ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お正月に、玄関に飾ってあったお花です。
寒い季節は、こまめにお水を替えてあげると、お花ももちますね。
このひと枝が最後になってしまいましたが…。
もうあと何日かは、がんばって花を咲かせ続けてくれそうです。


hana


この週末、ふと思い立って、あちこちを片づけました。
プチ断舎利です(笑)。
思い切ってモノを捨てるって、けっこう勇気がいりますよ。
古い年賀状とか、文集とか、声の感じられる思いでグッズって、絶対に私には無理…。


でも、昨年のお引っ越し以来、服とか小物とかは、意外と思い切って処分できるようになりました。
注・ただし、既製品に限る!
手編みのセーターとか、みなさんどうなさってるんでしょう。
昔むかーしに編んだセーターって、糸が太くて、重たくて、でもいい糸なので捨てられないんですよ。
じゃあほどくかっていうと、それがまた手間がハンパないことがわかっているので、手がつけられない…。
手編みのセーターほどきますとか、そういうお仕事って意外と重要あるかも…?


既製品の服といえば、NHKの朝ドラ「カーネーション」。
主人公の糸子が、レディーメイド(既製品)の服の仕事を打診されて、こんなことを言うんですよね。

「それ、うちらの商売(オーダーメイドの服作り)と真逆のことやん。
 どこのだれが着るかわからんものを、作るんやで?
 売れればいいっちゅう感じで、なんや情がないわ」


既製品(レディーメイド)の服には、情がない。
そこなんですよ。
情がないとは言わないけど、そう、情が薄く感じられる…。


逆に言うと、手作りのものには、情があふれんばかりに詰まっているわけですよ。
この「情」とか「声」の詰まったものは、あだやおろそかに処分なんて、絶対に!できません。
そして、情のこもった「手作りのモノ」には、心を惹きつけてやまない何かが、ある。
…で、私みたいなのが、カモになるわけですよ(笑)。
でも、私にしてみると、カモにしてくれて、ありがとう♪って思ってるわけで。
本気の断舎利は、絶対にできませんなー。
いやいや、道は険しいですぞ。








ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/651-24883693

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。