ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極細ラミーコットン(推定・綿番手30/2程度)、792本の綜絖通しが終わりました。
な、長かった…。
肩がもう、コリコリです。


792本のラミーコットン極細


792本という経糸本数は、それほどたいへんだと思っていなかったんです、実は。
多いなあ、とは思っていたけど…。
やりかけてみて、今までになかった大変さを思い知りました。
まず、糸が極細で、糸密度が高い!
16本/㎝(80羽/10㎝に丸羽)ですからねえ…。
ミスの連発でした。
間違いを見つけるのも早いんですけど、でも、どんなに注意深く作業したつもりでも、ミスが起きるんです。
くじけそうになりました。


でもこの糸密度って、リップスの時に体験済みだし、あの時も、このくらいの本数、作業したんです。
なのにどうしてこんなにしんどいの?
…って考えて、はたと気づいたのが、タテ糸が単色だということ。
リズムがないんです。
色が変わることで、メリハリが付いたりするじゃないですか。
そういうのが、なくて。


もちろん、単純な順通しじゃないから、そういうリズムはあるんですけど。
単色の細いタテ糸って、根気がいるんだなあと思いました。
タテ糸密度の高い作品なら、尚更。
なるほどなあ…。


ここしばらく、細い糸ばかり使っています。
今まで、家織りでは、中細のウールの糸がメインでした。
細くても16/2(共通番手)のシルク糸がせいぜいだったし…。
だから、ひとつ作品を作るたびに、作業の中で、新しい発見があります。
しんどいけど、おもしろい。
さて、明日は、タテ巻き。…で、前付けまでいけたらいいなあ。





ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/825-46bfa1ba

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。