ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きなブランケットの経糸を、ジャックルームにかけました。
整経長は、550㎝。
しかも、いかにもさばきの悪そう~な、紡毛糸。
…嫌な予感、的中。
経て巻きは、本当に、本当に!!たいへんでした…。
でも、巻き終わったところは、すっごくきれいなので、疲れも吹っ飛ぶ感じ。


大きなブランケットの経糸全景


大きさをわかっていただくために、30㎝物差しを置いてみました。
う~ん、大きい。幅広ですねえ。
これを2枚はぎ合わせようっていうんだから、どれだけ…って、自分でも首をかしげちゃいますけど(笑)。
でもやっぱり、縮絨後に縮むことが心配なので、大きく織ります。


経て巻きに四苦八苦するのは、おそらく、今の機ごしらえのやり方に問題があるんです。
おそらく、ラドル(粗筬)を使って経糸を巻けば、もっと楽に糸は通ると、わかっちゃいるんです。
わかっちゃいるけど、身体になじんだやり方って、なかなか変えられないんですよね。
うーん。
でも、今回、ほんとうに四苦八苦しながら経て巻きして、あらためてジャックルームの構造を見て…。
もしかしたら、こんなふうにもできるかな…?って、思うところも出てきましたので、次回、試みてみます。
なにごとも、やってみなくては、ね。


前付けまでやりましたし、あとは、織るのみ!
くどいようですが、整経長が550㎝なので、長丁場になりそうですけど。
そこそこ太い糸を使うので、もしかしたら、予想外の早さになるかもですけど。
まー、織ってみませんとね。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

やること 早いですね
私も粗オサはなくても平気な人です
経糸の巻き方は 色々あるので いいとこ取りで
倍幅織りすれば 済むのに キット出来ると思います
無理しないでくださいね
織りたい時って本当にあるけど 後が辛いから
気をつけてね

Re: gaboさん

gaboさん、気遣って下さってありがとうございます。
実は、明日はお休みなので、ちょっとこっちにエンジンかかってしまって…(苦笑)。

倍幅織りも考えたのですが、お教室で、いずれイチから教わるので、先取りはやめようかな、と。
あと、いま取り組んでいる課題を、いっこいっこ身につけていきたいので。
そんなわけで、8枚綜絖の綾織りバリエーションで、2枚はぎのブランケットです。

経糸の巻き方は、機によって、あるいは、織り手の体格によって、楽な方法って違う気がします。
おそらく、ジャックルームの機ごしらえは、小柄な人ならスタンダードなやり方でいいけど、
私みたいな大柄な人は、今のやり方じゃないと、綜絖通しがきついんです。
でも、どっかどっかで苦労した方が、織る作業がより楽しくなるから、いいかな、と。

アクセル踏みっぱなしはまずいなーと自分でも思うので、そろそろお風呂に入って寝ます。
明日出来ることは、明日!

きれいな色ですね。
緯糸は何色なのかな?
手織りのブランケットなんて
くるまってお昼寝するところを想像しただけで
ニヤニヤしてしまいます。(自分のじゃないのに!)
私もいつか織ってみたいです。
出来上がり楽しみです。

Re: すぎもとさん

すぎもとさん、こんにちは。
緯糸は、基本的には経糸と同じ組み合わせですが、ちょっとアレンジも…。
出来上がってのお楽しみ、にさせてくださいませ。
実は、今も、帳尻が合うように、計算しながら織っているのです。

ほぼ同じサイズで2枚織るためには、あまり間をおかずに短期間で織り上げるのが理想的なんですよね。
がんばります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/680-423944db

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。