ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月いっぱいかかって、ランナーを2種、織り上げました。
カレリアンレースです。


カレリアンレースのランナー2種


いずれも、サイズは巾31.5cm、茜の方がちょっぴり長いけど、いずれも丈は120cm強。
50羽の筬を使って、そうですね、中細くらいの綿麻の糸を、強めに打ちこみました。
だから、大きさのわりにずしっとします。140g程度。
ランナーだから、軽くてズレやすいものよりも、このくらいしっかりしたものの方がいいのかな。
作品をひとつ仕上げるたび、学ぶことが多いです。


今回使った、カレリアンレースという技法は、平織りのうつくしさが、命です。
だから、かなり気をつかって織りました。
経糸と緯糸のバランスがきれいにそろうように…と。
その点は、とても満足。
半分にたたむと、なんと!それぞれの四角形が、ずれることなく重なるんです…。ふふふ。
我ながら、でかした!って感じ。


画像をアップにしてみますと、四角形の大きさが違うのが、わかります。


カレリアンレースのランナー 拡大


緯糸が茜色の方が、平織り部分が正方形に近く、経糸・緯糸ともに生成りの方は、長方形です。
少し変えただけで。印象って変わりますね。
緯糸の色による違いも、そんなに深く考えていなかった分、おもしろく感じます。
片方をキッチンのカウンターに、もう片方を玄関の下駄箱の上に、と思って作りました。
生成りの方が、目にやさしいかな。
きっと、過ごす時間の多いLDKの一角に、この生成りのランナーが安らぎの空間をもたらすことでしょう…。
(『劇的!ビフォーアフター』のナレーションふうにお読みください・笑)


全体的には、満足。
もちろん、反省点もいくつか。


まず、みみが、いまいちきれいにそろっていないこと。
生成りの方は、あまり目立ちませんが、緯糸を茜色にした方は、ちょーっと気になる感じ…。
あと、仕上げで大ミスをしました…。
オリエンタルプレイトで端を仕上げた時、寝ぼけてたんですよ、少し。
で。
糸をおかしなところに通して、あれ間違った、あれ?あれ??あれれ???
…収拾がつかなくなり、ええ、ぱっと見にはわかりませんが、よく見ればわかる残念な一部分が…。


画竜点睛を欠く、という故事成語の意味を、深く深く感じ入る出来事でした。
今度から、眠くなったら、どんなに早く仕上げたくても、もう絶対に作業はやらないぞ。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

かわいいね~~~
茜って 本当に 色んな色合いがでるので 面白いですね
私は ウールでオレンジに近い色だったので  良い色ですね
ランナーは持ったない気もするけど ベストも面白そうですね

Re: gaboさん

gaboさん、こんにちは。
自分でも、機から下ろした時、つい、「かわいい~~~」と声をあげてしまいました。
まさに、自画自賛(笑)。

言葉足らずでごめんなさいなのが、この「茜色」は、自分で染めた糸じゃないという事実…。
某メーカーが昔々に販売していた、「草木」というシリーズの「茜色」でした。
種明かししちゃいました~。
ウールとシルクの茜染めは、したことがあります。
同じ茜でも、「日本茜」「インド茜」「西洋茜」「ネパール茜」で、明確に発色が違うのは衝撃的でした。
gaboさんの糸がオレンジっぽく染まったのなら、西洋茜だったのかもしれませんね。
ベストもいいなあ~。
秋冬は、インテリアファブリックよりも、巻き物・羽織り物が織りたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/565-ab98ba12

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。