ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに綜絖通しをしましたー。
経て巻きまで終わらせてから、ずーっとずーっとほったらかしにしてた作品です。
いよいよ取り掛かります。

綜絖通しが終わりました~。

久しぶりの綜絖通しだからなのか、通し順が複雑だったからなのか。
何回もミスをして、何回もやり直しました。
うーん…。
結局は、集中力と注意力の問題なのでしょうが。
久しぶりに、ほんとに何回も何回も(←くどい)ミスして、糸を抜いて、通し直す…を繰り返したので、ちょっと感慨深いです。

これも、Blomqvist社のカタログから取り寄せたキットの一つです。
平織りの間に、Rosengångsfatasi(発音がわかりません!ローゼンゴンファンタジー?)とよばれる模様を織り込んでいくものです。
カタログによると、用途はランナーらしいです。
(löpare=runner=細長い掛け布)

何に使うものかとか、あんまり考えずに注文しちゃったんですよね。
これは、ぱっと見た感じが地味で、リップスマットなどに比べると、面白みがなさそうに見えました。
でも、なんかこの柄を織ってみたい気がして。

Blomqvist/Nordiska社カタログ2

このカタログの、左ページの真ん中の大きいやつです。③て番号がついてます。
よーく見ると、経糸がグラデーションになっています。
が、それは整経している最中にあきらめました。
だって、複雑すぎて!
そこまでこだわらなくてもいい、と勝手にアレンジしちゃいました。
デザイナーさん、ごめんなさい。

これは、経糸がコットリン(コットンとリネンの混紡)。
緯糸はリントウヤーン(繊維の短いリネンの糸)を使います。
全くの偶然ですが、今回注文したキット(4種類)は、全部使う糸が違ってました。
そんなことまで考えて注文したわけではなかったんですけど。
そのおかげで、いろんな糸を試してみることが出来て、とてもラッキーでした。

日本では、コットリンのような糸は売ってないし。
そもそも、あんなに色のバリエーションのある糸を扱っているメーカーなんてあるのでしょうか。
ウールは、いい糸がいろいろあるんですけどねえ。
北欧の、コットンやリネン系の糸の豊富さは、ちょっとすごいです。
糸見本帳を取り寄せて、初めはふーん、いろいろあるんだあ、くらいの気持ちだったけど。
今は、なめるように見て、「どれを取り寄せようか…」と、日々妄想してます。こわっ!(笑)
手元の在庫を減らすのが最優先課題なので、あくまで、妄想してるだけですが…。

さてさて。
綜絖通しが終わると、山の中腹まで来たなーって感じがします。
今日は、筬通しをして。
試し織り&捨て織りをして。
柄をワンセットくらい織れたらいいなあ。
久しぶりの織りで、心ときめく私なのでした。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

こんばんは~

がんばってますね!!
筬通し、前付けまでくるとほっとしますよねー。 あまり根を詰めずに・・・マイペースで楽しんでくださいね♪

Re: Candyさん

こんばんは~
結局、今日はやれませんでした(笑)。
筬通し、二本ずつ通すところを、1/3くらいまで1本ずつ通してたんです~(泣)。
やり直したら、なんだかまた間違えそうな気がして、今日はストップしました。
また明日にします。
マイペース、マイペースですね♪
それにしても、コットリンはいい糸ですねえ。
糸の在庫を減らしたばかりだというのに、また買ってしまいそうでやばすぎます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/122-f3dd53b3

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。