ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の伝統展で出会った技、その2です。
鳥取の弓はま絣。
ネットで検索したら、「弓浜絣ではありませんか?」って出てきちゃいました。
でも、高島屋にブースを出していた工房の方は、「弓はま絣」って表示してらしたんですー。


弓はま絣は、タテ絣ではなくて、ヨコ絣です。
なぜこんなにきれいに柄が出るのだ? …魔法?
と思ってしまうくらい、きれいに柄が織りだされていくさまに、目を奪われてしまいました。
こちらが、工房のご主人です。


鳥取 弓はま絣の職人さんと。


こちら、鳥取のごとう絣店という工房を営んでおられるそうな。
検索して、検索して、検索を重ねたら、鳥取県の観光政策課のHPからたどり着くことだができました。
職人肌、とは、こういう方のことを言うのだろうな。
そんな、確固たるこだわりと確かな経験の積み重ねを、言葉の端々から感じました。


実は、私は何もお買い物をしなかったんですけど(笑)。
機を織るご主人の隣に腰掛けて、織りというものについてじっくりお話を聞かせていただくことができました。


緯糸を通して指に当てた時の感触で、その日の気温、湿度の感じ、糸の伸びがわかる。
日本の各地に伝わる織りは、その土地・風土・気候に合わせたものが、受け継がれてきたもの。
地産地消というけれど、織りものだって、ある意味では同じ。
本来は、この地方なら、三河で採れた綿を糸にして織った三河木綿、あるいは知多木綿が、過ごしやすいはず。
弓はま絣も同じ。
山陰の気候風土の中で生まれ、生きてきた織りだ。


鳥取 弓はま絣


藍染にも意味がある。
しっかり芯まで染まった糸には、力がある。
だから、染め屋と、織り屋は、別物。
薄い色のものを織りたいから、浅い染めでいい、というのは素人考え。
筬の密度や、緯糸の打ち込み具合で調節すればいい。
それが、織り職人の仕事。


木綿は日常着。
柄を合わせるために、糸に無理をさせて、着心地の悪い布を織るのは、それは本末転倒。
糸の呼吸に合わせて、多少柄がずれても、着心地のいい布を織り上げることが、生きる布を作るということ。
布は使ってこそ生きて、完成されるもの。
職人の仕事は、全体の8割。
残りの2割は、布を身に付ける人、着る人が、洗って、干して、手入れをして、仕上げてくれる。
だから、同じ布でも、使う人が違えば、違った完成の姿になる。


弓はま絣は、洗いを重ねて、使いこめば使いこむほどに、しなやかにやわらかになる。
さわってごらんなさい、と、ご主人は、作務衣の袖を差しだしてくれました。
ぎゅっと握らせてもらったその木綿の作務衣は、信じられないくらいしっとりとした手触りでした。
何年も、何年も生きる職人の技。
親子2代にわたって使うんなら100年生きる布を作らなくちゃあいけない。


今を急ぐのではなく、もっと先にあるものを見つめて、地に足のついた織りをしている職人さん。
うまく言葉では表せないけれど、ハッとさせられる、何かがありました。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/494-8602c96a

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。