ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玉巻きに、3時間半かかりました…。
といっても、とんでもない量を巻いていたわけでは、ありませんで。
細い麻糸(ホワイトレーン、番手は忘れましたが、80羽/10㎝の筬がちょうどいい細さ)、240gです。
なんで!?
…はじめに、かせをさばくというひと手間を忘れたために、かせがとんでもなくからんでしまったからです…。
すごかったですよ。
これ↓、残骸です(涙)


細番手のホワイトレーン


これだけで、30g弱です。
も~、こんなに糸が絡んだのは、織り人生2回目です(涙)。
以前は、染めた(しかも草木染め!!)紙糸が、収拾がつかなくなったんですよね。
あの時には、お手上げ~になってしまって、私自身はもう、ほどすのをあきらめてしまいました。
そしたら、私がほどいて使うから、といって下さった方があったのです。
その後、その方は、おそらくたいへんな!時間を掛けてほどいてくださって。
その紙糸で、日傘の生地を織られたそうです。すごい。


でも今の私は、あきらめませんでしたよ。
ちゃーんと、240g、最後の最後までほどきました!巻き取りました!
50g弱の玉が3つと、30g弱の玉が2つと、↑の画像の、プラスチックバケツに入った小さい玉が出来ました。
大丈夫です、小さい玉も、経糸を作る時に、地味にこつこつ使います。


このホワイトレーンは、夏休みが明けてから取り組む、スパニッシュレースの応用作品用の糸です。
え、サンプル織りあげたばかりじゃないの?…と、お思いでしょう。
実は、昨夜&今朝早朝に、デザイン原案を仕上げたんですよ~。ふふふふふ♪
といっても、細かいデザインは、まだですけどね。
スパニッシュレースの技法で、「何」を作るのか、その「サイズ」はどうするのか、そこまで決めたんです。


この段階で先生からOKがいただけたら、夏休みの間に、整経→筬通し→デザインの詰め、まで出来ますし。
そしたら、夏休み明け、9月半ばにはすぐ、織りはじめることが出来ます。
時間のロスがなくて、いいでしょ?
というわけで、昨夜・今朝・そして、今日の帰宅後は、めっちゃがんばりました。
お友達とゆっくりお話しできなかったのは、すごくすごくすごーく!残念で…、ごめんなさいでしたが…。
また次回に埋め合わせをさせてくださいvvv


スパニッシュレースは、とても自由度の高いテクニックです。
でも、この技法をうつくしく織り上げるためには、地糸とパターンの糸のバランスがすっごく絶妙。
サンプルで、先生が用意して下さった糸と別のものも試してみたけど、うまくいきませんでした。
むつかしい。
「レース」と銘打ちながらも、ある面では、絵織りや透かし織りに似ているかも。
奥深いです…。


サンプルを織りながら、いったい私は何回「むつかしいです」と口にしたでしょう。
でも「むつかしいから、いや」じゃないのが不思議なところ。
「むつかしいけど、そこをうつくしく、楽しく織るにはどうしたらいいの?」と欲が出てきます。
これは、いい傾向ですよね。
今の気持ちを忘れずに、夏明けまでモチベーションを維持せねば!
これ、けっこうむつかしい課題かも(苦笑)。


夏本番、のはずが、またも梅雨のぶり返しのような冷えっぷり。
よくわからない夏ですが、天候に左右されず、自分の目標をしっかり達成できる夏にしたいものです。
やりたいことは、満載だ!
残念なのは、お教室のみなさんにお会いできないこと。
1か月半の夏休みの間、一回くらいは会えたらいいなあ~。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/793-e2911316

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。