ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『チェック講習会in名古屋』をふりかえって、つれづれなるままに書きつづってみます。


開催が実現できたことは、本当にうれしいことでした。
今だから言えることですが、開催が危ぶまれた時期もあったのです。
タリフさんと、何回か電話でやり取りをしました。
仕切り直しをするか、それとも、日程を縮めて内容も変更をするか…。
人が集まらなければ、開催はできない。私の気持ちだけでは何ともならない。
そんな、萎えかけていた私の気持ちを、ぐいっと引き起こしてくれたのは、タリフさんの力強い言葉でした。
「やると決めた以上は、やり切りましょう」


これで、気持ちの踏ん切りが付きました。
不思議なことに、覚悟が決まった途端、申し込みが舞い込みました。
でもまだ少ない…。
ネックは、会場でした。
予定していた会場費は、実は非常に高かったのです。
ならば、人数が少ないことを利点に変えればいいのではないか?


「災い転じて福となす」
4、5人なら、私の家に(ちょっと狭いけど)入ります。
私の家なら、会場費はかからない。
少ない人数でも、これなら実現可能です。
ぱっと目の前が開けたような気持ちに、なりました。


そして、開催された『チェック講習会』の内容は、期待以上の素晴らしいものでした。
こんな貴重な勉強の機会を得られたことに、本当に感謝しています。
ネット上でしか交流のなかった、satokoさんやyokoさんに出会えたこともまた、うれしい出来事でした。
タリフさんはじめ、みんな魅力的な人たちで…。
すてきな人たちと縁がつながって、顔の見える関係になったこと、この上ない財産です。
大げさかもしれませんが、人との関係は、人生の宝ですから…。


企画が立ち上がったのは、昨年11月ごろでしたか。
長いようで、終わってしまえばあっという間の準備期間でした。
会場探しとか、実務的な大変さもありましたが、実は、一番しんどかったのは、参加の声かけのお願い、でした。
お願いにうかがうと、みなさん、とてもこころよくチラシを置かせて下さるんです。
人さまの善意って、ほんとうにありがたいものだと思いました。
でも、その時に何人かの方に言われたんです。


「チェックなんて、特に習わなくても自由に作れるものでしょう?
 二日間も使って、チェックについて学ぶの何を勉強するの?
 そこに価値があるのかどうか…が、問題よね」


その方たちは悪気は全くなく、素朴な疑問を口にされただけです。
でも、これにはへこみました…。
私は、学ぶべき内容があると思っているから、この講習会の開催を望んでいて。
だから、自分も現地スタッフのつもりになって、お願いにまわっているのに。
なんだかそれを全否定されたようで…。
そういうつもりで言われた言葉じゃないと、頭では分かっているのだけど、心はなかなか納得できなくて…。
どうしようもない徒労感に襲われる瞬間も、ありました…。


でも、それもこれも、すべてが終わった今となっては、いい経験です。
私だって、タリフ工房のグレンチェックマフラーを織っていなければ、
「チェック講習会? スコットランド紡績糸を使って服地を織る? どんな糸でも布は織れるでしょ」
って、無関心だったかもしれないじゃないですか。


たまたま、タリフ工房の糸の特長や良さ、他にはないものだということを知っていて、
マフラーキットを一つ織って、うつくしいチェック柄には、何かがある!と、感じていたから。
チェック柄は自由に作れるけど、伝統のうつくしさを出すためには、緻密な計算や規則があるのかも…と、感じて。
だって、織っている時は、実は微妙にアンバランスな感じがしていたのに。
出来上がったグレンチェックマフラーの、色のバランスの複雑さと、そのうつくしいことったら!

マフラー完成!

この魔法は一体何だろう?
それを知りたい!と、強く強く思って、
学ぶことに価値があると確信があったから、私は、動けたのです。
それは、とても幸せな経験になりました。


今思えば、己の『無知の知』を無意識に感じとって、もやもやしていたのではないでしょうか。
そして、この講習会を経て、『無知』の状態から一歩踏み出せて…。
ほんとに、この上ない財産になりました。
願ったことを実現することの達成感を知り、晴れ晴れとした気持ちです。


自由に作ることは、楽しいです。
でも、学んで土台を作ってから作れば、もっと自由度や可能性は広がります。
土台を作ること、そこに、今回の『チェック講習会』の意義はあったのだと、思います。


採算度外視で、
「一度やると決めたことなのだから、やりましょう」
と力強く言いきって、名古屋まで足を運んでくださった先生。
本当に、ほんとうに、ありがとうございました。
先生を含めて4人という贅沢な環境、マンツーマンに近い指導、物作りについて深く深く楽しめた二日間でした。
一緒の時を過ごした、satokoさんとyokoさん。
ネット上の関係から、「顔の見える関係」になって、これからもお二人とはお付き合いが続いていくのでしょう。
くり返しになりますが、人とのつながりが増えること・深まることは、人生の大きな財産です。
そういう仲間の輪が広がることを感じた、しあわせな二日間でした。


