほどき。
行きつ、戻りつで、なかなか織り進まない課題ですが、不思議なもので、それがまた楽しい。
どうやら、はじめに思い描いていたものとは、かなり違った作品になりそうです。
いい意味で、想定外です。
来週…、再来週には織り上がるといいなあ。
でも、「急いては事をし損じる」ので、あせらず、あせらず。


今日の昼間は、名古屋も寒かったです。
休日なので、お布団を干したかったのですが、雲行きも怪しくて、断念。
朝のうちは、風もまだ温かかったのですが、昼を過ぎた頃から、だんだんと冷たくなって。
毛布を出すにはまだ早い?
でも、寒くて熟睡できないようでは困りますから、昨年織った、2枚はぎのブランケットを出しました。
本格的に冬布団&冬毛布を出すまで、つないでもらうとしましょう。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
タテ糸の整経が終わったら、次は機ごしらえです。
ここは、まとまった時間が欲しい、大事なポイントです。
タテ糸は、織り布の背骨。
ここが、肝心かなめですもの。


しかも、私の機ごしらえの手順は、糸にかかる負担が大きいので。
タテ糸を巻き取る時には、神経を遣います。
なぜなら…。
先に、筬通し・綜絖通しをすませて、経て巻きをするから。
糸が、筬と綜絖に擦れてしまい、丁寧に作業しないと、切れる危険があるからです。
こわいこわい。


だったら、やり方を変えればいんですけどね。
粗筬 → 巻き取り → 綜絖通し → 筬通し …の手順に。
大きな織り機にラドル(粗筬)は付属していますし。
テーブルルームにも、作っていただいたラドルがありますし。
でも、頭でわかっていても、身体で「これ、いいなあ」と納得した方法って、離れられないんです。


いろんなマニュアルも、ありますし。
今は、You Tubeで検索をかければ、様々な機ごしらえの手順を、動画で見ることが出来ます。
これが正解、っていうのは、あってなきがごとし。
結局、自分の織り機に合わせて、自分にとって楽な手順を探していくしかないのだと、思います。
あるいは、素材に合わせて、失敗しながら、試行錯誤を繰り返すのだと思います。


心を落ち着けて、たっぷり時間を取って、機ごしらえに向かいたいです。
…早く宿題を仕上げようっと。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
次に織るものを、決めました。
整経もしました。
じゃん♪


整経しました


グレーの糸の方は、大きな織り機にかけます。
これは、小さなブランケット…、膝掛けのようなものを2枚織る予定です。
ブルーの糸の方は、テーブルルームにかけます。
こちらは、サンプル用。
プランが定まると、織りたい気持ちが高まって、ぱぱぱっと作業が進みました。
勢いって、すごい(笑)。


熱が冷めないうちに、取り掛かりたいんですけど。
でも、仕事が立て込み始めているので、機がけをするのは、まだ先になります。
残念。
でも、仕事もちゃんとやりたいし。
そうでなくては、心おきなく織ることも出来ないと思うので。
がんばって両立させていきます。
両方あっての自分なので。


台風以来、だんだんと涼しくなってきましたが、今日はいちだんと、秋だなあ~と感じました。
朝夕の冷え込みは、けっこうなかなかですよね。
昼間は暑いけど、それでも夏の暑さとは変わりました。
もう、扇風機をしまってもいいかしら、と考えはじめています。
風が変わって、季節も移り変わっていきます。
手に、ウールの感触がやさしく、心地よく感じられる季節。
楽しい季節が、はじまります。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
7枚のクロスは、思いのほか短期間で織り上がりました。
…日数的には。
その分、一日当たりの織り時間って、なかなかのものだったのです。
1時間なんて、まだ織りはじめたばかり。
気が付けば3時間経っていた!…なんてこともしばしばでした。
それだけ、集中して織るのが楽しい作品だったのですが。


でも、長い時間織り続けていると、ベンチに座っているお尻が痛くなりますよねえ。
それが今回は、まったく苦になりませんでした。
ひとえに、古シーツをヨコ糸にした、裂き織りのベンチマットのおかげです。
拍手!


