ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、織ってます。
楽しい、楽しいだけで織っていられることって、幸せなことなんだろうなあ、と思う今日この頃。


シルク網代織りのショール、織り途中!


織り作家さんって、すごいなあと思います。
「売れる」作品を作り「続けている」わけですから…。
これは、言うよりもっともっとすごいことです。
「継続は力なり」と言うけれども、
「継続するにはたゆまぬ努力が必要」なのですから。


じゃあ振り返って自分は…?


正直、ちょっと織れるようになったころには、
「売れるものを作りたい」
と、織り作家になることを夢見るようなことを考えていました。
「井の中の蛙、大海を知らず」とはよく言ったものでして…。
身の程を知らずに、なんだかガツガツしていました。


でも、織りを始めて6年が過ぎた今、そういう自分を思い返すと、なんとも恥ずかしい!
「売れるもの」になるかどうかは、自分が決めることではないのですよね。
それは、自分の作品を見てくださった方が決めること。
もちろん、見ていただく機会を作るために、売り込みをすることももちろん大切。
…とわかっているけど、うーん、今の自分としては、まだまだっ(笑)。


もっと修行をせねばならないなあ、とまじめに思っています。
はい。


今の私にとって「織り」「染め」「紡ぎ」「編み物」のいずれも、好きだから学んでいるまっただ中。
もっともっと、いろんなものを織れるようになりたいし。
もっともっと、織りの技術を学びたい。
自分の着たい服地を織りたい。
母や自分のマフラーを織りたい。
コート用の服地を織りたい、とか
家族のために、インテリアのものを織りたい、とか。
大好きな糸を、何か形あるものにしたい、とか…、そんな感じ。


その先に、何かあるのかもしれませんが、まだ「その先」は、想像もできないですねー(笑)。
まあそれでいいのかな、と。
先を焦るのではなく、今の一歩一歩を大切にすることが、10年先、20年先の自分につながればいいな、と。
そんな風に思うようになりました。
リキんでいたものが、すっと肩から消えて、とっても楽な気持ちです。


考えてみれば、今の仕事(本業)だって、かれこれ16年になるわけで。
16年かけて、やっと、私スタイル、みたいなものにたどり着きかけたかな…?って段階なわけで。
そう考えると、たかだか6年で、なにバタバタしてんだよーって、笑っちゃいますね。
あはは。
さーて、シルクのショール、あと少しだからがんばろっと。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/503-d9a3e283

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。