ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とってもすてきなショルダーバッグを仕立ててもらいました。
じゃん!

ローセンゴンファンタジーのバッグ


仕立ててくれたのは、年下のお友達Nっちです。
ありがとう、Nっち!!
Nっちは、パタンナーとか、とにかく被服関係のお勉強をみっちりしてきた子で。
着るものを作るのが好き!
着るものじゃなくても、布を形にするのが大好き! という素晴らしい才能を持った子です。

持ってみました♪ ←肩から掛けるとジャストフィット♪


このバッグの布は、昨年8月に、私が織り上げた布でした。
スウェーデンのBlomqvist社、2008-09のカタログから取り寄せた、キットで。
本来の用途は、テーブルランナー。
でも、そんなの無視(笑)。
ただ、このかわいい柄を織ってみたい! と、その気持ちだけで注文して、織りました。
何にするかは、織り上げてから考えればいいや…と。


しかし。
スウェーデン語のテキストを、ナナメ読みで、なんとかなるさ!と、織りはじめたら…。
致命的なミスをしてしまったのです(涙)。
正しい織り方がわかった時には、もうかなり織り進んでしまっていて。
ほどこうにも、緯糸に使っていたリントウ(繊維の短いリネン)の糸は、経糸に絡まってほどけません。
やむなく、ミスした部分を残したまま、最後まで織りあげました。
が、ランナーとしては使えない作品になってしまいました…。


経糸はコットリン(コットンとリネンの混紡)、緯糸はリントウ(繊維の短いリネン)。
すごくさらさらした、気持ちのいい織り地。
ミスもあるけれど、かわいい柄で、とてもいい感じ。
ランナーとして使えないなら、バッグに仕立てたらいいんじゃないかしら?
…しかし、自分のお裁縫の腕を考えると、あまりにも一か八かの大勝負では…。
そんなことを考えてぐるぐるしていた時、年下のお友達のNっちが、こう言ってくれました。


「私が作ってあげるよ!」


まじでー!? すごくうれしい!! ありがとう!!!
でも、Nっちも、仕事をしている身なので、それなりに忙しい。
作るのは、無理のない時でいいからねー、来年の夏までにできるとうれしいなあ。
そんな感じでお願いをしたのが、昨年の11月ごろ。
そして、つい先日、連絡が来ました。


「出来たよー!」


なんと、エコバッグどころか、私の織った布は、とてもかわいいショルダーバッグに大変身していたのです!
しかも、ミスをした部分は、ちゃんと隠れるようになってる…。
マチもたっぷり取ってあって、布全部をたっぷり使いきって、でも大きすぎない、ジャストサイズ
すごい、Nっち、天才!!
うれしくてうれしくて、思わずハグしちゃいそうになりました♪


Nっちは、捨て織りや端糸までそっと包んで返してくれました。
そういう子です。
大事に作ってもらったんだあ…と、ほんと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
うれしいことに、彼女自身も、このバッグを作ることを楽しんでくれたようで。こう言ってくれました。

「また布を織って、作ってほしいものがあったら言ってね。私が何でも作るからさ!」

Nっち~。
そんなこと言っていいのかな??
私、遠慮しないから、あれもこれもあれもこれも!!!って、注文しちゃうぞ☆
でも本当に心強くなりました!
これで、安心して服地用の布を織るのにトライできます…って、いつになるか、予定は未定だけど(笑)。
Nっち、その時は、よ・ろ・し・く・ね♪






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

涼しげなバッグ!素敵ですね~。
ホント、じぇんねさんのお友達、天才ですね!
一生懸命織った布を無駄なく使ってもらえるのは織る人にとって嬉しいですよね。
私も切れ端、全部取ってあります。
こんな小さいの何にするんだ?って言うような端切れまで・・・

織れない残り糸の一部はお友達の子供達のところへお嫁入り。みんな喜んでちゃ~んと使ってくれますよ。
他の糸はNålbindning(日本語でなんていうんでしょう。太い針を使って糸を結びながら編むとても古い編み方?です。)に最適!とお友達が教えてくれました(毛糸だけですが)。取っておいて良かった~♪

Re: Satokoさん

Satokoさん、ほめてくださってありがとう!
私も、このバッグを見せてもらった途端、すてき!ありがとう!って歓声をあげました。
実物は、もっともっとすてきですよ~。
たっぷり入るんだけど、あえて入れ過ぎない方が、おしゃれに使えそうです。
これからの季節に大活躍してくれそう♪

Nっちは、本当に織った布を大切に使いきってくれて、大感謝です。
作ってくれたのが彼女でよかった、布も幸せだったなあって、しみじみ思いました。

織れない残り糸、私もとってあります。
そういう糸を、挟み込むように緯糸にしたカラフルな細いマフラーってどうでしょう?
熱湯で縮絨して、うんとフェルト化させたら、いけるんじゃないかって思うんです。
残り糸をつなぎながらの編み物は、初耳!ですが、そんなふうに糸を使い切りたいですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/356-f42f1512

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。