ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいお教室Kに通い始めました。

もともと通っていたお教室が、M。
で、先日からホームスパンを学ぶために通い始めたのが、M工房。
ふたまたどころではない、三また状態です(笑)。
大丈夫か、自分!

どうやって通っているのかと、不思議に思われそうですが。
Mは、卒業したのです、一応。
(編み物の宿題は、放り出したままですか…)
M工房は、マイペースで、宿題がそこそこできて、先生に見ていただきたくなった時に行きます。
(しかし、紡ぎ作業にすでに行き詰っているので、近いうちに行かねばならないでしょう)
新しいお教室Kだけは、毎週土曜日の午後って決まってます。

いままでのお教室に不満があって、新しい教室を探したわけではないんですよ。
ではなぜ、今のような状況になったかというと…。
それは、その時その時の、自分の方向性にあった場所を探した結果であり。
また、タイミングよく出会いに恵まれた結果、なのでしょう。

自分の機を買ってからこの一年、すごい勢いで作品を作ってました。
それは楽しかったけど、だんだんと物足りなさも感じ始めていました。
自己満足に終わってないか?とか。
アレンジはするけど、基本、本の通りにしか作れないじゃん、とか。
洋書を読み解いて、複雑な組織織りにチャレンジするけど、本当にわかってるのかは自信がなくて。
テキストを読んでわかった気分にはなるけど、いざ実践って、ハードル高かったです。
こりゃ、独習じゃだめだわって思いました。

ホームスパンも同じ。
紡毛機が先に来て、それから紡ぎをすこーし習いました。
「できるようになるから大丈夫よ~」
とは言われたけど、そんなに甘くなかったです。
初めて作ったホームスパンのマフラーの出来は、散々でした。

失敗を繰り返して、自分の中に消化不良なものが溜まっていって。
それで、思ったんです。
先生につかなくちゃ、って。

できれば北欧の織りをベースに、組織織りの基礎からみっちり教えてくださる先生。
(やりたい組織だけをつまみ食いするのは、なんだか中途半端な気がしまして)
そして、紡ぎのイロハから、ホームスパンの作品作りまで教えてくださる先生。
(それもぶきっちょな私のスローペースにつきあってくださる先生。できればカリキュラムのないところ)

一度に2つの方向の先生を探そうなんて、そんな贅沢は無理だと思いました。
でも。
縁ってあるもんなんですねー。
出会ってしまいました(笑)。
こうして私は、組織織りを新しいお教室Kで。ホームスパンを「M工房」で、学ぶことになったのです。

でもそんな私の基礎を作ってくれたのは、Mの4年間であったと思います。
あの4年間がなければ、私は織りにこんなに取り組もうと思わなかったでしょう。
織りや染め、編み物など、私の手仕事の原点は、Mで培われたものだと胸をはって言えます。
…あ、でも編み物の原点は、祖母に教えてもらったことかも(笑)。
最初の2年間、リジット機の織りを習いました。
その次の2年間は、足踏みの機のカリキュラムに取り組みました。
ひとりで機ごしらえができるようになるまで、そして4枚綜絖で織りたいものを織るための基礎。
それらを叩き込んでいただいた4年間でした。

足踏みのカリキュラムでは、天秤式の機(トイカ社のノリヤナ)と、ジャッキ式の機(ルクルーク社のコンパクト)を使わせていただきました。
私は、天秤式のタイアップの複雑さに音を上げまして。
「あの大きい機、無理です」
と、何度、先生に言ったやら(笑)。
タイアップのたびに、機の下のもぐりこむのが本当にしんどくて!
でも、もっと大柄なフィンランド人が使うのよって先生に言われるたびに、
「きっとフィンランドでは、下が掘りごたつ状態になってて、作業が楽なんです!」
と、屁理屈をこねてました。すごい、ばかな子だ!(笑)

そして、織りの合間に、草木染めも勉強させていただきました。
でもこっちは、先生頼みであんまりいい生徒ではなかったです(苦笑)。
媒染の違いで、どのように色が変化するのか、とか。
素材が絹かウールかでどのように発色が違うのか、とか。
そういう探究心は全くなくて、先生に言われるままに染めて、それで満足してました。
こうやって思い返すと、ほんとにダメな生徒だなー。

ダメダメなまんま、でも自分ではそのことに気がつかなくて。
出来るつもりで調子に乗っていたけど、
「あ、私はまだまだ勉強しなくてはいけないことがたくさんあるんだ…」
と、最近になってやっと気づいて(←遅いよ!)。

そして、初心にかえって基礎から学び直すと同時に、ステップアップを目指そうと心して。
卒業したMで作った土台を、もう一回大切に見つめなおして。
M工房とK教室の生徒になったのです。


…で、迎えたK教室のお稽古初日(今日)。
じぇんねの天狗のお鼻は、見事に、ぼっきん!と折られたのでありました。
詳しくは、次回に(笑)。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

織りって奥が深いですよね。私も少しだけ工房に行きました。
先生の教え方でも 色々あって勉強させられました、勉強熱心のじぇんねさんだから 色々なこと吸収出来ると思います。

Re: gaboさん

gaboさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
そうなんです、織りは本当に奥が深くて…。
その深みに、まんまとはまってしまいました(苦笑)。
先生にもそれぞれの方向性がおありなんだなって、いろんな先生に出会って感じました。
生徒もいろいろなんだから、当たり前ですよね。
それぞれの先生から、いろんなものを吸収させていただけたらって思ってます。
やればできる子!を目指したいですねー(笑)。

こんにちは!はじめまして・・かな(笑)
念願の機織を始めました。近所に教室がないので、殆ど本を見ながらの独学です
機織の仲間を探そうとPCを開いてこのブログにたどり着きました
見ているだけで、楽しい!!
これからも時々お邪魔させてくださいね

Re: なつきさん

こんにちは、はじめまして。
機織りを始められたのですか、独学ってすごいですね。
私はぶきっちょなので、先生のもとじゃないときっとできなかったと思います…。
がんばってくださいね。

楽しんでいただけてうれしいです。
つたない手作り日記ですが、ぼちぼち書いていきますので、よろしくお付き合いくださいませ。

早速のお返事、ありがとうございました!!
私も教室に通いたいのですが、田舎ゆえ・・ない(笑)
中古の機を手に入れて10年・・
独学しかないのです

でも、今はこんな形で同じ楽しみを持つ人達と知り合えるから・・なんとかがんばってみます

ところで、じぇんねさんが「染め」に使う、あのかせじょうのウールはどんなところで購入されているのですか?
ホームページであちこち探すのですが「さをり」のいとくらいしか辿り着きません・・
もしよかったら教えていただけますか?

Re: なつきさん

10年も続けていらっしゃるってすごいですね。
機は和機ですか? 興味津々です。ごめんなさい、失礼ですね。
私も、独学ででも…と数か月前までは思っていましたが、己の力不足を感じ入りまして。
先生につくことができる環境をありがたく思って、お月謝を払おう(笑)と、考えを変えました。
なつきさんは、がんばってくださいね。

ブログを始めてから、ご質問をいただくことが多くて、いいのかこんな私に!と思ってしまいます(苦笑)。
ネットオークションの「毛糸」のカテゴリで「生成り」とお探しの素材で検索すると、ヒットします。
わりとお値打ちだと思います。
あとは、「糸のきんしょう」さんや「川島テキスタイル」など、かなりいろんなところで手に入るので、糸問屋さんや染織関係のところに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/157-942453f6

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。