ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Laila Lundellの『Stora vävboken』を、手に取る機会を得ました。
スウェーデン語の原書です。
日本語に訳すと、『大きい織りの本』なのかな?
Amazonで、『The Big Book of Weaving 』というタイトルで、英語版が手に入ります。


The Big Book of Weaving: Handweaving in the Swedish Tradition: Techniques, Patterns, Designs and MaterialsThe Big Book of Weaving: Handweaving in the Swedish Tradition: Techniques, Patterns, Designs and Materials
(2008/05)
Laila Lundell、Elisabeth Windesjo 他

商品詳細を見る



同じタイトルで表紙の違う本もありますけど、出版社が違うだけで内容はほぼ同じです。
で、私が今回手にしたのは、スウェーデンの原書です。


こちらStora vävboken


びっくりしたことに、暑さがだいぶ違う!
ページ数にすると、100ページくらい、原書の方が多いんです。
スウェーデン語なんて全然読めないんですけど(苦笑)、読み進むと、違いは歴然。
紹介されている作品数が、違うんですよ。
見たことのない作品が、いっぱい。どれもかわいかったです。
どうして英語版を出す時に、作品数を削ってしまったのかな? …もったいない…。


テクニックの説明や、機ごしらえの手順などは原書通り。
むしろ、英語版の方が、親切かも。
モノクロのイラストが、二色になってて、機ごしらえの手順がとてもわかりやすい。
買ったばかりの頃は、作品ばかりを見てましたけど。
巻末部分の解説が、とても実用的であることに、改めて気付かされました。
たとえば、リップスやローセンゴンを織る時の緯糸の入れ方のコツとか。
機ごしらえの時の、糸の準備の仕方とか、綾の取り方とか。


紹介されている機は、天秤式だけど、機が違っても、そういう手順やコツは共通ですものね。
うん、いい本だあ。
もうしばらく、じっくり読み比べて、楽しむとしましょう。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

これお薦めですよ  私も持ってます
洋物より織りは一緒なので 綜絖や筬もわかりやすいし
米のヤード系 筬目だすのが 少し苦手かも。。。。
色々教えてね(^_-)-☆

Re: gaboさん

gaboさん、こんにちは。
わかりやすくていい本ですよね。
確かに私も、アメリカのヤードやフィートを計算し直すのは苦手です…。
作品例とか、参考書として頼りにしたい一冊、かな。
お教室であれこれ学んだ今の方が、ああ!とわかることが多くて、役立ちます。
もっともっと勉強しなくちゃーと思います…。

拝見してたら
随分と迷いましたが
別の洋書クリックしてしまいました
明後日には届きます

だけど紹介くださっている洋書もクリックしてしまいそう
手にとってみないとわからないので
紹介してくださってありがたいです(^^)
ありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: tsubomi@井上さん

tsubomiさん、こんにちは。ご無沙汰してます。
洋書は、表紙がうつくしくて買いたくなるけど、
内容がわからなくて二の足を踏みますよね…。

何の本を買われたのでしょう?
届くまでわくわくドキドキですよね。
すてきな本だったら、ぜひ紹介して下さい。

Re:

こんにちは、はじめまして。
見てくださってありがとうございます。

ご指摘の通り、旧版なんですよね。言葉足らずでした。
旧版には掲載されていない作品が、英語版には掲載されているので、
おそらく、英語版の『The Big Book of Weaving』は、新版の翻訳なのだと思います。
でも、旧版掲載の作品も、カットするには惜しいものばかりなんです。もったいない…。

時代に合わせてリニューアルしたという話を聞きましたが、
古いデザインならではの、おもしろさ・美しさ・伝統の生かされ方があると思うので、
旧版を新版、出来れば両方持っていたいなあと、贅沢なことを思ってしまいます。
Amazonの、表紙の違う『The Big Book of Weaving』は、出版社と表紙が違うだけで、
中身は同じです。友人と比べっこをしました(笑)。

ぼちぼち、これからも続けて行くと思います。
見守っていただけたら、うれしいです。ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/575-8a20e5de

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。