ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年秋に開催される『工房からの風』は、いつか、必ず行きたいところの一つです。
すてきな作家さんが集うところ。
その作り手さんたちの姿と心が描き出された、宝物のような本が、出版されました。


工房からの風―作る・働く・暮らす・生きる20の工房を訪ねて工房からの風―作る・働く・暮らす・生きる20の工房を訪ねて
(2012/10)
稲垣 早苗

商品詳細を見る



上↑の画像だと、味も素っ気もないですけど、本屋さんの店頭で出会った時、すてきな帯を巻いています。
こちらです。
ほら、手に取りたくなりませんか?


『工房からの風』


作家さんの姿や、作品の写真とともに、語られる文章が秀逸です。
静かな語り口は、作り手の心や姿を、写真よりも鮮明にうつし出します。
単なるプロフィールではない、その人が、何を思って、「作る」ことを続けているか。
その人にとって「作る」ということは、どういうことなのか。
香り立つような文章とは、こういうものを言うのでしょうか。
言葉の持つ力に圧倒されました。


作り手に、そして「作る」ということに寄り添っているからこその、視点の鋭さあたたかさ。
行間から、香気の高い何かが、匂い立つような。
一人ひとりの作り手の熱が伝わるような。
凛とした、まっすぐな、姿勢。
曲がりくねった道の先にあるものをつかもうと伸ばした、手。
試行錯誤するなかで、何か確かなものを見つめている、視線。
どきっとしました。
読み返さずにはいられない、手を伸ばさずにはいられない、そんな一冊です。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/856-d566b14b

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。