ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年下のお友達、よしえちゃんが、この春、大学を卒業します。
「卒業制作展」のお知らせをいただいて、いそいそと出かけてまいりました。


よしえちゃんの作品1

よしえちゃんの作品3

よしえちゃんの作品2


これ、何で作ってあると思いますか?
答えは、「籾殻」です。
米を脱穀した後に残る、あれです。
そのままだったら捨てられてしまう「籾殻」を、よしえちゃんはアートにしました。
タイトルはそのまま、『composite』です。
晴れ晴れした表情で、作品について語ってくれるよしえちゃんは、なんだかとても眩しかったです。


「籾殻は、そのまま捨てられることが多いでしょう?
 私たちの身の回りにあるもので、見落とされてしまうものって、いろいろあると思うんです。
 籾殻もその一つ。
 でも一粒一粒を見ると、色や形や大きさが違って、本当にいろいろあるんです。
 そういうものを、形にして表現できればいいなあって…。
 一粒一粒の姿と、たくさん集まった様子と、両方を対比させてみたくて…」


瞳の奥に強い光をたたえて、自分の作品を静かに、でも熱く語るよしえちゃん。
作品の前で私たちが話をしている間にも、いろんな人が、よしえちゃんの作品の前で立ち止まって見入っていました。
話している雰囲気から、彼女が作者だとわかると、声をかけてくれる方もあったりして。
その中の、美術の先生っぽい二人連れは、実にいいね、と絶賛してくれて、
「コンペティションとか、出してみるといい」
とか、
「もっと大きい作品にしても良かったのでは…」
とかとか。
すてきなことを、いっぱい言ってくださいました!
自分のことのように、うれしかったです。


4月から社会人になるよしえちゃんですが、「作る」ことは続けていくそうです。
指導受けている先生からも、ぜひそうするように勧められた、と少し照れくさそうに話してくれました。
いつか、一緒に企画展ができたらいいなあ。
そのためには、私も、よしえちゃんの作品に並べても恥ずかしくないものを作れるように、精進せねば!


画像で伝えきれるかどうか、自信が無いのですが。
よしえちゃんの作品は、一個一個がとても洗練されていて、しんとした独特のムードを持ってて、本当にすてきでした。
1枚目の画像の作品と、2枚目の画像の左下の渦巻き状の作品が、私のお気に入りです。
でも、上段に飾られていた、波やうねりのようなダイナミックな作品も捨てがたいなあ…。
よしえちゃん、1枚ずつ絵葉書にしてくれないかなあ。
私、ぜったいに買うんだけど(笑)。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/276-4a9045f4

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。