ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カード織りの講習を受講するために訪れたのは、「東京手織繊維デザインセンター」です。
通称「東京手織り」さんです。
日本で織りをする人にとっては、一度は訪ねてみたい場所の一つなのでは…?
私にとっても、あこがれの場所の一つでした。
行ってよかったです。


講習をしてくださった箕輪(久美子)先生や、岸田社長との出会いは、貴重でした。
また、名高い東京手織りの織り機に、心行くまで触れあえたことは、この上なく贅沢なひとときでした
他では見たことのない、風格でした。
手入れの行き届いた織り機を見た時、はっと連想したのは、母の時代の嫁入り道具でした…。


一生ものだから、と。
古き良き、昭和の時代の職人の心意気が感じられる、あめ色の風格。
江戸以来の和ばたとも一線を画す、でも間違いなく、近代日本の家具、木工のわざ。
ああ、これが東京手織りのお道具に対するこだわりなのだと、圧倒されました。


織り機との出会いもさることながら、やはり何と言っても、人との出会い。
箕輪(久美子)先生による講習の充実感、すばらしさは、すでに以前の記事で書かせていただきましたが。
ホントにすてきな方で…。
人生の先輩に失礼かもしれませんが、かわいらしい方でした。
知識という言葉が浅く思えるくらい、織りへの理解は深く、底知れなく。
3日間、カード織りを教わりながら、それ以外のお話をする機会にも恵まれて、ホントに幸運でした。
プロフェッショナルって、すごい。
人を頼りにすることではなく、自分自らつかみ取ることからスタートするのだと、感じ入るばかりでした。


東京手織りから出版されている『シンプルウィーヴィング』の表紙の、by oneself の意味は、深い…。
『シンプルウィーヴィング』は、東京手織りのハンディルーム(4枚・8枚綜絖)の独習本です。
名著です。
整経から機がけ、織りはじめ、トラブル対応、仕上げ、すべての工程がとてもわかりやすい。
(卓上機のための本なので、タイアップについては一切言及されていませんので、そこは注意)
織りの基本組織、変化組織、ルール、特徴、色糸効果、参考作品、諸説明、かゆい所に手が届く感じ。
残念なことに、一般書店では扱いがありませんので、欲しい方は、東京手織りさんに注文して下さい。
定価3,360円です。


シンプルウィーヴィング


岸田社長も、すてきな方でした。
ふつうのおじいちゃん(失礼!)に見えるのに、職人肌と言いますか、ひと味深いんです。
声を掛けていただくのが、毎日楽しみでしたし、うれしかったですねー。
ちょっとした言葉のやり取りの中に、思いがにじみ出ていて、いつまでもお話を聴いていたくなりました。
こちらの本に、すごくすごくお若い頃の岸田社長の写真が掲載されています。確認しちゃいました(笑)。


ウィーヴィング・ノート―織物と組織・織りの計画・織りと道具 (新技法シリーズ 86)ウィーヴィング・ノート―織物と組織・織りの計画・織りと道具 (新技法シリーズ 86)
(1978/01)
岸田 幸吉

商品詳細を見る



「あれがなきゃ織れない、これがなきゃ織れないってことは、無いんですよ。あるものを工夫すればいいんです」
と、穏やかにきっぱりとおっしゃる社長。
そう言いながらも、今日まで、使いやすい道具、織りやすい織り機を妥協なく求め続けてこられたわけで。
切り開いた来られた先達として、ほんとうにすごい方です。
学ぶものが多い、なんて言葉では、軽すぎます。
人としての土台の厚さ、そして、感瀬の鋭さ、ぶれない姿勢って、素晴らしい。
こんなふうに年を重ねていけたらいいなあって思います。


これでもかと!とばかりに、幸せな出会いに恵まれた、2泊3日でした。
初日の講習が終わった後、なんと3時間以上も話し込んでしまったEさん。
出会ったすべての人が、私の織り人生の師であり、切磋琢磨する仲間なのですね。
たくさんの先生に恵まれた自分は、なんとも幸せであるなあ、と、しみじみ思います。
先生方の名、そして教えに恥じない自分にならねばと、身の引き締まる思いです。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

東京手織機の講習を受けられたのですね!
私も原毛のミックスや手紡ぎの講習で貴重な技術を得ることができました。
岸田社長?20年前は写真の通りでしたよ!
今でもお若いはず・・・

岸田社長、お元気でしたか!
2年ほど前に1度だけ、お話をしたことがあります。
海外の本を読んだり調べたりすると、あの時のお話はこういう事だったのかと納得することがとても多いです。
是非、もう一度手織りをしなさいとおっしゃって下さったのにそのままご連絡もせず。。。
嬉しい情報、ありがとうございます。

Re: カメヤマさん

カメヤマさん、こんにちは。
東京手織機の講習は、ほんとうに実のある、ぎゅっと詰まった内容でした。
行ってよかったです。

岸田社長は、御年79歳でいらっしゃるそうです。
そうだ、『ウィーヴィングノート』のお写真と違って、眼鏡を掛けていらしたので印象が違うのかも。
でも、20年ってけっこう長いですよ~。
私も20年前は、今よりももっともっと若くて元気でエネルギッシュでしたもん(笑)。

Re: i.asaokaさん

asaokaさん、こんにちは。
初めてお目にかかった岸田社長は、ほんとにすてきな方でした。
「身体にしみ込むまでしっかりやることが大事です」
という言葉、今、カード織りを復習しながらかみしめています。
あんな人生の先輩に出会えたことは、ほんとうに幸せです。
ぜひ、東京手織機にいらしてください。事務のスタッフの方も、とても親切でいい方でした。
またスケジュールの都合がついたら、ぜひ!講習に参加したいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/806-e1e8a444

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。