ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルは、『世界ウルルン滞在記』風にお読みください(笑)。


ウズベキスタンに行く前に、
「(ウズベキスタンにはひつじちゃんがたくさんいるから)ウールの毛糸を買ってきます!」
と、誇らかに宣言した私でしたが、ウズベキスタン・ウールには出会えませんでした…。
その代わり、ウズベキスタン・シルクに出会えました!
じゃん!


ウズベキスタン・シルク


シルクの絨毯を織るための、草木染めのシルクの糸です。
UNESCOの認定?支援?を受けている、草木染めのシルクで絨毯を織っている工房で、買いました。
もー…。
ここに連れて行かれた時には、ホントにびっくりしました。
ブハラの旧市街の、路地を曲がって曲がって曲がって、その奥にありまして…。
Madinaがいなかったら、行けませんでした。
そもそも、ガイドブックには載ってない(←載っていても自力でたどり着けるとは思えない)場所でしたし。


古ーいメドレセ(イスラーム神学校)をそのまま工房にしているところでした。
いくつかの部屋で、女の子たちが絨毯を織っていました。
…この話は、また次回に。


で、あれこれ見せてもらったけど、
「私は、他の物は二の次で、第一の希望は、糸を買うことなんです」
と主張したら(←Madinaに通訳してもらいました)、糸の部屋へ…。


草木染めウズベキスタン・シルク1 絨毯用・草木染めウズベキスタン・シルクの部屋
草木染めウズベキスタン・シルク2


まじ、宝の山…☆
「全部、草木染めなのよ」
と、この工房のマダムは得意そうに語って、隣の染め場も見せてくれました。


ブハラ・絨毯工房の染め場2 ブハラ・絨毯工房の染め場1


いやもう、びっくりしました。
糸も、撚りの甘い太めのふわふわのから、細い細ーい帯を織るような糸まで、千差万別。
目移りしちゃう!
悩みつつも、使いやすそうな太さのを選び、↑の4色を買いました。
あの時はそれで満足!だったのですけど、ああもっと買ってくればよかった…。
帰国して、手の届かないところにいると、再び募る欲望(笑)。
いいの、3年後にもう一回、Madinaに連れて行ってもらうから!


お隣のトルクメニスタンでは、大きなサイズのウールの絨毯がたくさん織られています。
実際、バザールでもたくさん見かけました。
自分たちでも使うでしょうし、外国人にも積極的に売り込んでいました。
でもウズベキスタンでは、ウールの絨毯は、あまり作られていないようです。
自分たちの使う絨毯は、工場の大量生産モノが主流のようです。
伝統的な、手織りの絨毯は、シルクで織られたものばかりでした。


というわけで、ウズベキスタン・ウールにはめぐり会えなかったけれど、草木染めシルクに出会えました♪
ありがとう、Madina!
しかも、このシルク糸のために、コーン巻き機を購入してしまいました(笑)。
糸そのものは、ありえない超安値だったんだけど、高くついたかも!?
コーン巻き機が届いたら、その使い心地もレポートしますね。


では次回は、絨毯工房の様子などを☆






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/479-add9cd9b

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。