先生が最後に語られた言葉が、とても深く、心に残っています
『作り手』である以上、『安売り』してはいけない。
それは、ほかの『作り手』の価値を下げ、他の人にも『安売り』させることになるから、と。
裏返せば、『安売り』できない、価値ある作品を生み出せる『作り手』たれ、ということになります。
せすじが、しゃんとするような思いになりました。
プライドを持ち、またそれに見合う価値ある作品の作り手になりたい。
それを現実のものにすることが、この講習を受けた者に課された、大きな課題なのだと思います。
がんばります。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

開催にこぎつけるまでに、いろいろ大変なことがあったんですねー。
「やると決めた以上、やりきりましょう。」というタリフさんのことば、すごいと思いました。

そしてコーディネーターは縁の下の力持ち、しんどいことも多いですよね。
でも、“山は動いた!”んですね。
じぇんねさんが働きかけて奔走しなかったら、実現しなかったんですものね。
これは、すごい自信になる経験なのではないですか?

『作り手である以上、安売りしてはいけない』というお話も深くうなずきながら拝読しました。

売るためには、まず完成度の高いオリジナルなものを作り続けること。
そして、本当にいいものは見ればわかるのかもしれませんが、私はやっぱりそのことをことばで伝える努力もしたいと思っています。

Re: kauriさん

kauriさん、ありがとうございます。
そうですねー、つらつら書いてて、大変だったなあって自分でも思いました。
「やると決めた以上、やりきりましょう。」
というタリフさんのことばがなかったら、あきらめてたかもしれません。

kauriさんに言われてはじめて“山が動いた!”んだと、実感がわいてきました。
たいして何もしてない私なんですが、思いをあきらめずに形にすることの価値を知りました。
素直にうれしくてうれしくて、そして、関わってくれたみなさまへの感謝でいっぱいです

『作り手である以上、安売りしてはいけない』
重い言葉ですよね。その言葉にふさわしい作り手になりたいと、改めて思いを強くしました。

チェックの魔法使い

じぇんねさん
つたない言葉で話した私の気持ちを上手に言葉にまとめて頂きありがとうございます

やると決めたことを、並大抵のことでは諦めません~
実現させるためには、どうすればいいかを考え続けますねぇ
これが今の若い方々に少ないハングリー精神です
私が子供の頃は、物はなかったから欲しかったらなんでも作りました。夢を持ち続ければ、必ず叶う

チェックの魔法使いが増えてうれしいことです
魔法が周りの方々に広がりますように!

Re: タリフさん

タリフさん、見て下さってありがとうございます。
わ~、コメント欄にタリフさんのお名前を見た時には、緊張が走りました(笑)。
私こそ、つたない言葉で、うまく伝えきれたかな?って、でも伝えたくてがんばりました。
講習会、本当にありがとうございました。ご家族皆様のご協力あってのこと、感謝をお伝えください。

準備の時からずっと、タリフさんの揺るがない姿勢に支えられてきました。
そして講習を受けて、じかにお話を聞けて、「姿勢」ってどういうものか、私なりにですが、とても深く感じ入るところがありました。
まだまだ未熟な自分ですが、道の歩き方のようなものが見えた、そんな気がしています。
ありがとうございました。

今日、デザインした3種類のチェックから作品の設計図を引きました。わくわくしています。服地も織ります! やりたいことがどっさりで、幸せです♪

チェックの魔法使い見習い

じぇんねさん こんばんは!
昨夜遅くに京都から帰って来ましたので
今日ブログに講習会についてのレポしました
ほんとうに、何度言っても足りないくらい
ありがとうございました!
私は、じぇんねさんの習っておられる織りの教室で、参加希望の方がたくさんいて、あっという間に定員オーバーかと思っていたんですよ
じぇんねさんのご苦労も知らず
お役に立てなくてごめんなさいね・・・

拙い私ですが、これからは織りや編み物でじぇんねさんに何かお役に立てたらな~と思ってます

Re: yokoさん

yokoさん、おかえりなさい。京都はいかがでしたか?急な寒波で大変なのでは…と心配してました。
こちらこそありがとうございました。
yokoさんが参加したいと言ってくださったのは、とてもうれしかったんです。
お気持ちに応えることができて、ほんとによかったです。
いろんなお話ができて楽しかったですね~。

yokoさんにはもう十分助けていただきましたよ? ほら、すてきな編み針情報とか!
これからも末長く仲良くしていただけたら、それが一番うれしいです。
フェアアイル、教えて下さいませね☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/316-a88b74fb

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。