ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お教室で、裂き織りの大きなマットに取り掛かかりました。
予定サイズは、巾86cm×丈200cm。
こんな大きいもの、織ったことがありません。
なおかつ、本格的な裂き織りも、初めてです。


「裂き布は、シーツ何枚分用意すればいいんでしょうか?」
見当もつかない私が、先生にお聞きすると
「余って困ることはないから、できるだけたくさん。そのサイズなら、2kgは必要かもしれないですね」
…まじ?
じ、自宅にある古シーツだけでは足りないかも、と思って、ほんとにたくさん集めました!
そして、古シーツさんたちは、今、こんな↓状態になっています。


裂き織りの準備


シーツだけじゃなくて、よくわからないプリント生地もありまして。
なかなかおもしろいメンツになりました。
この画像↑だけで、1.5kg弱、あります
裂いて、縫い合わせて、毛糸玉のようにぐるぐると巻きました。


実際に織ってみないと、布を裂く巾を決めることができなかったんです。
なので、織り始めたその日は、裂きながら、角の部分は折り込みながら、織りました。
でも残念ながら、どんなに丁寧に折り込んだつもりでも、ぽこぽことはみ出し布が出てしまう…。
ほかの生徒さんからのアドバイスもあり、上↑のように、布テープを作ることにしました。
…いや、たいへんでしたとも…。


布を裂く作業は、爽快!のひとことなんですけど。
裂き布の本数は、100本を軽く超える感じでして…(←誇張してませんから!)。
ミシンが得意じゃない私でも、裂き布の山を見て、手縫いは無理だと悟らざるを得ませんでした。
裂き布をミシンで縫い合わせ、処理する作業は、まるで女工さん…(涙)。
でも、


「そのひと手間をかけるとねえ、きれいに織り上がるよ~」


と、アドバイスして下さったYさんの顔を思い出して、がんばりました。
実際、裂きながら、折り込みながらの作業は神経を遣うし。
ならここでがんばっておくか!織りに集中できるし!と、自分に言い聞かせて。
いや~…。
裂き織りは、甘くないです(苦笑)。
裂き織りマット専門の本、とかあるんですけど。
作品を見る目が、変わっちゃいますね。こんなに手間ひまかかってるんだ~って。


ま、とにもかくにも「はじめての裂き織り」なので、欲をかく余裕はありません!
デザインも、いたってシンプル。
ボックスシーツ半面分を織り上げるたびに、違う色に変えて、織るだけです。
2/2綾で、厚みを出して、寝転がった時に、ぽてっとした感触になればいいなあ、と、それくらい。
布がもともとも持っていた表情が、裂き布になって、意外な新しい顔を見せてくれます。
第一作目は、たいへんさを学び、楽しみを知ることができれば、それでいいかな。
週末が楽しみだ!







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/583-3b01d594

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。