ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マット織りの準備のために、テーブルルームに経糸を張りました。

マット織りの準備

ピーター・コリンウッドのマット織りの講習を受けることになりまして…。
リジットを使おうかと思ったのですが、テーブルルームを使ってみることにしました。
シャクトスピンドル社のテーブルルーム、40cm幅です。
今回、初!使用です♪

小さくてコンパクトな機なので、非常に機ごしらえが楽でした。
まあただ、コンパクトすぎて、頼りない感じがしなくも無い…。
経糸をワープビームに巻き取る時、歯車でカッチンってスティックを留めますよね?
あの留め具合がいまいちよくなくて、経糸がゆるむんです。
実際に織る時は、布ガムテープでも使って留めるか?と、思案中です。

前に使っていた、ルクルーク社のアーティサットと同じく金綜絖なんですが。
その形がまた違っていて、通す時、ちょっと違うコツがいる感じでした。
うーむ、おもしろい。

機ごしらえって、けっこう面倒くさい作業だと思うんです。
ま、実際、お手軽とは言い難いですよね(苦笑)。
でも、不思議なことに、心を鎮める効果があるような気がするんですよ…。
これって、私だけでしょうか?

日々あれこれ、いろんなことがあると、気持ちがささくれ立っていくじゃないですか。
でも、ふと手を止めて、雑多なことを忘れて、
「次は何を織ろうかな…」とか。
「あの組織図で織る時、どの糸を使おうか…」とか。
「機ごしらえをするなら、この手順にしてみたらけっこう楽じゃないかな…」とか。
そういうことを考えていると、不思議と心が凪いでいくのですよね。

今回は、マット織りといっても、サンプル作品用。
15羽(60羽の筬を使って3目おきに通しました)で、経糸35本。
筬通し幅は23.3cmになるんでしょうかね。
ちょうど、このテーブルルームで織りやすい幅です。

今週末に一回目の講習をしていただく予定。
先に習っているお友達が教えに来てくださるんです♪
実際に織る時のことを想像するだけで、わくわくします。うふふ。


ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

こんばんは~

お! 準備万端ですね。
テーブルルームにされたのですね。
リジットよりかなり作業が楽な気がします。

一緒に楽しみましょうね♪
今日、ブログにサンプルをアップしましたので、みてくださいね。

Re: Candyさん

こんばんは。
はい、準備しました♪
リジット40cmが貸し出し中だし。60cmのは、マットのサンプル織りには大きすぎるので、テーブルルームくんにご登場願いました。
リジットだと、動かないテーブルが必要ですからね~。
はなさんも、テーブルルームでサンプルを織ってみえたので、この方がいいかなって。

サンプルも見に行きますね。楽しみです~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/56-720719aa

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。