ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タテ糸の整経が終わったら、次は機ごしらえです。
ここは、まとまった時間が欲しい、大事なポイントです。
タテ糸は、織り布の背骨。
ここが、肝心かなめですもの。


しかも、私の機ごしらえの手順は、糸にかかる負担が大きいので。
タテ糸を巻き取る時には、神経を遣います。
なぜなら…。
先に、筬通し・綜絖通しをすませて、経て巻きをするから。
糸が、筬と綜絖に擦れてしまい、丁寧に作業しないと、切れる危険があるからです。
こわいこわい。


だったら、やり方を変えればいんですけどね。
粗筬 → 巻き取り → 綜絖通し → 筬通し …の手順に。
大きな織り機にラドル(粗筬)は付属していますし。
テーブルルームにも、作っていただいたラドルがありますし。
でも、頭でわかっていても、身体で「これ、いいなあ」と納得した方法って、離れられないんです。


いろんなマニュアルも、ありますし。
今は、You Tubeで検索をかければ、様々な機ごしらえの手順を、動画で見ることが出来ます。
これが正解、っていうのは、あってなきがごとし。
結局、自分の織り機に合わせて、自分にとって楽な手順を探していくしかないのだと、思います。
あるいは、素材に合わせて、失敗しながら、試行錯誤を繰り返すのだと思います。


心を落ち着けて、たっぷり時間を取って、機ごしらえに向かいたいです。
…早く宿題を仕上げようっと。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/845-56deddd4

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。