ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トルクメニスタンの絨毯バザール

中央アジアの国、トルクメニスタンの首都アシハバード近くの、タルク・チカ・バザールです。
この地域で最も大規模なバザールで、年末のアメ横のような人出でした。
野菜、肉、お惣菜や、ちょっとした食べ物屋さんあり。
スカーフやショールの専門の売り場あり。
ここに行けば何でもそろえられること間違いなし!な感じのバザールでした。


上の写真は、そのバザールの中でも、絨毯作りと銀細工など伝統工芸品を扱っていた一角です。
とにかく広くて…。
そうですね、絨毯売り場だけでちょっとした体育館2つ3つ分はあったでしょうか。
見せて!とジェスチャーをすると、気前良く見せてくれました。

タルクチカバザールのお兄さん

デザインの著作権とか、そういうのはいいんでしょうか(笑)。
みなさんとってもオープンで、じーっと見ていると、ほら!と広げて見せてくれました。
外国人観光客の少ないシーズンだったし、売りたかったんだろうなあ。
(でも、トルクメニスタンなんて、観光客が多いとは思えない国ですが)
1枚も買わなくて、ごめんなさい。

絨毯売り場で私の目を引き付けたのは、これです。

絨毯の材料?ウールの山

絨毯売り場の、あっちこっちに無造作に積み上げてありました。
絨毯の材料なのでしょうか…?
じーっと見ていたら、さわらせてくれました。
ずいぶん、ごわっとした、粗い感触。衣類に向いているとは思えませんでした。
やっぱり、絨毯用の羊毛だったのでしょう。

バザールのほかのブロックでは、手で紡ぎました!という山羊のウールも売ってました。
あと、衣料品用とおぼしき毛糸売り場もありました。
けれど、そういうコーナーで売られているのは、実に鮮やかな化学染めの、化繊ぽいものばかりでした。
手編みの靴下とか(試着もできるんです!)、手編みの手袋とかも売ってて、手仕事が盛んなお国柄がしのばれました。
毛糸、買いたかったなあ…。

トルクメニスタンでは、絨毯はバザールで目にするにとどまりましたが。
隣国ウズベキスタンで、織り工房にお邪魔する機会をもらいました。
次回に続く♪


ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/31-30eda71d

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。