ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、2011年の心残り(!)について。
買うのを躊躇したために、買い逃してしまった感じがするのが、この本です。
入荷予定がけっこう先なんですよ!
Amazonって、こういう時、洋書だと「入荷できませんでした」ってなることがあるんですよね。くう~。


The Fleece & Fiber Sourcebook: More Than 200 Fibers from Animal to Spun YarnThe Fleece & Fiber Sourcebook: More Than 200 Fibers from Animal to Spun Yarn
(2011/06)
Deborah Robson、Carol Ekarius 他

商品詳細を見る



この本も カカラウールワークスで紹介されていて、カカラさんで買うつもりでした。
…が。
迷っているうちに品切れ。
Amazonでも、入荷待ちという名前の「品切れ」。
…ちっ。


そんなに本が好きなのか、と言われたら、好きですよ答えます。
何度も書いてますが、洋書って、よほどの人気の本とかロングセラーでない限り、タイミングを逃すと手に入れられない(=読む機会を失う)ことって、多いんですもん。
じゃあためらわずに買えばよかったのですが、迷ったのが、これはおそらくスピナー向きの本だから。
私は、ウィーバーです。
スピニングの勉強をしているけど、スピナーを名乗ることなんて、とてもとても…。
紡ぐことを勉強し続けたいと思うけど、深く踏み込むところまで、まだ腹が決まってない、それが正直な気持ち。


というのは、「織るために」が、やっぱり前提に来るからなのです。
うつくしい布、心地よい布を織るひとつの方法として、スピニング、ホームスパンを考えるからなのですね。
たとえば、手紡ぎの糸と、機械紡績の糸を一緒に使うことに、全然抵抗はないし。
糸を上手に紡げなくても、楽しければ、心地よければいいかな、と思っています。
(でももっと深く勉強したら、もっと欲が出るかもしれないけど…)


だから、『Fleece & Fiber』は、ひつじちゃんたちのことをもっと知るためには見たかったけど…。
買うのをためらってしまったわけですね。
あー、どうしよう。
2012年に、再入荷したらいいんですけどー。
年の瀬に、心残りを作ってしまいました。とほほ。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

3月のヒツジパレットで、ポンタさんの羊毛素材学(だったかな?)を受けたいと思っているので、少し予習しようと注文しました。
私もAmazonで苦い経験が何回かあるので届くまでドキドキですけど、実家から自宅に戻る頃に着くようなので楽しみです。
年末年始、お元気でお過ごしください。

Re: すぎもとさん

すぎもとさん、こんにちは。
注文されました? うわー、見せていただきたい…。
お礼に、我が家の本棚を開放しますので(笑)。
ほんとに、年が明けたら遊びにいらして下さいよー。
ヒツジパレットも行きたいし、スピナッツも届いて、うきうきわくわくの2012年になりそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/632-a5359159

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。