ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、購入した、ラオスのレンテン族の手織り布…。 ラオスの布に一目惚れ!


ほんのり、藍の香りが漂います。
う~ん!
初めて藍染を体験した時は、こんなにすごい匂いがするのか!!と、腰がひけたものですが(笑)。
今は、このクセのある香りに、「味わいがあるなあ~」という感想を持ってしまう私です。
好きになってしまえば、なんでもあり、ってことでしょうか?


もともと、数年前からラオスの布に惚れ込んでいまして。
こんな本を、愛読しております。


ラオスの布を楽しむ (布楽人双書)ラオスの布を楽しむ (布楽人双書)
(2006/12)
チャンタソン インタヴォン、普後 均 他

商品詳細を見る



超!超!!おススメです!!!


さて、布との出会いのお話に戻ります。
このすてきな布と初めて出会ったのは、名古屋市内のとあるギャラリー。
『シャカの昼寝 その12』展。
ギャラリー入り口正面の壁に、掛けられていました。
目が、吸い寄せられました。


天地が、そうですね、120cmくらい。
そして、横幅が、160cmくらいで、筒状に縫い合わされていたのです。
ラオスの民族衣装、巻きスカートのような、シン。
あれかな…? と思いました。


二回目は、名古屋市近郊のギャラリー。


雨の恵み vol.3


『雨の恵み vol.3』という企画展でした。
『シャカの昼寝 その12』展 と、同じ方が企画をされたものでした。


ラオスの布に惚れ込んで、自らラオスの山岳地帯に分け入って、買い付けをなさるのだそうです。
もう10年以上…。
すごい、あこがれてしまいます。
彼女の確かな目で選び抜かれた布は、どれも素晴らしいものばかりでした。


シンプルな平織りもあり。
ほとんど黒になるまで染め重ねた藍染めの布があり。
考えられないくらい、複雑で繊細な、つづれ織りがあったり。
そこにかけられた手間と時間を考えると、気が遠くなりそう…。
日本にいながらにして、こんな工芸品を手にすることができるなんて、ほんとに幸せな空間でした。


訪ねて行かれた村の動画も、見せていただくことができました。
綿花から種を取って。
綿を、手で、からからと糸車を回しながら、に紡いで。
川辺で藍だてをして、染めて。
それを織り上げて…。


それはすてきな光景でした。
日本は、便利で「ゆたか」だけど、違う「ゆたかさ」がそこにはあって。
ないものねだりかもしれませんが。
ほんとに、すてきだなと思いました。


ラオス、行きたいなあ。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

はじめまして。
見てくださってありがとうございます。
名古屋在住なので、なかなか東京には行けないですが…。
でも、上京する機会があれば、ぜひと思います。
すてきな情報ありがとうございました。早速HPに行ってみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/544-bfb5edf2

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。