ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋市博物館で、特別展『中国王朝の至宝』、開催中です。
行ってきました。
…こんなに「カワイイ」がいっぱいとは…。
楽しかったです♪


中国王朝の至宝


これ↑は、図録。
黄金のマスクの右隣にちっちゃく写っているのは、おサルさんです。
動物の姿をかたどった青銅器が、あっちにもこっちにもあって。
それがどれもユーモラスでかわいくて!
『中国王朝の至宝』と言ったら、教科書でよく見る、いかつい青銅器ってイメージじゃないですか。
そういうのもあったけど、あったけど…、よく見ると、精緻な模様の中に動物が隠れているんですよ。


『中国王朝の至宝』展、隠しテーマは『カワイイ動物を探せ!』 …かもしれない…(笑)。


戦国時代の斉国(現在の山東半島)でつくられた、青銅製の豚さんは、リアルなのにユーモラス。
一番のお気に入りになりました。
グッズの中に、ピンバッジやストラップもあったのですが、実物の方がずっとかわいかった!
同じく戦国時代の秦(始皇帝の国)でつくられた、絡み合う一対の龍は、大きくてびっくり。
でも顔が、神社の狛犬にしか見えない…(苦笑)、そこがかわいいんだけど。
やっぱり青銅器だけど、前漢の時代につくられた、ぐるっと首を回して魚を加えている雁もかわいかった。
あの造形は、ちょっと欲しくなります。


目玉展示のひとつだった、四川の三星堆遺跡で発見された「突目仮面」もよかった。
前に一度東京まで見に行ったけど、目のつき出し具合と表情の悪人ぽい感じは最高!
精霊・神様をイメージしたものであろう、とのことでしたが、なんかわかる気がします。
魏晋南北朝時代以降(三国志の時代より後)になると、やはり仏像がうつくしい。
初期は、インドっぽいというか、とてもオリエンタルな感じで異国情緒あふれてすてきでした。


大満足。


中国文明と言えば「青銅器」「石」「玉」「陶磁器」のイメージ。
でも、ほかの素材もいろいろありました。
最も意外だったものが、木の彫刻、そして金属と組み合わせた楽器。
モノによっては、2000年前のものもあり。
どうやっていままで残っていたのかなあと、それもしみじみ興味深かったです。


そして…、まさかの…、古代の布、しかも羅にチェーンステッチが施されたものが展示されていました。
なんと、2400年前の布です。
展示ケースの中を、それこそ穴が開くんじゃないかってくらい、じーっと見つめてしまいました。
すごいー。
まさかでした。


展示の仕方もおもしろかったし、展示物も興味深いものばかり。
名古屋市博物館で、6月23日まで開催中です。
ぜひ足を運びください。






ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/902-aa5c488f

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。