ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日織り上げたマフラーの仕上げをしました。
房を作って…。
縮絨して…。
マフラー2枚分、ちまちま房作りをすると、すっごく!肩がこります。
でも、縮絨してふわふわに仕上がると…、幸せいっぱい~♪


グレンチェックマフラー、ブラウン&グレー1


縮絨後、アイロンをかけてから、採寸しました。
ブラウングラデーションのグレンチェック → 巾30.5cm×丈140cm
グレー&ホワイトグラデーションのグレンチェック → 巾30cm×丈166cm
うーむ…。
経て接ぎをしたら、1枚目の方はかなりたっぷりになったけど、2枚目は最後の柄が…。
なぜだ。
整経する時に、もしかして、ブラウンの方が、短かったのかしら?
うーむ…。


縮絨率は、90~84%ってとこでした。
巾の縮み率と、丈の縮み率が違うんですよね。
ちなみに、今回使ったのは、紡毛糸です。
手編み用の梳毛糸よりも、紡毛糸を使った時の方が、縮絨後の変化が大きい気がします。


この前織ったショールは、梳毛糸を使ってます。

これです、これ。  Pointed Twillウェーブショール1

これは、縮絨後もあまり、寸法は変化しなかったんですよね…。
これに限らないけど、いわゆる「手編み用」の毛糸さん、あえて「紡毛糸」と銘打ってない糸は、変化少ない。
そう思うの、私だけでしょうか?
だから、かなり大胆に60℃くらいの湯にどぷん!と投入しても、あまり心配はないんですよね。
その代わり、ドキドキも少ないっていうか…。


そこへいくと、

(1)手織工房タリフさんのスコットランド紡績糸
(2)アヴリルの2/16ラムウール
(3)手紡ぎの糸
(4)各種紡績糸
(5)工場残糸の各種糸

このへんの糸は、縮絨後の変身っぷリが、超楽しみ!でもあり、こわかったり…。
同じ60℃の湯に投入する時も、いろんな意味でドキドキしますね。
今回もドキドキしました(笑)。
予想以上に縮んでしまったけど、予想以上にふわふわほわほわになったので、満足です♪


さてさて、ウズベキスタンでは、どんな糸に出会えるでしょうか?
手編みがけっこうさかんな国だから、やっぱりそういう毛糸なのかなあ…。
それとも、カーペットを織るための、固い糸なのかなあ…。
願わくば、両方に出会いたいもので、あります。
いよいよ明日!
ウズベキスタンに行ってまいります☆





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/471-36edda92

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。