ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心はすでに、年末のウズベキスタンに飛んでいる、じぇんねです。
だ~~-~~~~~~~~(苦笑)。
5年前に行った時の写真なんか引っ張り出したりして。
こんなん出てきました♪


こひつじちゃんたち


この子たちは、キルギスの農村で出会った子ひつじちゃんたちです。
ふわふわしててかわいいでしょ?
でも、こんな、ふわふわもこもこ♪のひつじちゃんたちは、珍しかったなあ。
たいていは、あんまり毛並みがいい感じじゃなくて…。
そう、こんな感じで群れているのを、よく見かけました。


キルギスのひつじの群れ


かなりの確率で、山羊が混じってましたっけ。
トルクメニスタンでは、らくだも一緒だったな(笑)。
木切れを持った男の子が、ひつじ・山羊・らくだをまとめて、面倒見てたっけ。
ロバに二人乗りしてるおじさんも、見たぞ(笑)。
中央アジア諸国は、たいてい、広いひろーい大平原、動物と人間が共存してる感じ、楽しかったな。
(あ、キルギスとタジキスタンは、パミール高原に接しているので、けっこう山がちです…。)


しかし。
中央アジアでは、基本的に「肉」といえば「ひつじ」。
オーストラリアやニュージーランドのカバードひつじちゃんのような扱いは、されていません。
目にするひつじちゃんたちは、たいてい、貧相な毛並み…。
だから、いい羊毛→上質な毛糸、なんて期待できない…。
でも、羊毛を織ったじゅうたんが特産品になってる地域だから、もしかしたらって思うじゃないですか。
だから、バザールに行くたびに、必ず毛糸を探しました。


そして。
ついに、トルクメニスタン最大のバザール、タルクチカ・バザールで、毛糸を発見したのです。


ウール?アクリル? じゅうたん用のウール…かな
 ↑                                  ↑
明らかに化学染めの、化繊…?               じゅうたん用の毛糸と思われる…


新興国にありがちなんですけど、手編み用には、アクリルとかの方が出回ってるんです。
確かめて買いたかったけど、残念ながら、私は、トルクメニスタン語もロシア語もしゃべれません。
もちろん、バザールのおばちゃんたちに、英語なんぞ通用するわけもなく。
撤退しました…。
すんごくあやしい、手紡ぎっぽい糸を売ってるおじさんもいたな。
明らかに、マフラーやセーター用じゃなくて、じゅうたん用としか思えない、粗い毛糸だったな。


でもねえ。
現地では、手編みは女のタシナミなのか、手編みをしている人の姿をよく見かけたんですよ。
手編みの靴下とか手袋、ミトン、ルームシューズもよく売ってたし。
ちゃんとした、中細くらいのソフトな毛糸も、絶対に売ってると思うの。


というわけで。
2度目のウズベキスタン、私の目的その2は、「羊毛、または毛糸を買うこと」です。
羊毛は、きっと無理だな。真冬に刈り立ての羊毛が売ってるわけない。
せめて毛糸…。カーペット用の粗いウールじゃないやつがいいんだけど…。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

楽しみですね~。
羊毛、または毛糸、発見できるといいですね。
報告楽しみにしています♪

Re: Satokoさん

Satokoさん、こんばんは♪
楽しみです。
今回は、街をじっくり回るので、期待できるかも?
ウズベキスタンで知り合った人にメールを送ってみました。
返事が来るかな~?
女性なので、うまくコンタクトが取れたら、ぜひ相談して探します。
良い報告ができますように☆
…って、まだ3週間も先なんですけどね(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/440-9a7c7a51

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。