ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こひつじちゃんたち


とんと、ブログはご無沙汰でした。おひさしぶりですー。
「体調悪かったの?」
と、リアルに知っている方からもご心配いただきまして、やーこれはまずいかも、と、更新しています(汗)。
はい、いたって元気です。
ただ、めっきりパソコンとは距離を置いてて、読書と仕事三昧だったという…。
織ってましたけど、その作品については、またおいおいご紹介させていただきます。


で。タイトルに挙げてしまいました、「オーダーをお断りした理由」
んー、近況報告にふさわしいタイトルじゃないなーと思ったんですけど。
これにかかわるあれこれに決着がついたことが、ブログ更新のきっかけになったので。
覚え書きっていうんじゃないですけど、タイトルに持ってきました。


かなり、苦い、そして、痛い思いいっぱいの、そんなあれこれでした。
でも、織りや染めと、自分がどんなふうにかかわっていきたいのか、それを考えるいい機会にはなりました。
そういう意味では、よかったと思います。


私はたぶん、「染織作家」とか「クリエイター」と呼ばれる人たちを目指すことはないんだろうな、と。
そんなふうに、考えています。
だって、ピアノを習った人、みんながピアニストを目指すわけじゃないでしょう?
音楽が、あるいは、ピアノが好きだから、弾けるようになりたいと思うから、習うんでしょう?
私は、「織れる」ようになりたいから、学んでいるんだなと思いました。
いまさらか!って感じですけど(笑)。


欲を言えば、作品にお値段がついて、それを喜んで買って下さる方がいる、そうなったらいいなとは思います。
いつかは、ね。
うーん、そんな日が来るのだろうかー…。
今の自分が目標とするのは、お世話になっている先生に、胸を張って見せられる作品を作ること。
先生の眼鏡にかなわない作品しか生み出せないようでは、ダメだと思ってます。
かなり高いハードルですが。たは。


やっぱり、そのためには、作り手として、作品の一つ一つに、妥協をしないこと。プライドを持つこと。
それって、必須だな、と思うようになりました。
ううん、思いを強くしました、かな。
タイトルの「オーダー…」にまつわるいざこざは、そういう葛藤との戦いでもありました。


私は、うまく言えませんが、妥協を求められていたのです。
あなたは、所詮、趣味でやっているんでしょう、お金を出してあげるんだから、これくらいは…と。
でも、結論から言うと、私は、妥協できませんでした。
だから、お断りしました。


きっと、傍目には、私の方が意固地で、そして生意気に見えたことと思います。
でも。
生意気だと思われてもいい、そう思えたし、いっそすがすがしくもありました。
私なりの、譲れない一線、とでもいうのでしょうか。
そういう何かが見えた気が、しました。


ともあれ。
そんなこんなで、9月のという仕事のピークを越えて、10月入りです。
ぼちぼち、また、いろんなことを書いていくと思います。
よろしくお願いします。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
オーダー・・・難しいですね。
染めた色がとても綺麗だったのでコメント残したくなりました。また見にきます。

Re: セイジさん

セイジさん、はじめまして。見てくださってありがとうございます。
うまい言葉で書けなかったのですが、難しいなあと感じ入る出来事でした。
染めた糸を気に入ってくださってありがとうございます。
草木染めは、けっこうガッツがいりますが、なんだか晴れ晴れするので、好きです。
素材が手に入ったら、また染めます。
見て下さるとうれしいです。

分かるよ~

私も基本的にはオーダーは受けません。
というかオーダー受けても
オーダー通りにはできないのです。
色だっていろいろその日の気分で自分の色を入れたくなるし、
サイズだって・・。
ひとつとして同じものはできやしない。
服なんて、左右対称にさえできないのです。
それを私の個性と言い放しております。
作家がオーダーを受けるか受けないかは
別問題だと思います。
やっぱり楽しく織らないといいものはできない。
気持ちが作品に出てきます。

Re: ゆうさん

ゆうさん、こんにちは。
すっかりご無沙汰してしまって…。
お変わりありませんか?

私も、オーダーなんて、家族のもの以外は受けたことなかったんですが…。
経験したことのない、心の通じ合えなさ?を、感じました。
痛かったです。

ゆうさんの織りは、ゆうさんのセンスや世界あってのものですよね。
ずっと以前にワンピースを譲っていただければとお話をしたかもしれませんが、
あの、何か混沌とした感じの、でもその中に爽やかさのある色が、大好きでした。
あれは、同じものは二度とは作れないですよねえ…。

それもこれも、楽しいから、楽しんでいるから、出るもの。
楽しく、いとおしく作ったものには、その気持ちが伝わる方の手元へ。
贅沢ですが、そう願わずにはいられません
自分の根っこにある、作品への思いの深さがわかったので、よかったです。気を取り直してがんばります!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/560-441caa75

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。