ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところ、ずううっと機にかかっていたマフラーが、ようやく完成しました。
応援して下さったみなさま、ありがとうございます。

経糸をかけたのは、今月初め…?

マフラーの経糸

なかなか進まなくて…
(色の感じは、この画像が実物に一番近いです)

織り進まない…

ようやく今日、機から下ろして、房を作りました!
ああ、ひと山越えましたぁ…。あとは縮絨して、最後の仕上げをするだけです♪

タリフ工房さんのマフラー

このかわいいチェックのマフラーは、タリフ工房さんのマフラーキットです。
ステキなスコットランドチェックは、タリフさんの手によるデザインです。
いくつもキットが販売されているので、みなさんよかったら見てみてください。


この作品に取り組むにあたって、お教室で勉強したことが、たくさん生かされました。
大雑把な私にしては、ほんとに丁寧にがんばったと思います。
習ったことの復習という点でも役に立ちましたし、学んだことの意味が身体でわかった、って感じ。
…そんなにすごいことを実践したわけではないんですけどね(笑)。


たとえば。
経糸のテンションを張りすぎると、開口が悪くなるから「ほどほどに良い加減で」を意識したり。
緯糸の打ち込みができるだけ一定になるように、こまめに定規を当ててみたり。
(それでも、やっぱり誤差は出るんですけどね)
みみをそろえるために、緯糸を入れるときの「角度」をきちっと取ることにこだわったり。


小さな気遣いは、やっぱり作品に表れるなあと思いました。
「慣れ」に流されては、いけませんね。
いろはの「い」を大事にすること、忘れないことは、何年も織り続けるためには一番大切!
そのことを、しみじみ実感する作品になりました。
勉強になりました…。
そして、楽しかったです♪


タリフさん、チェックを美しく織るって、こんなに難しいんですねえ…。
だからこそ、奥深くて面白くて、この次こそは!と思っちゃうのかもしれませんね。
チェックにこだわり始めたら、底なし沼にはまってしまいそうです(笑)。
もっともっと、スコットランドチェックだけではなくて、いろんなチェックを勉強したくなりました。
あら、もう私、はまってますね(笑)


タリフ工房さんのマフラーキットの魅力は、そのパターンだけではありません。
糸に、不思議な魅力があるのです。
これは、普通の毛糸じゃなくて、ちょっと工業用ウールなのです。
織りあげた、今の感じはさらっとした、ちょっと硬い感じがするのですが…。
縮絨すると、ぎゅっ!ふわっ! …という風合いに変化するのですって!


明日にでも、早速、縮絨にかかります。
織ってて楽しい、そして仕上げも楽しい、二度おいしい魔法の糸とマフラーキット。
どうぞみなさん、お試しくださいませ。

縮絨ビフォー・アフターレポートは、また明日にでも☆




ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

きれいですね~。

縮絨後、どんなに変わるのか楽しみです♪

Re: satokoさん

satokoさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

きれいな柄でしょう? 自分でこんなデザインができるようになりたいものです。
また新しい目標が出来ちゃいました(笑)。どんどん欲張りになります~。
縮絨後をお楽しみに! 私もとてもとても楽しみです♪

完成おめでとうございます♪

縮絨後がとても楽しみ♪

>経糸のテンションを張りすぎると、開口が悪くなるから

ジャッキ式ならではですよね~。
北欧でメインの天秤式は上下にそうこうが動くので
がばっと開口するとお聞きしました。
それにあちらの織り方は経糸を強く強く張るのが
当り前のようですし。
英国はジャッキ式と天秤式とどちらがメインなのかしら?
各国の織り機事情を調べたくなってきました。
学校に行ったら質問してきますね。
あ、それとタリフさん取り扱いのチェックの本はもう購入されましたか?
購入済でしたら簡単でいいのでレビューを是非お願いします!

素敵ですね~。
たくさんの糸を使ってチェックを
織った事がないので、
是非織ってみたいです。

Re: せみのうるさん

せみのうるさん、ありがとうございます。

テンションを強めることは、経糸に負担をかけるってことなので、そういう意味でも好ましくないのかも、と思いました。
私のメインはジャッキ式とレバー式だし、天秤式はお教室で使ったことしかないので、断定的なことは言えませんが…。
北欧で経糸を強く張るのは、麻糸がメインだからじゃないかしら。…と想像します。

『SCOTTISH ESTADE TWEED』ですね、あれはとても面白いです。
ツイードの歴史?について書かれた英文はともかく(苦笑)。
様々なチェックの織り地が大きなカラー写真で紹介されているのはすてき。
手元に置く価値あり、だと思います。

Re: nonnoさん

nonnoさん、こんにちは。
見てくださってありがとうございます。

> たくさんの糸を使ってチェックを織った事がないので、是非織ってみたいです。

挑戦してみます? これ、慣れるまではけっこう大変だけど、だんだん楽しくなります!
はまりますよ。タリフ工房さんのチェックはどれもステキですから、ぜひどうぞ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/194-0b3665b1

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。