ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壊れたミシンに替わって…、
新しいミシンが届きました!
はい、買っちゃいました。
だって、ミシンは必需品なので、ちゃんとしたものがないと困るんですもの。


コンピューターミシン♪


先日までは、いわゆる電子ミシン=コンパクトミシンを使っていました。
今回は、コンピューターミシンに、いきなりステージアップです。
ちょっとは買い替えを考えていたけど…でも、直して使うのが基本よね、と思っていたのに(苦笑)。
そんな私の考えを変えたのは、修理の相談をしたメーカー正規代理店(販売店)の方のこの言葉でした。


「7,000円くらいで直りますよ。
 でもすぐにまた、壊れます」


唖然…。
いやいやいや、7,000円かけて直してもすぐに壊れるって、メーカー正規販売店が言ったらダメでしょ!
組み立ては海外でしょうけど、日本の某有名ミシンメーカーの製品ですよ。
それまずいんじゃないのと思って突っ込んだら、


「そのタイプのミシン(ネット価格だと25,000円以内のコンパクトミシン)は、おもちゃみたいなもんです。
ミシンをよく使われるんだったら、修理するよりも、いいものを買った方がいいですよ」


技術立国・日本を代表するメーカーさんが、そんなことでいいのでしょうか…。
ボーゼンとしてしまいました。
しかしボーゼンとしている場合ではなく、ミシンをなんとかしないと作業が進まないのです。
直すか、買うか、二つに一つですよ。
修理してもまた壊れるのなら、意味なし→ちゃんとしたミシンを買って、使い続ける!と、決めました。


そこで相談したのが、楽天のミシンジャパンさんです。
どこかで一度、すごく親切で、電話で相談すると的確に応えてくれると読んだ覚えがあったので。
…大当たりでした。


安価なコンパクトミシンの何がダメで、これから長く使うなら、どういうのがいいのか。
それぞれのメーカーの得意分野とか特長は何か。
売れ筋はさておき、私自身がミシンに一番に求める機能は何か。
そもそも、何を作るためにミシンを買うのか。
そこから絞り込むと、価格帯がどの辺で、どのメーカーの製品が向いているか。


そんなあれこれを話している間に、あっという間に30分。
結果、丈夫で機能がシンプルで、工業用ミシンに限りなく近いタイプがおススメ、となって。
上↑の画像のミシンになりました。
縫える模様の数は、同じ価格帯のコンピューターミシンに比べると、半分くらいです。
でも、布送りの仕組みが他社にはなく、手織りの布を縫うには、心強いらしい。
30分あまりの相談で、この機種にするな、と決めていました。
実物、一回も見てないし、踏んでもいないけど、間違いない感じがしたんです


そして、届いて。
使い始めたら、あまりの使いやすさに衝撃…。
直線縫いがこんなにスムーズで静かなの?
そしてこんなに安定感があって、ミシンってガタガタしないものなの?
このジグザグ縫い&裁ち目かがりのうつくしさって、いったいナニモノ?
すごいです。
きっとこのミシン、大きな織り機とともに、一生の相棒になるんだろうな…。
ミシンジャパンのSさん、ありがとうございました☆





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/819-1c9359f8

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。