ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。
トルクメニスタンでは、絨毯をたくさん目にしましたが、作っている現場には出会えませんでした。
隣国ウズベキスタンで、運よく工房を見つけることができました!
街ごと世界遺産に認定されている、ヒヴァの旧市街に、それはありました。
中庭をのぞくと、そこには…。

絨毯工房の染め場?

明らかに、染めた糸を干しているようです。
思い切って、中に入って近づいてみました。すると…

染められるのを待つ糸

染めた?糸

染め場です!
糸は、しっかり乾いたものありましたが、まだ少し湿っているものもありました。
手触りは、タルクチカバザールの絨毯売り場にあった糸に似ていました。
手編み用じゃない。
マット・絨毯用の、とても強い感じの糸でした。

工房の中に招き入れられると、そこでは女の子が絨毯を織っていました。

2006_0105ウズベキスタンの工房

結び方は、いわゆる「トルコ結び」。
経糸は、ぴんと張ってあって、それは痛いくらいでした。
経糸の密度も詰まっていて、その割に緯糸の毛糸は意外と太くて。
きっと絨毯は毛足が深い(長い)、しっかりしたものになるのだろうなあ、とわくわくしました。

中央アジアは、そのほかにも手仕事が生活のそこかしこに残っていて、出会うたび、たのしかったです。
また行きたいです。
いつになるかなあ…。


ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/32-e7085104

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。