ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日完成した、リップス織りのランナー。
こんな風に使ってみました。

リップス織りのランナー

糸のチェストの上にかけてみたんです。
けっこういい感じだなあと、自画自賛。

私は、作ったところで満足しちゃうことが多い人なんですが。
これは、せっかく取り寄せたキットで、ほんとに苦労して作ったので、目に付くところに飾りたくて。
糸保管用チェストにかけてみました。
先日の大整理で、こちらのチェストはシルク、リネン、コットン系の素材をしまってあります。
これからの季節に使いたい素材ばかりです♪

ウール系の糸は、もう一つのチェスト(!)に、入ってます
整経台の置いてあるテーブルの下のスペースだけじゃ入りきらないのでー(苦笑)。
チェストの中は、草木染の糸だけで、いっぱいになってしまいました(笑)。
こちらにかけるランナーはまだ織れていないので(経て巻きまででストップしてます・笑)、こちらをかけています。

ウズベキスタンのスザニ

この布は、ウズベキスタンの代表的な民芸品。
「スザニ」とよばれる刺繍です。
観光客向けに雑なものが氾濫していますが、これはほんとの昔ながらの手作りの本物です。
ブハラの街に行った時、専門のお店で買いました。
そのお店のスザニを見た時、やっぱり、ほんとにいいものは違うなあ!と思いました。
お値段も違うけど(笑)。
観光客向けに、街角でお母さんたちが売っているものとは段違いの細やかさでした。
あまりのうつくしさに、買う気はなかったのに、買ってしまいました(笑)。
また買いに行きたい!

本来、スザニは、娘が生まれた時に、彼女がお嫁に行く時までに作るものだそうです。
そしてこれは、完成させちゃいけないんですって。
完成させると、そこで幸せが終わってしまうから。
だから、本物のスザニは、図案の線が何ヶ所か残っているはずなんですって。
それが、ホンモノとお土産用を見分けるポイントだそうです。
このスザニも、何箇所か、薄い鉛筆?の線が残されています。
お母さんは、娘が生まれると、その幸せを願いながら、人は一針一針、刺繍をほどこしていくんですって。
いい話だあ。

ちなみに、ベッドカバーサイズのものが、一般的だそうです。
でも、そんなに大きいのを買っても使い道が無かったので、小さいのを2枚買いました。
お店の方は、小さいと割高になるから大きいのを買ったほうがいいと薦めてくださったけど…。
そんなに大きいのを買っても、使い道がないと、ねえ。
だから、小さい作品をうんと吟味して、懐具合にあったものを買いました。
こんな、その土地の文化と伝統が受け継がれている民芸品は、本当に記念になります。
日焼けするのがもったいないけど、使ってこそ、ですからね。

ウズベキスタン、また行きたくなりました。
ほんとにいい国でした。
政治的・社会的に問題があることは知っていますが、あの国の人の温かさは忘れられません。
行くぞ、ウズベキスタン!
…できれば、10年以内に(笑)。
でもでもでも、ブータンにも、ラオスにも、スウェーデンにも行きたい。
お金と時間が、間に合いません!
人間の欲望には、限りが無いですねえ。

さてさて、話は戻って、自分の作品のこと。
こんなスザニのような作品を作るところまでは、まだまだですが。
だれかに「使いたい」「手元におきたい」と思ってもらえるものを作れるようになりたいです。
久しぶりにスザニをしみじみ見て、その思いを新たにしました。

今はまだ夢ですが、何年かがんばって作りためたら、作品展を開けたらいいなあと思ってます。
だから今は、その夢に向かって修行中。
スウェーデンのキットで、やったことの無い技法に挑戦して。
いろんなお教室のブログで見た作品を参考に、自分なりに図案を引いたりして。
自分のオリジナルな作品を作りたいです。

目標や夢を持つと、がんばる気持ちが後押しされて、背筋がピンと伸びる気がします。
気持ちいいです。

さあて、と。
家の大掃除も、満足いくところまで終わったことだし。
明日もう一日、お休みをいただいたら、織りを再開しようかな。
糸さんたちがね、「放っておかないで、使って使ってー」って催促する声が聴こえるようで(笑)。
糸さんたちの期待に応えなくっちゃね。

新しい気持ちで、がんばります。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

ステキです!

気の遠くなるような整経本数でしたよね~
私も今とりかかっているのがリップス織りです
まだ整経だけで、また来月織りに行くことになっているのですが、縦糸は800本位でした
3~4人がかりでも数日かかりました(^^;
じぇんねさんはほんとすごいです!

夢を持っているって大切なことですよね
作品展の夢はきっと叶うでしょう!
楽しみにしています
じぇんねさんの作品展で多くの人が励まされることでしょう~
手作り作品は心の時間が詰まっていますから
ウズベキスタンの刺繍作品にも、励まされますね

Re: yokoさん

yokoさん、こんにちは。
見てくださってありがとうございます。

そう、リップス織りの経糸本数は、ちょっとしたイヤガラセか?と思いたくなるくらい多いですよね。
あの美しい柄を生み出すのだから仕方ない、と、出来上がってみると納得しますけど、準備段階はまるで悪夢(!)のようですよね~。
yokoさんもリップスの作品に取り掛かるのですか?
わ、楽しみ♪
私は16/2のコットンを経糸に使ったので、とてもやわらかい仕上がりになりましたが、コットリンを使った友人の作品は、堅めでしっかりした仕上がりでした。
コットリンでリップスに再挑戦したいな!と思ってます。

> 手作り作品は心の時間が詰まっていますから

この言葉、とてもとても心にしみました。
本当にそうですよね。心の時間をかけて、作品が出来上がるのですよね。
がんばろう!という気持ちをさらにサポートしていただいた気分です。
ありがとうございます。未来の作品展の夢を目指して、がんばりま~す!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/121-d838b83c

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。