ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マット2枚、織り上げました。
機から下ろしました…。


パターンのローセンゴンマット バリエーションのローセンゴン2枚目


勢いで織っていたので、織り上げた今は、放心状態。
織り上げるまでの、あと少し、あと少しという、よくわからない勢いが、ぷしゅーっと抜けました。
我ながら、がんばった。


1枚目(画像左)は、機上174cmまで織れました。
2枚目(画像右)は、機上117cmでした。
本当に、綜絖枠が納められたキャッスルの手前までバックビームを引きよせて、
筬の手前、板杼が入るぎりぎりまで、緯糸を入れました。
最後の無駄糸は、まとめておいて、何かといろいろ利用するので、「無駄」にはなりません。
タコ糸って、使い出があるんですよ。


そうそう、忘れないうちに書いておきたい。
今回のマット織りで役に立ったのが、スキー(ラグ)シャトル、そして、H型スキーシャトル。
ワークショップ 金の羊さんのカタログやウェブショップでも扱われています。
これ、マット織りには、絶大な力を発揮します。
経糸の上を、しゃーっ!とすべるんですよ。
ただし、細い糸には使えないので、並太以上の細い糸に限定、ですけれど。
巾の広いマットを織るには、これ、絶対に必要だと思いました。
おススメです。


さて、ここから、房始末が私を待っています。
オリエンタルプレイトで仕上げるので、時間かかるぞ~。
でも、手間ひまをかけた分、うつくしい仕上がりになるし、しっかりするので、やりがいがあります。
でも今日は、もうやらない(笑)。
明日、明日以降にやります。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
大型マット2枚、お疲れ様でした♪
オリエンタルブレードはやったことが無いので興味があります。
端っこの尻尾が可愛いですよね。
昔行ってた織物教室ではラグの糸端は穴あき目うちで織り地の中に引き込んでいました。

H型のシャトルは持っているのですが
そりの上に角が生えた形のは持っていません。
H型よりたくさん巻けそうに見えます。
買ってみようかな。
作業の効率を考えると2つくらいあったほうがいいでしょうか?

Re: むいむいさん

むいむいさん、こんにちは。
オリエンタルプレイトは、私も今のお教室で初めて学びました。
編み込んで、縫い込んで始末する、という技法です。

スキーシャトルもH型スキーシャトルも、あると便利ですが、値が張ります…。
2色以上の大きなマットを織る時になったら、購入を検討する、くらいでいいかも。
50cmくらいの幅だったら、ふつうの板杼で十分だと思います。

素敵ですね~。こんなのがお部屋にあったら、ゴキゲンに暮らせそう。
年が明けたら私も織りを習いに行きたいと思っています。
いつかこういうのを織ってみたいな。

Re: すぎもとさん

すぎもとさん、こんにちは。
居間には裂き織りマット、このマットは仕上がり次第、ベッドサイドに敷くつもりです。
想像しただけで、私もゴキゲンです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/613-e806ce9b

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。