ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のお稽古から、リップスの綜絖通しに入りました。
…と、勢いよく言いたいところですが、実は、お稽古の前半は、糸綜絖を数えて、足す作業でした。
いやあ、意外と面倒くさい作業でした~。
私のメインの機、ジャックルームは、綜絖を足すのが、実に簡単なんです。
枠を、ぐいっと外して、入れて、またぐいっと枠を押し込むだけ。


ところが、お教室の機は、なかなかの難物でした。
レバー式ですから、綜絖枠の基本的なつくりは、アシュフォードのテーブルルームと同じなんですよ。
これこれ。


アシュフォードテーブルルーム♪


レバー式だから、ボックスの中に綜絖枠が収まっていますよね。
で、それぞれが、イタリアンコードによって、レバーと綜絖枠がつなげられているわけです。
そのコードを!すべて!!綜絖枠から外すことから始まるんです。
こんなにめんどーな作業なんだあ…と、教わってびっくり。
でも、教わってよかった。
これで、自分のテーブルルームの糸綜絖を足す方法がわかりました。
怪我の功名(?ちょっとちがうかな?)ですね。


先生からは、
「もう少し、筬通し幅が狭かったら、糸綜絖を足す苦労もなかったんだけど…」
と言われましたが、なんのなんの。
何事も勉強だし、経験ですから。
それに、古い機なので、綜絖がまだ、綿糸の綜絖なんです。
ナイロンよりも手に優しくて、いいなあ~と思いました。
ま、その分切れやすかったりして、耐久性には欠けるんでしょうね。
手に優しい綿綜絖をいじることができたのも、なかなかに楽しい体験でした。


そんなこんなで、肝心の綜絖通しは、どうかな、3分の1やれたかな~?って感じです。
とほほ。
でも、綜絖通しを使わずに、手で通すの、ずいぶん上達したんですよ♪
だから、次回のお稽古では、かなりテンポ良く進むのでは!? …と、自分に期待しています(笑)。
がんばるぞ!


筬通し、終了!








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/282-28b2cdeb

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。