ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やらかしてしまいました。
お教室の課題「リップス織り」自由作品、ある重要な部分の綜絖通し順が完全に反転していたのです!
…と、文章で書いてみましたけど、いまいち伝わらないですよね、すみません。
簡単に言うと、色が反転すべきところで、反転しなかったんです。
…これもわかりにくいな。
まあ要するに、かなり大きなミスをしたということです、はい。


織ってみるまで、まったく!気付かなかったんです。
先生も、私も。
ヘムを織ってから、本織りに入って。
何かがおかしいな~と、思いつつ、織って。
色を反転させた途端。
おかしい!!!


何が間違って、どうしておかしいのか気付いた瞬間、さーっと血の気が引きましたね。
いえ、大げさに言ってるんじゃなくって、本気で。
もー、思考は完全にストップ。
腕組みをして、織り地を見つめて固まってしまいましたよ。
だって、このままだと、ぜったいに、設計図通りには仕上がらないんです!


こんなにがんばって、綜絖通し順を書いたのに…(涙)。


綜絖通し順の作図


この段階で、ミスをしていることに、まったく気づきませんでした。
くどいようですが、先生も、私も、です。
先生も、なかば茫然となさって、
「(綜絖通し順の)私の確認が、甘かったわ」
とおっしゃるし。
いえでも、それは私のミスなので…とか言ってても、事態が変わるわけではなく。
幸い(?)にして、お稽古も終わろうという時になって発覚したので、とりあえず作業は切りあげました。


「一週間(次のお稽古まで)、じっくり考えてきます…」
と、いい残してきたものの、選択肢は二つしかないんです。


(1)今の通し順を生かしたデザインに、全面的に見直す。
(2)とりあえず、1枚目は今の通し順のまま織って、2枚目の前に、間違えた部分の綜絖通し&筬通しをやり直す。


さて、どうしましょう。


現実的なのは(1)案の方です。
とりあえず、それに合わせたデザインも、描き直してみました。
でも、初めのプランにも、正直、未練があります。
かといって、(2)案が本当にできるのかというと、かなりの困難が予想されます。
通し直さないといけない綜絖の本数は、120本。
うーむ…。
一週間かけて、かんがえます。
でもみなさん、ご自分が私の立場に置かれたら、どうなさいますか?
あああ、悩むーーーーーーーーー。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/294-cbe60357

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。