ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まるっと2ヶ月かけて完成させた、のれん。
テクニックは、スポットブロンソンブロックといいます。
いわゆるブロンソンレースを、きれいなひし形のブロックの連続模様に組み立てたものです。
…が。
昨日の記事の画像からは、まったくもって、そんな「きれいなひし形のブロック」なんてわかりません。
部分をアップにしてみます。


spot bronson block


上半分をよーく見つめると、ひし形=ダイヤ柄 のようなものが見えます。
これが、スポットブロンソンブロック。
よーく見ないとわからないのはなぜかというと、糸の模様に負けているから。
そう、この糸は、おおよそ3色の段染めなのです。
ですから、糸の色の変化のおもしろさの方が、織りだされた組織のパターンに勝っちゃうんですよね。


実はこのことは、以前に先生から指摘されていました。
段染めや、カスリ染めの糸は、平織りのようなシンプルな織りでこそ、生かされる、と。
使い方を誤ると、手を掛けて組織織りをしても、それは生かされない、と。
わかっちゃいたんですが…。
敢えてチャレンジして、そしてみごとに玉砕でした。
それはそれで、自分を納得させることが出来たので、よかったです。


先生の経験からおっしゃることは、おそらく間違いないだろう、って、頭では、わかっているんです。
だから、お教室で応用作品に取り組む時には、いただいた助言に沿って、検討を重ねます。
それはしっかり作品に表れて、そのテクニック・糸の特性がとても生かされたものが出来上がります。
満足します。
でも、満足できないんです…、矛盾するんですけどね。


「それはダメ」であることを、自分で体験して、納得したいんですよ。
失敗するかも、というリスクは承知。
でももしかしたら、万が一、うまくいく、なんてこともあるかもしれない…。
やらないで後悔するより、やってみて、失敗して、次に生かす教訓にする方が、私は好きみたいです。たはは。
というわけで。
今回の作品は、段染めの糸を上手に生かすにはどうしたらいいか?という、新しい課題をもらっちゃいました。
リベンジしますよ、もちろん。


だって今回の糸、すごーくすごーく軽くて、おもしろかったんです。
45㎝×170㎝の布2枚で、250g弱ですもの。
それを生かして、へへん!ていうのを織りたいです。
そしてもちろん、スポットブロンソンブロックの方も、いずれ無地糸で再挑戦したいです。
わくわくします。ふふふー。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/781-5282bedb

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。