ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウェーデン製のボートシャトルを取り寄せました。長さは35cmです。
アシュフォードのボートシャトルは29cm。
比べると、大きさはこんなに違います。

2つのボートシャトル

実は、いまの作品を織っていて、どうにもシャトルの使い勝手がいまいちだったのです。
それは解決したんじゃないのかって?
そうですね、幅40cmくらいを織るには、アシュフォードのシャトルはとてもいいです。
しかし。
幅の広いものを織るには、だめなんです。
小さすぎて、端から端まで届く前に、経糸の落ちることが多いんですよ。
うむむむむむ。

スキーシャトルを使うには、不向きです。
糸が細いので、一体どれだけ巻けばいいんだ!ということになっちゃうので。
3番手以上の糸なら、スキーシャトルでいいんですけどねー。
今使っている糸は、5番手。
やっぱり、ボビンに糸を巻けるボートシャトルが一番です。

しかし、ルクルークのシャトルから買い替えたいきさつがあるので、どんなのでもいいわけじゃない。
条件があります。
(1)ある程度軽いこと。
(2)アシュフォードのプラスティックボビンを使えること。
アシュフォードのプラスティックボビン

私、紙管に巻くのはどうにも苦手なので、絶対にプラスティックボビン派なんですよ。
アシュフォードのシャトル&ボビンを扱っていて、ほかのも扱っている業者さんは「ラ・メール」さん。
かくかくしかじかで、シャトルを捜してるんですが、条件に合うものはありますか?
と問い合わせたところ、大変丁寧なお返事をいただきました。
よし、決めた。
糸綜絖と一緒に注文しました。
それが今日届いたんですねー。うふふ、うれしい!

スウェーデン製のシャトルは、大きさの割りに軽いです。
もちろん、アシュフォードのよりは重いですよ。
でもルクルークのよりは軽い。…大きいのに、軽い。木が違うのでしょうね。
しかも、経糸に接する面が広いので、落下の心配はあまりしなくてもよさそうです。
すいすい織れます♪
まだ慣れないので、若干ぎこちないですが(笑)。
よいお買い物がでした。
適切なアドバイスを下さった「ラ・メール」さんに感謝しなくちゃ。

織り道具のお店に行って、現物を見て選べたらそれが一番なのですが。
それが出来るのって、京都か東京くらいなんでしょうね。
まとまったお休みをいただけたら、一度京都に行きたいなあ。
金閣寺や銀閣寺を見るためじゃなくて。
織り・紡ぎ道具や、糸・原毛を見るために♪



ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/86-02bef3d4

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。