ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お教室で、リップス織りのサンプル作りに取り掛かりました。
難しいもんだなあ~と、しみじみ感じながら織りました。
シンプルなものを美しく織ることって、こんなに大変なんですねえ…☆
大変と言いつつも、新しいことにトライすることって、やっぱり楽しいです。
へたっぴでも、2時間織りつづけると、ちょっとはコツがつかめて、うれしくなるし。


画像は、まだ載せられません。
サンプル織りは終わったので、来週は、「自由課題その1」にかかります。
織るコツが、少しわかってきたから、来週はもう少しスムーズに織れそうな気がします♪
それが出来上がったら、ご披露させていただきますね。
がんばりまっす!


お教室で制作に取り組む人ばかりではなく、おうちの機で織ってこられる方もいます。
お教室で、出来上がった作品。
おうちで、出来上がった作品。
作品を囲んで、わあーっと盛り上がります。


今回の目玉は、シルクのマフラーと、ローゼンゴンのマットでした。
シルクのマフラーは、同じ経糸で、緯糸を変えて、平織りと綾織りのを1本ずつ。
細いシルクで、光沢もつややかで美しく、軽くて、春にぴったりの感じ。
ローゼンゴンのマットは、幅90cm×丈120cmくらい、素材はウール。
これを織った方は、グループ展にも定期的に参加される、先生も一目置くKさん。
デザインもすてきで、風合いも良くて、こんなの織りたい~って、思わず口に出しちゃいました。


そしたら、先生がからからっと笑って、一言。
「まだまだ先よ~」
んー、わかってたんですけど、言ってみたいじゃないですか。
ちなみに、ローゼンゴンって、こんな織りです。
これは、北欧雑貨ミュシカさんに置いてあったもので、お教室とは関係ないですけど。


ミュシカさん♪


北欧の織りといえば、ブンデンローゼンゴン、ローゼンゴン、ムンカベルデ、などなど各種の特別な技法。
それを習いたくって、今のお教室に通い始めたのですが、道は遠し、のようです。
でも、不思議なことに、私は、全然がっかりしていません。
わくわくしています♪


今までに取り組んだものとか、周りの方の課題を見ていると、この先どんな課題に、どんな順番で取り組むことになるのか、想像できるところはありますからね。
先は見えないけど、想像できるって楽しい!
当面は、平織りと、そのバリエーションに、私は取り組むことになりそうです。
ほら、リップス織りだって、平織りのバリエーションでしょ?
でも簡単じゃありませんよ。
綜絖通しの手間も、ハンパないし(←でも先生には、この程度たいしたことないわよって言われましたー・笑)。
美しく織るためには、コツがいるし。
デザインを考えるのも、かなり難しいんですよ~。


平織りが終わったら、次は、綾織りとそのバリエーションかな?
その次は、朱子織りとそのバリエーションかな?
これで、織りの三原組織をやっと、攻略できます。
様々な特別組織は、その先ですね、きっと。
…今のペースだと、2年くらいかかるかしら(笑)。
でも、そうやって基礎をコツコツ積み上げれば、身に付くものは大きいと思うんです。
だから、数年後の自分に、わくわく♪


いつもシャキシャキ元気な先生、あと最低10年は、同じように元気でいてくださいね☆
まだまだ教えていただきたいこと、たっくさんありますから!





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/258-cb79979e

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。