ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
織り機の選び方を考えているうち、やっぱり、最後はここに戻るのかなって思いました。
リジット機です。
リジット機の売りの一つが、「家のどこでも織れます」だったと思うのですが。
出したり、片づけたりするのも、けっこう気ぜわしいものです。
だからお勧めは、こんな感じで、専用スタンドにセットして使うこと。


リジット機&スタンド


場所を取っちゃいますけどね。
これだったら、部屋のどこかに、いつでも織るスペースも確保できるから、いいなあって思います。
こんなふうにして、リジット機を部屋のどこかにセットしておけるなら。
いちばん最後の相棒は、リジット機で十分だよね、って思いました。
まだ全然先の話ですけど(笑)。


いまは、多綜絖の織り機での、複雑な組織織りを、もっともっと勉強したい気分の私ですが。
リジットでも出来ることは、たくさん、たくさんあります。
からみ織りなんか、代表的です。
あれは、「手の作業の織り」の一つなので。
経糸のからめ方次第で、いくらでもバリエーションが出来てしまう。
からみ織りの世界を極めようと思うなら、リジット機の方が楽しいでしょう。


ダニッシュメダリオンや、ブルックスブーケも、そう。
これも、平織りベースで、手で、緯糸を絡めていく技なので、多綜絖の機なんか要りません。
平織りベースで考えるなら、もっといろいろ出来ることは、増えます。
以前に取り組んだ、北欧の透かし織りだってすし。
時々講習会などで見る「フレームに糸を張って絵を織る」っていうのは、まさに平織りですものね。
そう、リジット機で出来ることはたくさんあるのです!


そのリジット機での織りの可能性を追究した本として、おススメがこの2冊。


暮らすように織りを楽しむ―手織りの技法と素材の本 (創作のヒント!レッスン―手織り編)暮らすように織りを楽しむ―手織りの技法と素材の本 (創作のヒント!レッスン―手織り編)
(2009/03)
福井 雅己

商品詳細を見る


The Weaver's Idea Book: Creative Cloth on a Rigid Heddle LoomThe Weaver's Idea Book: Creative Cloth on a Rigid Heddle Loom
(2010/08/17)
Jane Patrick

商品詳細を見る



上の、アヴリルの福井雅己さんの本は、もちろん日本語なので、わかりやすいです。
手作り綜絖を使った綾織りなんかも載ってて、おもしろい。
初心者向けではないけれども、地道にいっこいっこ取り組んだら出来そうかな、と思います。
ただ、アヴリルさんの指定の糸じゃないと、本の通りの仕上がりは望めないようです。
同じ技法で織っても、アヴリルさんの糸じゃないと、縮絨後の感じが違ったりするんですって。


その点、下の洋書は、特に糸指定があるわけではないので、あんまり期待外れとかは、ありません。
縮絨による変化を楽しむ技法が少ない一方、織り上がりがサンプル通りになるのは、安心。
カラーページも豊富で、とにかく見ているだけで楽しい。
そういうところは、洋書の強みかなあ、と思います。
あと、丁寧に読むと、和書では見たことのない、ちょっとしたおもしろい工夫もあり、へえ、という感じ。


リジット機を極めたいのだったら、どっちも手元に置きたい…。
贅沢かなとは思いますが。
というわけで、とてもシンプルな織り機だけど、可能性がうんとうんと広いリジット機。
コンパクトで、しまい場所にもそんなに困らない(…織り幅40㎝以内なら!)。
織りを始めるにも、最後にたどりつくのも、結局はこれかもなあ、と思います。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/731-deb41fd7

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。