ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スパニッシュレースの練習をしています。
練習というのも、なんだかおかしいですが…、あまりにも下手っぴなんですもの。
お教室で、先生の織られたサンプルと比べると、一目瞭然でした。
織るうちにコツがつかめるのかもしれませんが、作品を織り上げた頃では、手遅れ。
少しでも何とかならないものかと、家で、コースターを試作することにしました。


けっこう早く、コースター2枚を織り上げたのですが…。
スパニッシュレースの、今まで気づかなかった難しさと奥深さに直面しています。
くー。


スパニッシュレースのコースター1

スパニッシュレースのコースター2


基本は平織りです。
地の糸(ホワイトレーン16/2)で平織り。
スパニッシュレースの部分は、地の糸よりも太くてコシのある糸を使います。
やわらかい糸だと、パターンの効果が全く出ないんです。
そこで、ラッピング用の麻ひもを使いました。
上の山吹色の糸がちょっと細くて、下の藍色の糸は太めです。


麻ひもの、織りにくいことといったら!!
「ひも」であって、「糸」じゃないから、織りやすかったらびっくりですよね。
いや、それにしても…。
悪戦苦闘とは、まさにこのこと、という感じでした。
織り幅わずか11.6㎝のコースターだから、あきらめずにやりおおせたようなものです。


でも皮肉なことに、パターンは、今までになくきれいに織り出せているんですよ!
パターンの糸(ひも)に、コシがあるからなんですよね。
コシがある=かたい糸=地の糸になじまない=織りにくい(涙)=でも仕上がりはきれい。
これは…、これはもう、自分が精進するしかない…。


お教室でサンプルを織る時は、先生が地の糸も、パターンの糸も指定して下さいます。
先生が試行錯誤した結果、テクニックの効果がうつくしく出る組み合わせの糸を。
(それは先生の腕があってこその「効果」なのだなあと、しみじみ実感しました。道は険しいです。)
先生のサジェスチョンのない状況では、糸選び一つに、四苦八苦。
テクニックの効果を出す糸選びって、ほんとにむつかしい。
サンプル織りの大切さをかみしめます。


さっさとサンプル織って、さっさと応用作品を仕上げて…なんて、甘かったです。
サンプルを織る時に、もっとこういうことに気付いていたらよかったなあ。
いいものを作りたいなら、その前の下準備、基礎作りに時間と手間を裂かねばならないのだ、と。
そんな「基本のき」に、今さら気付いた私でした。
がんばるぞ、コースターあと4枚。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/835-e8b138ba

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。