裂き織りのベンチマット


厚みがほどほどなので、ベンチの座面の高さには、影響しません。
それでいて、お尻をしっかり受け止めてくれるので、すごく重宝しました。
すばらしいです。
布を裂くのは一仕事だけど、またマットを織ろうかなと思いますよね。
織った作品が実際に役に立って、しかも、使い心地がいいというのは、この上ない幸せです。
織っておくものですね(笑)。


布を裂くのは手間ですが、それだけの価値あるものが生み出せる、裂き織り。
古いシーツ、着古したジーンズ、デニムのワンピース、もろもろ。
クローゼットの一角で、出番を待っています。
忘れてませんよー。
ぼちぼち、ゆっくり、ちゃんと考えますー…。









ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ブロックダマスクのリネンクロス、織りあげました。
やさしくカラフルな色合わせ、並べてみると、ほんとにかわいいです。


ブロックダマスクのリネンクロス


仕上がりサイズは、幅49㎝×丈45~49㎝。
タテ糸は、やわらかめのラミーリネンですが、ヨコ糸のリネンの表情の方が勝ってます。
パリッと硬い感じ。
ごわごわした硬さではなくて、しなやかだけどしっかりしてる、インテリアファブリックっぽい感じです。
これをスウェーデンの人は、キッチンクロスやハンドタオルとして使うのか~。
文化の違いを感じます。
私などは、ちょっともったいないなー…と、躊躇してしまいます。
いえ、使いますけれども!


ハンドタオルとして使うかどうかは、ちょっと思案中。
先生からは、クッションカバーなどいいかもね、というアドバイスをいただきました。
考えるだけで楽しいですね。
加工してもよし、そのまま使うもよし。
ちょっとしたプレゼント用に取っておこうかなあ。
あせって決めることでもないので、雑貨屋さんとかインテリアのお店を見て回ろうかなと思います。


タテ糸を張るときには、
「二度とやらない」
と思っていましたが、そこを過ぎると、織ってる時はただもう楽しくて。
タテ糸もヨコ糸も、もう1セット織れるくらい残っています。
喉元過ぎれば何とやらで、再チャレンジしてもいいかも、とか、思っているから困ったものです。
朱子織りのブロックダマスクもいいですね~。


いずれにしても、作品プランをじっくり練りたいし、組織のお勉強もしてから、ですが。
先を急がず、ちょっと一服します。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ブロックダマスクのクロス、折り返し点を越えました。
勢いに乗ってきたので、とんとんと進みます。
こちらは、ベージュをベースにしています。


ベージュベースのクロス


両端が、ベージュなんですけど…、薄くてわかりにくいですね。
どちらかというと、チャコールの方が目立ってますね。
機から下ろした時に、どう印象が変わるのか、楽しみです。


ベースカラーは、ピンク、グリーン、ベージュ、ブルーの4色。
ベースカラーのバリエーションに、差し色を加えて配色を考えています。
前半4枚は、敢えてアンバランスに合わせました。
後半は、上↑の画像のように、センターをはっきりさせて、左右(上下?)対称になるように考えてます。


色合わせって、あまり得意じゃなくて、これでいいのかなあと迷ってばかりです。
織ったものの、うーんいまいち…っていう色合わせも、実はあります。
でも、織り機の上で見ている感じと、下ろした感じは違うから!と、気を取り直して織ってます。
これも勉強。
クロスのいいところは、1枚が小さいので、その中でいろんなチャレンジが出来ること。
これもチャンス、せっかくだから、いろいろ試してみましょう。


…で、終わりが見えてくると、次を考えたくなるもの。
いくつか候補はあるんですけど、さて、何を織りましょう。
やさしいコットンウールがあるので、ワッフル織りでスローなんていいかな、と思ってるんです。
ワッフル織りは、もう何回も織ってるから、サンプルを織らなくてもすぐ本番に入れるし。
でもねえ、マットも織りたいんです。
チャレンジしたい技法があるんですよ。
そのためには、サンプルを織ってみないといけない…。
どっちにしようかなー。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
コットンで織ったハンドタオルです。
ハンカチよりちょっと大きく、タオルというには小さいから、ハンドタオル。
全部で8枚。
すごいもちもちに仕上がってます。
ふくふくして、すごく気持ちいいのです。


