ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、糸の町にいってきました。
私の住む県は、もともと繊維産業のさかんだったところです。
今は、繊維産業は中国に持っていかれて、すっかり廃れてしまったと聞いていました。
でも、知り合った方から

「一宮の真清田神社のまわりに、昔ながらの毛糸を扱う通りがある」

と教えていただいて、行きたい気持ちがうずうずしていました。
というわけで、今日の午後、思い切って出かけてみました。
知らない間に高速道路が延びていて、自宅から1時間もかからずに着いてしまいました!

一軒だけ、結構名の知れたお店を知っていたので、そこを目印にいってみると…。
ありました。
毛糸を扱っている、小さな小さなお店の並んだ通りが…。
一軒当たり、間口四間分くらいだったでしょうか。
小さなお店に、おかあさんが座っていて、きっとお客さんが2人も来たらいっぱいになるくらい。

かわいい糸がいっぱい!
何気なくお店をのぞくと、お店のおかあさんに、ひょいと声をかけられました。
「どんな糸が欲しいんだね?」
う~ん。
私は、何を作ろうと決めて糸を買うのではなく、糸に惚れこんで買ってしまう人。
「どんな糸が欲しいのかいってくれたら、どの棚にあるか教えてあげるよ」

そうですねえ…。
ウールのものが好きで、化繊はあまり好きじゃないんです。
モヘアも好きだけど、段染めとか複雑なのが好き…。
天然素材の、きれいな色の糸がいいですね…。
編み物もするけど、織りがメインなんです…。
なんて話していたら、あっちこっちのステキな糸が目に入りました。
あれこれさわっていると、かせを引っ張り出してあれもこれも、たくさん見せてくれました。

「これはシルケットの綿だからね、光沢がいいんだよ」
「小さなループがあるけどね、これは毛100%。こうやってしごいてもループが動かないだろう?織りの経糸にも使えるよ」
「モヘアもね、こっちは細いけど、向こうは太いね。これはノットが入ってておもしろいよ」
「あそこの棚は、シルクとキッドモヘア。いい糸だよ」

目移りしすぎて…。
あれもこれも欲しくなるけれど、偵察気分だったので、お金の持ち合わせはあんまりなくて。
うんとうんと選んで、これ!と思うものをいくつか、選びました。

虹色の麻糸段染めループ糸

普通のお店で買うことを考えると、とてもお安い。
それよりも何よりも、糸を扱うおかあさんたちとのおしゃべりが楽しかったです。
糸を長く扱ってきたおかあさんたち。
糸を編んだ見本とか、マフラーとか、帽子とか、置いてありました。
糸に詳しいおかあさん。
糸を大切に扱うおかあさん。
そういう方たちに出会えて、おしゃべりして、糸の魅力を教えてもらって。
その時間がとっても楽しかったです

ただ、やっぱり、糸の町はとっても寂れた感じで。
シャッターを閉めているお店のほうが多かったし。
今日がたまたまそうだったのか、いつもこうなのか…。
私が使ったお金なんて、ほんの少しなんだけど。
おかあさんたちの懐をあたためて、糸の町を支える一助になればいいなあって思いました。

今度行く時は、本気で買い物をするつもりで、お財布にお金を入れて行こう♪


ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

毛糸やさんのおかあさんの糸を愛しているようすが伝わってきて、とても素敵な記事でした。
先日テレビのニュースで、糸の風合いをより良くするために撚りをゆっくりかけることにした国内の紡績工場のことが紹介されていました。
そして、服地メーカーだとその糸の魅力を十分に出し切ってくれないので、織って製品にするのも自分たちですることにした、とも。
こうしてこだわって作るのが、中国などに対抗する道だと。
何だか大きい工場の製品も、自分達のやっていることとつながっている気がして、とてもうれしくなったのでした。
そんな話をこのおかあさんの記事から思い出しました。

Re: kauriさん

ありがとうございます。
おかあさんたちの雰囲気が伝わって、それが何よりうれしいです。

本当に小さいお店で、長屋に露天がくっついているようなお店ばかりでした。
吹きっさらしで、これは冬は寒いだろうなあ…と、おかあさんたちが心配になるほど。
おかあさんたちは、糸のことを本当によくわかっていて、大事にしてくれているんです。
あれもこれも買いな、ではなくて、本当に欲しい糸を一緒に探してくれる感じ?
ステキな出会いでした。
お年を召した方ばかりだったので、このお母さんに何かあれば、お店がなくなるのでは…と心配になってしまうお店ばかり。

kauriさんの教えてくださった繊維企業、ステキですね!
日本って、元来、そんな風にこだわりのモノづくりの国だったと思うのです。
安い海外製品に頼るのではなくて、地元で脈々と受け継がれてきた産業に焦点を当てて、モノづくり日本の再生をめざしたいですよね。
おっと、大きな話になってしまいました(苦笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/55-e58ff6a8

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。