ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翔工房さんのNewsに、スウェディッシュレースのすてきな暖簾が掲載されていました。
生徒さんの作品だそうです。
色もすてき、デザインもすてき。
スウェディッシュレースと平織りが、きれいな市松柄になっているのです。
平織りがうつくしいから、より一層、スウェディッシュレースが引き立ちます。
何回も何回も、ページにお邪魔してしまいました。


麻糸を、茶色の濃淡2色に染め分けて使ったようです。
でも画像で見ると、渋い和風ピンクに見えます。
光のマジック、なのでしょうか。
実際にピンクで織ったら、こんなふうには映らなかったのだろうなあ。
何度見ても、すてきです。


翔工房さんは、田篭みつえ先生が主宰していらっしゃる、福岡のお教室です。
詳しくは、HPをご覧くださいね。
ご自身のブログ、研究生さんのブログ、お教室で仕上がった作品などが、まめに更新されています。
お邪魔するのが楽しみでたまらないサイトの一つです。


楽しい理由の一つは、作品の一つ一つに、オリジナリティと「ただ一つの作品」という意気込みを感じるから。
本の通りに織るなら、誰にだって、できます。
でも、翔工房さんのみなさんの作品は、きっとそうではないんだろうなあ、と思わされます。
そういう、輝きがあるんですよね。
かっこいいです。


私の先生も、オリジナリティを追究するという点で、妥協のない方です。
また、技法と素材への理解、素材と技法の両方を生かす方法を、常にきびしく検証されます。
私などは、この糸を使いたい!…という思いが先走ったり。
この技法は、こういうものなんだ!…という思い込みで勘違いをすることが多く…。
ダメ出しをされる回数は、おそらく生徒さんの中でもピカイチ(…と言っていいのか?)でしょう。とほほ。


スウェディッシュレースの暖簾を見て、技法への理解の深さをしみじみ感じました。
すごい。
私は、こんなふうに素材や技法を理解して織れているかなあ…?
我が身、我が作品を振り返って、考えさせられました。
自分の失敗と、周りの方々の優れた作品に触れながら、成長していくのでしょうね。
…てか、成長しなくちゃいかんですよね…。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/765-94e6c033

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。