ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マットの組織図を起こしました。
マットって?
これです、これ → たこ糸マット


なーにが「8枚綜絖には収まると思ったので」、なんだか…。
自分の読みの浅はかさに、ホント、悲しくなりました。
このマット、そのまんまの柄を織りだそうと思うと、なんと12枚の綜絖が必要でした!
ひとパターンを織るのに、5枚の綜絖が必要なんです。
それが、互い違いに出てくるので、合計9枚の綜絖が必要。
かつ、みみはまた違うパターンなので、さらに2枚の綜絖が必要…。


手書きで組織図を起こした結果、11枚綜絖の織り機じゃないと無理、と、わかりました。
う~、残念。
綜絖が8枚以内に収まってくれたら、なんとかなったのに。
ペダルが不足するんだったら、レバー式の卓上織り機を使えば済みますけど、綜絖不足はもう、お手上げ。
手ですくう、という手もあるんですけど…、そこまでしてコピーを作らなくても、と思うし。


そう、まったく同じ、ということにこだわらなければ、8枚綜絖で、アレンジした組織は織れそうです。
でもまだ、Weave Pointで確認していないので、「織れそうな気がする」だけですけどね(笑)。
やっぱり、工業製品は違うんだなあ~と、実感しました。
こういうのって、コンピューターで考えるんでしょうか。
シンプルそうに見えるのに、複雑な組織。
ドビー式の織り機だったら、こういうのって簡単なのかなあ…?
でも私は、インダストリーな、すごく複雑な布を織りたいわけじゃないので、いいんですけど。


アレンジする楽しみを味わうことにします。
あ、でもこの組織図が正しいかどうか、確認しないと…。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/725-e3b65b59

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。