ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の前半、寒かったですね!
おいおい、秋をスキップして、いきなり冬が来ちゃったの~??? なんて、目を白黒させてました。
大急ぎで、秋冬物と春夏物の衣服を、入れ替えました。
ついでに、お片付けも少々…。
どこを片づけたか、ですか?
本棚です、本棚(笑)。


片づけながら、ふと、こんな言葉を思い出しました。

「自分の目の届くところに置いておきたいものはね、その時の自分の心が求めているものなのよ」

友人・Nちゃんに教えてもらった言葉です。
彼女は、アロマセラピーやカウンセリングを勉強していて、人の心の機微にさとい人です。
うちに遊びに来てくれた時、私の定位置の周りを見て、そんな話をしてくれました。
…たしかに(笑)。


うちでは、大きなスライド式本棚と、ラックみたいな本棚と、カラーボックスに本を整理しています。
スライド式本棚は、私の座る場所と、ちょうど反対側、左手の壁際にあります。
その中には、博物館や美術館の図録などの大型本、小説、エッセイ、などが収納されています。
そして私のすぐ右側の、ラック&カラーボックスでは…


編み物の本棚 織りの洋書コーナー1

織りの洋書コーナー2 織りと紡ぎの和書&洋書+草木染め


こんなふうに、手芸の本がハバをきかせています(笑)。
このうち半分が、洋書です。読めるのか!…まあ雰囲気ですね(笑)。
さらに、ラックの一番下の棚には、『毛糸だま』&『世界の編物』のバックナンバーなどが30冊ほど。
カラーボックス(横に倒して使用)の上には、ファイルボックスがずらっと並んでいて、
雑誌『HANDWOVEN』『VAV』、そのほかファイリングしたものがどっさり。
道楽、ここに極まれり!…って感じですね。


お教室をやってるわけじゃなくて、ただ個人で楽しんでいるだけなのに、こんなに本を揃えてどうするの?
って、自分でも、思います…ときどきは。
本に載ってる全作品を、織ったり編んだりするわけじゃ、ない。
それどころか、本は持っているけど、ひとつも作品を編んだことのないものだって、少なくない。
じゃあどうして、こんなに手芸の本を買うの? って聞かれたら…。


本が好きだから。

これに尽きます。
小さい頃から、本が大好きな子で。
学校の中で一番好きな場所は、図書室。
クラス役員は、図書委員に立候補する、そんな子でした。


たぶん私は、作品を作りたいから、というよりも、
まるで、小説やエッセイを読むような感覚で、手芸の本を買っているのだと思います。
だって、小説やエッセイを書けるようになるために、そういう本を買うわけじゃないでしょう?
内容を楽しむために読むのでしょう?
そして、その面白さとか魅力を手放したくないから、お金を出して買い求めるのでしょう?


「そんなに(織りの)本を買ってるばかりじゃ、ダメなのよ」
みたいなことを、言われてこともありまして。
悩んだ時期もあったのですけれど、↑に書いた、自分の心の動きに気がついて、すーっと何かが晴れました。
というわけで、この秋は、超!開き直って、読書の秋と、相成ったのです。
あはははは。
ここのところ、本のレビューが続いているのは、実はそんな背景もあったのでした。
この秋に出会ったすてきな本は、まだまだあるので、またご紹介しますね。


さてさて、明日こそ、ラミーシルクとシルク紬糸を、染めなくっちゃ!









ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/416-8fcf661f

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。