ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブハラの旧市街の中心部に、ラビ・ハウズとよばれる貯水池を囲む広場があります。
世界遺産に認定されるような、有名なモスクもあり。
それほどでもないけど、いわれのある古いモスクや廟があり。
なかなかおもしろいところです。
このラビ・ハウズ周辺に、スザニ・バザールがあります。


古いイスラーム建築の中に入ると、スザニをはじめとする工芸品がわっと集まっています。


スザニ・ショップ1
スザニ・ショップ2


スザニは、ウズベキスタン各地で作られていて、実は非常にバリエーション豊かです。
でも日本人が好むのは、白や生成りの生地を使ったものらしくて、そういうものを主に見せてくれました。
カラフルなのもおもしろかったけどな~。
自分の部屋に飾るには、ちょっとあわないかもって、やっぱり色ものは敬遠してしまいました。


画像を見るだけで、あの時のわくわく感がよみがえってきます。
残念だったのは、手持ちの現金がもうあまりなかったこと…。
すでに『Bukhara Silk Carpets』で大きな買い物をしていたし。
そして、ブハラの路地の奥の奥にある絨毯工房で、ウズベキスタン・シルクをオトナ買い(!)していたので。
クッションカバーを3枚買うのが、精いっぱいでした~。


手持ちのお金があったら、いろいろ買っていただろうな。
「オカネモチな外国人」丸出しで、そういうの、あんまり好きじゃないけど(苦笑)。
すてきなモチーフがいっぱいで、あれもこれもステキ…で。
でも、また来るから!と、すでに心に決めていたので、我慢しました(笑)。
スザニを買うため、それだけでも、ウズベキスタンに行く価値あり!ですもの☆


でもウズベキスタンを代表する工芸品は、スザニだけではありません。
絨毯を忘れてはいけませんよ~。
今回、オフシーズンであった成果、絨毯工房を思いっきり見せてもらうことができました。
おお!って感じでした。
そして、そこで、探し求めていた糸にめぐり会ったのです…☆
次回は、そのお話を♪








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/477-1ebd4f5f

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。