ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっとずっとあこがれだった刺し子織りに、やっとチャレンジできました。

2009_0610photo0003_convert_20090610105953.jpg

作品      刺し子織りのスカーフ
経糸      ピエロ紬2 シルク100%(7.5番手)赤90g 黒3g
緯糸      ピエロ紬2 シルク100%(7.5番手)赤61g 黒4g
筬目      6.5羽/cm
打ち込み    7本/cm
通し幅     44.2cm(経糸総本数287本)
整経長     240cm
仕上り寸法  幅40cm×丈170cm
組織      Supplementary warp and weft on a plain-weave ground
デザイン   『HANDWOVEN』issue144より

赤で目がちかちかしますね(笑)。
実物は、もっと落ち着いた感じの、和な雰囲気漂う作品なのですが…。
画像では伝わりきらないものってありますよね。うーん、残念。

使った糸は、シルクだけどとても手ごろなお値段の、ピエロさんの紬糸です。
実は、上質なシルクよりも、こっちの方が好きです。
光沢やシルクならではのどっしり感には、欠けます。
けれど、何よりやわらかい。肌に馴染む。軽い。ぬめり感も気持ちいい。
やっぱり、この糸はいいなあ。
刺し子織り、実はもうひとつ図案を書き上げてあるのです。
そっちも同じ糸の色違いで織ろうかな。

この組織は、見た目にはとてもシンプルです。
しかし、織るのはなかなか手がかかりました。
まず、綜絖が6枚必要なので、綜絖通しがけっこう複雑だったこと。
織りに入ってからも、けっこう大変で。
6本のペダルを4通りのパターンで踏み分けないといけなくて。
…結局、最後の最後までペダルの順が覚えられず。
組織図と終始にらめっこしながら織ってました(笑)。
なので、感慨ひとしおです。

「刺し子織りを織ってみたい」

この気持ちは、織りにおける私の転機になりました。
あるブログで出会った、とてもかわいらしい刺し子織りの作品。
でも、綜絖が6枚ないと、織れないことを知りました。
当時の私の機は、4枚綜絖。
8枚綜絖機に買い換える?どうする?
そんな思いを抱えていた時。
8枚綜絖のジャックルームくんと運命の出会い(!)をして…。

ジャックくんとの出会いに幸せを感じつつ、頭の隅っこには「刺し子織り」。
でも、肝心かなめの織り方(組織図)が、わからない…。
何を見たらわかるんだろう?と思って、いろんな本を読んでいた、そんな時。
家に届いた『HANDWOVEN』に、このスカーフのデザインがありました。
これ!これこれこれ!!たぶんこれ!!!
再び、運命を感じました(笑)。
織りたかったデザインとはちと違うけど、一枚織ってみよう。
そしたら、理屈がわかって、デザインをアレンジすることが出来るかも。
チャンレジです☆

そして、織り上げました。

ながーい片思いの末、告白までこぎつけたって感じ?(笑)
組織の理屈は、なんとかわかりました。
アレンジして、一目惚れしたあの作品に似た図案も描きました。
まだ織るのは、少し先になると思いますが。
楽しみです。

そうそう、今回は、整経ミスをしたらしくて、経糸が余っちゃったんです。
でも、あんまりなが~いスカーフも変でしょ?
そこで、緯糸を変えて、小さなランナーをこしらえました。

2009_0610photo0001_convert_20090610105900.jpg

花瓶敷きに、ちょうどよさそうです。
こういう思わぬ副産物も、うれしいですね。









ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/102-86b88a31

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。