コットンのハンドタオル


織った布を、ぐつぐつ煮て、仕上げました。
コットンって、吸水性のいい繊維のはずなのに、織った布ってそうでもない、ってこと、多いですよね。
それが、粉せっけんを少し溶いたお湯で煮込むと、大変身するのです。
さらさらした手触りが、もっちりもちもちに。
これは、一度試すと楽しくて仕方ないです♪


織りの本を見ると、「タオル」のレシピって意外とあるのに、この仕上げ方までは、書いてなくて。
ただ洗うだけだと、さらっさらで気持ちいいけど、水をはじくんですよね。
これじゃあタオルとしては、ぜんぜん実用的じゃないよ~って、物足りなく思う方、いると思います。
そんな方は、ぜひ、煮込んでみてください。
パイル地じゃないけど、なるほどこれもありか!っていう「タオル」になります。


ただし、すべてのコットンが、もちもちに変化するわけではありません。
しっかり撚ってある糸は、あまり効果がないようです。
失敗も覚悟で「ダメもと!」って試すのも、おもしろんですけどね。ふふふー。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
極細の糸を織るコツが、やっとつかめてきました。
こうなると楽しくて、寸暇を惜しんで、とんからり♪と、織りに励む私です。
いままで、まったくヤル気スイッチが入らなかったのがウソのようです。
織り機も、クロスビームに布が巻き取られている方が、ずっとずっと元気に見えます!
2枚目のベースカラーは、グリーンにしました。


Block Damask のクロス


…緑黄色野菜って感じですね…。
ウェア系だと、色づかいの冒険ってなかなか出来ないですが、クロスはやりたい放題です。ふふ。
ヨコ糸に用意した色数が多いので、ベースカラーだけ決めて、けっこう遊んでます。
といっても、行き当たりばったりではありません。
使う色、使う順番、何パターン続けて同じ色で織るか。全体のイメージ。
大まかには決めてから、織りはじめます。


でも予定はあくまで予定。
タテ糸と一緒に「布」になると、「糸」で感じていた表情とは、やっぱり印象が変わります。
そこは臨機応変に、予定をどんどん変更して織り進めます。
ある程度織り進んでから、隣どうしの色の相性が、いまいちだったなあと思うことも。
そういうことはちゃんとメモを残して、とりあえず先に進みます。


ベースカラーは、ピンク、グリーン、ベージュ、ライトブルー、4色。
そこに、差し色を入れて、楽しい色合わせを作りたいです。
色は、これだけありますもの!


カラフルなリネン糸


カラフルって楽しいですね♪







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
大きな織り機に掛けたままになっていたクロスの織りを、再開しました。
いろいろ考えましたが、組織を生かして、色を楽しんで、さくさく織ろうと決めました。
そう心が決まったら、ほんとに「さくさく織れる」から、不思議なものです。
ピンクをメインにした1枚目が、もうすぐ織り上がります。


ブロックダマスクのクロス 1枚目


この「8枚綜絖のドレル」は、ブロックダマスクとよばれる組織だそうです。
この本のラストの章に、同じ組織を使ったマットやクロス作品が掲載されています。
おもしろーい。
なるほど、と、目からウロコでした。


Simple Weaves: Over 30 Classic Patterns and Fresh New StylesSimple Weaves: Over 30 Classic Patterns and Fresh New Styles
(2012/08)
Birgitta Bengtsson Bjork、Tina Ignell 他

商品詳細を見る



はじめの15㎝くらいを無駄にしてしまいましたが、一応8枚織る予定で整経しています。
7枚は織れるでしょう。
ようやくエンジンがかかったことですし、とんとん織ります♪
2枚目は、グリーンをベースにしようかな…。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。