ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウズベキスタン3日目。
ブハラの街でフリータイムです♪


ブハラは、かつてイスラーム世界の文化的中心地として繁栄を誇った街です。
歴史をさかのぼると、ブハラの黄金期は、9世紀のイラン人王朝サーマーン朝に始まります。
13世紀、チンギス=ハンの時代、一度すべてが破壊されますが、復興を遂げます。
現在のブハラの旧市街は、16世紀からほとんど変わっていないそうです。


というわけで、ブハラ。
個人的には『青の都』サマルカンドよりも、ブハラの方が、こじんまりしてギュッと魅力が詰まってて好き。
ほんとに、タイムスリップしちゃった?って感じを味わえます。


古都ブハラ ブハラのイスラーム建築1


イスラーム建築の数々も素晴らしい。しかも人がいない(笑)。


ブハラのイスラーム建築2 ブハラのイスラーム建築の内部の装飾


中には、ここでしか目にすることができない!超レアものもあります。
これ↓です。


中央に人の顔がある、ありえないモスク


どこがレアものなのか、というと、建物正面上真ん中に、人の顔が描いてあるところ。
この建物は、イスラームの寺院=モスクです。
イスラームでは偶像崇拝を禁じているので、人間の姿を書くなんて、絶対のタブーなんです。
キリスト教みたいに、イエスやマリアの像を拝んだりはしないんですね。
だから、イスラームの創始者である、預言者ムハンマドの姿も、一切残っていないんです。
というわけなので、イスラーム世界でこんなものを描いたモスクを見れるのは、ここだけ。


観光客目当てのお店もほとんど空いてなくて、そこがちょっぴりさみしくはあるけれど。
でも、ゆっくり世界遺産を堪能できます。
一日フリータイムってうれしい!
バザールでおいしいものを食べるぞ~(笑)。


ブハラは、本当に小さい街なので、じっくり味わいつくすことができるでしょう。
そして、メールのやり取りをしてきたMadinaに会います。
ブハラ旧市街の中心、ラビ=ハウズという広場の近くでB&Bを経営しているんですって。
この記事がアップされる頃には、再会を果たしているかな?
報告は帰国してから☆






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/450-85f0c3cf

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。