ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
招待券を分けていただいて、絵本の原画展に行ってきました。
カナダ在住の日本人絵本作家、島田ゆかさんと、フィンランドの絵本作家、ユリア・ヴォリさんのコラボ展です。
絵がかわいいな、見たいな~という、とても軽い気持ちでいきました。
すっごく!楽しかったです。
すてきな絵がいっぱいでした。


島田ゆか&ユリアヴォリ絵本原画展


左から、島田ゆかさんのキャラクターのバムとケロ。
右端が、ユリア・ヴォリさんのキャラクターのぶた(SIKA)です。
このぬいぐるみくんたちも、大小いっぱいあって、連れて帰りたかったんですけど…。
断念。
原画展は、こんなに人気があるのか!!と、びっくりするくらい、ちびっことお母さんたちでいっぱいでした。


島田ゆかさんのバムとケロの絵本は、とにかくかわいい。
ディテールまで、すごく丁寧に書きこまれていて、一枚一枚の絵に、わくわくします。
あのラグは何?とか。
あの部屋のインテリアは?とか。
一枚一枚の絵に、じーっと見入ってしまう感じ。
…でも、元気なちびっこと、おかーさんたちに負けちゃうんですけどね(苦笑)。


ユリア・ヴォリさんの絵本は、フィンランドの絵本なので、日本のとはちょっと風合いが違います。
ユリアさんの作品は、大きなポスターの方が印象に残りました。
大きな作品の画集って、出ないのかしら。
発見できませんでした。
あれば、絶対に買ったんですけど、残念…。


島田ゆかさんの絵本は、いずれもかわいくて、私のツボど真ん中!
欲しくなりましたけど、絵本って、意外とお高いんです。
1冊1500円程度…を、全部そろえたら、いくらかかるんだー!
ミニサイズのボックスもあったんですけど、ちなみにそれは4000円+消費税。
どうせ買うなら、やっぱりおおき帆がいいし、でも予定外の出費はきついし。
結局、決断できずに、手ぶらで帰宅。
そのうち、一冊ずつ、揃えます。めちゃかわいかったですもん。


そんなこんなで、心に幸せな気持ちがいっぱい残る、原画展でした。
…「さわらないでね」と書いてあるにもかかわらず、やりたい放題してるちびっこ、もりもりでしたけど…。
会場が、デパートの催事場だから、美術館みたいには、いきませんわね。
そのにぎやかさも含めて、たまにはこういうのもいいかなーって思いました。


忘れてた何か、ほっとする何か、思い出させてくれます。
現実にはないけど、でもこういうのって忘れちゃだめだよねー。
いいよねーって。
ちょっと疲れた大人のみなさん、ぜひ足を運んでくださいませ。


JR名古屋高島屋、10階特設会場にて。
8月20日(水)までおこなわれています。
すっごくかわいい、会場限定のお菓子のトランクも売ってます!(←買いたい~)
楽しいですよん。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

島田ゆかさん、カナダ在住とは知りませんでした。次女がバムとケロが大好きです。新しい、森の中のお家のお話(タイトル忘れた)、欲しいな~!

Re: すぎもとさん

すぎもとさん、こんにちは。
会場で、島田ゆかさんのプロフィール映像が上映されていたんです。
制作風景とかも。
興味深かったし、しかもかわいらしい方でした。
あー、森の古い小屋をお片付けするお話かな?
そのお話の原画も展示されてましたし、本も売ってました。ぬいぐるみも、おススメです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/816-ad740444

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。