ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラオスは、首都のビエンチャンから入りました。
名古屋→ハノイでトランジット→ビエンチャン。
ビエンチャンに近づくにつれて、飛行機の中の日本人率もどんどん低くなるという(苦笑)。
ハノイから乗ったラオス航空の便で配られた、機内食のランチパックがかわいい。


ラオス航空ランチパック    ランチパック中身


パンが2種類。ミートパイ風のと、アンパン風の菓子パン。
でも菓子パンの中身は、なんと、サツマイモのあん。おいしい!
おいしいものに満足して、幸先のいいスタートになりました。


旅の第一の目的は、なんといっても、布。
できれば織っているところを見たい。
シルク工房に行けたら、なおいい。
…なんてことを考えていたら、思いがけない幸運に恵まれて、シルク工房に行くことができました!


シルク工房の風景


広い工房内に、ぎっしり並んだ織り機。
お昼どきだったからか、糸はかかってるけどお休み中の織り機が多かったです。
織り子をしている女の子たちは、地方から出てきて、2階に下宿して集団生活をしているのだそう。
その話だけを聞いたら、大変だなあ~と思わずにはいられないけど、ゆるい女子寮のようなほんわかした雰囲気でした。
織っている手元をじーっと見ていたら、ニコッと笑って手元を見せてくれたりして。
織ってみますか?と言われたけど、無理無理無理!と、飛びのいてしまいました。
…そしたら、さらに笑われてしまったけど(笑)。


織ってます


せっかくのチャンスですから、織りたい気持ちもありました。
でも…。
経糸が極細(絹の着尺を織る糸のように細いんです!)な上に、織り幅も広い。さらに織り込まれる文様もとても複雑で。
たとえ緯糸を一本でも、私が織ったら売り物にならなくなってしまう、そのくらいのものでした。
だって、この糸綜絖の多さを見てください…。


ラオスの糸綜絖


ほんとすごいなあ、と感じ入るばかりでした。
私の「織れる」なんて、ラオスの女の子たちの前ではへなちょこだあ、って。
とても気持ちよく、鼻っ柱をへし折られました。
あの子たちのように、息をするように笑顔で工芸品を織るなんてできないけど、
あの子たちのように、当たり前に織り続けていけたらいいなあって、しみじみ思いました。


そして、ビエンチャンの次に訪れたルアンパバーンで、また違う織りの風景を目にすることになるのでした。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。
2014年も、どうぞよろしくお願いいたします。


午年


我が家の玄関には、昨年から、干支の手拭いがタペストリーのようにかけられることになりまして。
これは、かまわぬさんの手拭い。
実用品としても、インテリアとしても、手拭いは活用の幅が広くていいなあ。
今年は、季節に合わせていろんな手拭いを架け替えようかなと、思っています。
楽しそうです。


2013年末は、1週間ほどラオスで過ごしました。
いい旅でした。
実際に見るラオスは、思っていたイメージとはずいぶん違っていて。
想像していたのと似ているようで違う、奥深い魅力を持った国で。
食事もおいしくて。
(タイ料理とベトナム料理のいいとこどりをしたような感じ。大好き!)
不思議と穏やかな気持ちで、のんびりまったり過ごしました。


メコン川


もうあれから一か月近く。
時間がたつのは、早い…。
ラオスの1週間は、生命の洗濯の時間だったなあ、としみじみ思います。
あの時間を大切に、制作に生かせたらいいなあ…。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。